流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝から月刊新松戸の原稿。連載303回目!これってものすごいなあ!考えてみたら25年以上の連載。新松戸のタウン誌で発行部数10000部以上。身辺雑記を2000字近く毎月。さまざまなこと、といってもほとんどがてめえの芝居のこと。

今回も楽塾のことと劇団の「新人育成」について。それにしても劇団新人募集にしたら応募が極端に減った。演劇塾やらワークショップといったネーミングだったらいいらしい、演劇は「集団」でやる厄介なもの、生臭い人間関係の上に成立するもの・・・なのに。そういえば花伝舎ではいっぱいワークショップとやらをやってやがる。

この前校庭で「オマエ100年前のえんげきかよ!?」と腰抜かしそうになった美男美女の稽古見たが・・・・・・ここは?どこの国だ?みたいな。

●●

というわけで(なにが、てめえの都合だろうが)若手たちは今日は『金玉娘』の仮セット決め、登退場口と演奏場を決めさせる。

●●

何とか5枚近く書き上げメール。熊本の演劇大学のチラシ校正。

で、演出者協会の次の出版『演出家の仕事3 小劇場』の20枚のエッセイの3校目を編集の西堂さんにメール。なんとか夕方までには終える。

●●

雨でオマケに寒い、また冬である。花冷え?

西武新宿の駅から徒歩で15分、花伝舎につく。5時から産経新聞のYさんの取材、40分あまり、ロビーで。

6時近くから再び「仕切りなおし」でトップシーンから川本さんと高野さんが「休み」だが仕方ない、どんどん決めていく。

でも、とにかくあせらない!

8時過ぎ、ジャパンタイムスの田中さんの取材、近くロンドンに行くというので楽塾の『十二夜』のDVDもって要ってくださいと頼む。ロンドンで楽塾だったら是非やりたいなあ!

4時間かけて4分の1.全体にすっきり、せりふがきっちり聞こえるようになった。ただし振り付けの多少の変更部分あり。

 

●●

10時ぴったりに全員あわただしく出る。外はまだ雨である。

1日中花伝舎。

1年間かけて作っている作品だががいつもこのころになるとやっぱり「詰め込みすぎ」であることを確認してしまう。

シーン、シーンと作ってきて私自身が「全体」が見えてなかったりして・・・・になる。

「せりふ」より「カラダ」が見せたいと思って作っていて皆さんの「出来ること以上のスピード」でやっつけていたのだ・・・・今日の仮「通し」を観て、冷静に、もう一度「作り直す」ことを決意。

もっと分かりやすく、みなさんがゆったり出来るところを、「超運動会過ぎるところ」はペースダウンしきちんとせりふにする!ことに決める。

●●

明日からじっくり「台本」により近く、きちんと「物語」を伝えることにする。だって誰も「物語」は知らないんだもんね?

「歌」と「音楽」を減らし「@せりふ」の重要性をきっちりみせよう。

まじめに皆さんの「いいところ」を徹底して「みせる」演出家!に徹するつもり。あと2週間、まだ、2週間あるんだ。

時間は「ある」。責任は私が取る。とにかく皆さん楽しんで演じてくれればいい、でもって楽しく「そこにいてくれればいい」。それでいい、大丈夫おれって本当天才だもん。

さて、明日からは昼12時から4時スペース早稲田で『金玉娘』夜5時半から10時西新宿芸能花伝舎の「演劇の日常」が始まる。

これがこれから2週間の基本的な時間配分、真摯にただ「演劇と遊ぶ!」だけである。そう「真摯」にだ!

 

※※

予約はお早めに!5日の昼と6日の昼千秋楽はなるべく早めにご予約ください!どんどん[予約]が埋まっていますよ。なるべく「夜の回」を!!

お昼から楽塾。

9時稽古場集合で若手とイワヲたちは西新宿芸能花伝舎の稽古場仕込み、2回トラックで運搬。

11時から稽古開始、1幕の出入り業者のシーンを久しぶりに当たる。宮沢、伊藤、内藤、菊池の最強カルテット・・・・・面白い、すごいやつらである。生もののすごさを徹底的に見せてくれる。この感じ・・・・これだったら若手メンバーも加えてもっと面白いことに出来る。

●●

高野さんの耳の具合が悪いとのこと、ゆっくり休めと厳命。あせることはない、なんとか出来る、どんな状態でも楽塾は「1年ががり」で芝居を作っているメンバー、それも「金にもならない」芝居が好きで好きでたまらないヤツラ、何があっても対応できる。

で、夕方1時間岡島くんと制作会議。

『オッペケペ』客演キャスティング決定!面白い、最強メンバー。これでいく!近日発表。乞うご期待。

●●

5時に花伝舎に行く。新納さんがいる、水谷龍二組の明治座グループが稽古中、風間さんの顔も。

初めて稽古場に使う・・・・・さまざまな知り合いの顔・・・・ワークショップの多いこと多いこと。

で、稽古場にはいると仮セットが出来上がっている。イワヲと力たちに感謝。研究生と若手全員で作り上げた。5時近くに出来上がったとのこと。

5時半から稽古開始。

なんとか1幕を全部あたる。ステージ・オフィスの音響の斉藤王子が稽古場に・・・・大変そう。これって完全にミュージカルじゃないですか?!に笑う。

音響に最低3人は要る、とのこと・・・・・うん、考える。

で、9時半過ぎに稽古をとりあえず取る。明日からが正念場だ。

●●

で、「さくら水産」という近くにある安い飲み屋でとりあえずビール、ここがこれからの飲み屋だなあ。だって1000円で飲める・・・・。ビンボー役者にはうってつけの飲み屋である。

※※

12時近くに帰宅。

熊本から電話。演劇大学の宣伝のためのテレビ出演の話。ハイなんでもやりますよ、と返事。

『金玉娘』絶好調である。

太郎が今回で面白い自分の時間を感じてくれれば。今日の稽古は太郎と祥子と創のところ2分間あまりのシーンばかり2時間近くやっていた。

全員が楽器の稽古。来週から稽古ちょっと決めていくか、その前にセット決めなきゃ。誰に決めさせるか、それを決めなきゃ?

とにかく今回は若手自らで芝居を作る構造を追及すると決めたんだから・・・・とテメエに何度も言い聞かせること。

●●

楽塾、久しぶりの全員集合。

で、この1週間の夜稽古でめちゃくちゃ変わったところを「確認」するまもなく先に進んでいるので・・・・・・再度ゆっくり2幕トップから・・・・・というわけでやはり、最後まで行けず。

で、明日から西新宿の芸能花伝舎に稽古場が移動する。イワヲと冨澤力の2人の舞台監督が稽古場セットの準備作業。

明日から2週間。おいおい、ついに本多劇場本番まで2週間だよ!1年間なんてあっという間である。

さあ、がんばっていきまっしょい!!

取材ラッシュである。産経、ジャパンタイムス、共同通信、朝日と続く。

「シアター・ガイド」「テアトロ」5月号に稽古場レポートと私のエッセイが掲載されています。

※※

夜芸術劇場でク・ナウカの最終公演『奥州安達原』のラスト30分あまりを観て寝る。あ、焼酎の飲みすぎである。アタマ、がんがん。

前売りは全ステージまだ「大いに余裕あり」です。ぜひお早めに電話予約を!!

今日は1日「休み」。

稽古場では音楽稽古。全員演奏もあるので楽器を持っての稽古。

ハーモニカ、トライアングル、なんでもいいから13人全員で演奏する。

マジで、来年は本格的にミュージカルをやろうと思っている、で出来れば「上海バンスキング」風に演奏も役者にやらせたら面白いだろうな1年がかりで「やってみようか」と思っている。

そうか、「上海バンスキング」やりてえな?

●●

1日中佃典彦論、5枚何とか書き上げる。

1991年『流山児マクベス』の名古屋公演の打ち上げで北村想に紹介されて知り合って16年毎年のように流山児★事務所に新作を書き下ろし、時には役者として(代表作は鐘下辰男の「tatsuya」)も出演。この15歳年下のライバルは実に爽やかで硬派の「げんこつオトコ」。

そんな感じの5枚。よく見たら、続オールド・バンチの宣伝だったりして・・・やばいか?

●●

で、(何が?)新宿シアター・アプルへ。演劇キックプロデュース演劇ぶっく社設立20周年記念公演『天国と地獄』(江本純子脚本・演出)をネルケの岡島くんと観る。田口トモロヲ・町田マリー主演。オッフェンバッハのオペラの毛皮族版。

横の席が白夜書房の末井昭さん後ろが麿赤児さん、いやはや。

休憩のとき3人でアプルの喫煙所でまるで空港の喫煙所のようなところで世間話。中村音子と渡辺真紀子に会う。

長ーい3時間。音響のチェックがまるでだめで「歌詞」がほとんど聞き取れない。オペラやミュージカル音楽劇にはとにかく「時間」が必要だということを痛感。他山の石。トモロヲ、マリーちゃん、わっくんがんばれよ。

●●

終わって楽屋にいく暇もなく、新宿3丁目の池林坊へ。スペース雑遊の太田オーナーに会うため。

来年12月1ヶ月40ステージロングラン公演の打ち合わせ。燐光群が今年5月沢野ひとしサンの原作坂手洋二脚本で1ヶ月のロングランをやるが、私と岡島君は小劇場ミュージカルをたくらんでいる。とりあえず、スペース雑遊で「プレビュー公演」として1ヶ月・・・・・太田さんと打ち合わせ、で、劇場を見せてもらう・・・・めちゃくちゃいろんな風に使えるフリー・スペース。岡島はいろんなところを開けて楽しんでいる。

いい劇場である。

で、1時近くまで呑む。

朝早く、近くのC中学校へ。

東京都知事選の選挙、初めての東京の知事選の選挙。

前回の衆議院の選挙は池袋で不在者投票したっけ、考えてみたら、俺って昔から何故か選挙には行っている・・・・・中学のころなんか選挙の開票速報を教員室でT先生と見ていたっけ・・・・なぜか私はそれでよかった・・・・・小学生のころからからだ・・・・・。

●●

神田川沿いの散り行く桜を見ながら早稲田へ、大隈講堂がすっかり綺麗になっている、早稲田は創立125周年で盛り上がっている、ふん!新歓コンパでうるさいったらありゃしねえ。この白痴の群れめ、と時々殴りたくなる。やることいっぱいあるだろ、とおじさんになったりして・・・。

11時過ぎから楽熟稽古、稽古場から榎町地域センターと移動しながら5時過ぎまで「2幕」ラスト10ページまで何とか・・・・「繰り返し」のシーンがくどいほどある・・・疲れ果てる。最後の方に振付の絵美がやってきたので最終的な動きはやっぱり、14日からの芸能花伝舎で、ということに。

●●

というわけで選挙速報。

予想どおりのふざけんな!の石原再選。どうしようもなくダメなトーキョーどーしょーもなくダメなニッポン、何がトーキョー・オリンピックだよ。チキュウが悲鳴を上げっているのにカイハツの声、カクサ社会の勝ち組トーキョーかよ。最悪。

で、速めにスイッチ切り、『金玉娘』の参考音楽のため、ベラルーシ・ロックCD10枚聴く、でもってザ・ピーナッツの60年代のポップス3枚、そしたら止まらなくなって大田裕美、渡辺真知子、いしだあゆみ、藤圭子、奥村チヨ、テレサ・テンとメチャクチャで朝3時過ぎ。ニニ・ロッソのトランペットで寝る。

どっかで楽塾名場面=ソロの歌謡曲シーンを入れるか?と妄想。

※※

雨だったのにあがっている。いい天気。

なんて1日だ!

 

1週間ぶりの楽塾稽古。

榎町地域センター。久しぶりにノン・ストップで徹底的にヤル。

5時から1時間休憩。で早稲田に移動、10時前まで「2幕の半分近く」までなんとか当る。

音楽も変えてみる、歌も変わった・・・・・・別に飽きたわけじゃない、変わった瞬間のカラダのオモシロさ・・・・・で、この人たちは「出来る」。いい感じで「先」が見えてきたぞ!

妄想の先に「燃える森」が現出する?!ってどうよ。「森の裁き」の場面からが見せ場だな・・・・・・歌って踊ってヘロヘロになるまで動くしかねえ、やってヤローじゃん。

●●

チョット、皆さんと呑む。疲れ果てるんだろうが?私は創とまだ「音楽」を探しながらのビール。

小雨の中、歩いて帰宅。

明日は「都知事選」かよ?・・・・・・うーん、とりあえず、行くしかないな。

でもって、明日も11時から夜まで1日中楽塾『真夏の夜の夢』2幕!である。でもって、振付かよ!ああ、忙しい。

いい天気なのでお昼にはみんなは外を走っている。私も馬場から早稲田まで走るとする・・・・というか、これってウオーキング?

がまんして、トップシーンから「3分の1」をとりあえずあたる。で、見ていてこれじゃ動きが決まらない。とりあえず「仮セット」を作ろうと提案。

「動くセット」ってどうよ?

両国橋にもなり、舞台にもなり、土手にもなり縁側にもなり、境内にもなる「八百屋(勾配)になっている物体」を作ってと使おうと提案する。

とにかくこれで行こう!で、役者達はなぜかずーッと「走っている」っていうのがいいなあ!!?が、これは演出家の妄想であって今回はいかに「自主的に役者達が集団的想像力を作る」がテーマ、12人の若手と新人達で《劇団をつくる》為の公演なのだ。

力がチーフの舞台部、木暮が中心になって土・日の楽塾の終わったあと作ることに。ヨロシク!

新人2人に下北沢のポスターの町貼りから教えていく、これである。クマもユミもなかなか大人である。

●●

6時前に稽古取る、力と木暮がんばれよ!面白いシーンになるから。とにかく疑問は呈するがどうやれとはなるべく言わない事にした。

夕方から久しぶりに読書。といっても、買ってきて読んでなかった雑誌類を片っ端から読む。で、原稿1本。あと1つ、佃典彦論5枚っていう大物が残っている・・・・・。金子國義、うーん。「ピカレスク」読み続けている。3時近くに就寝。

明日は1日中楽塾。『真夏の夜の夢』2幕、「裁判の場」じっくり作るしかない。

※※

7日土曜日、いい天気、大声がするので何かと想っって起きたら中国のヒトが階下でケンカしている、ものすごい大声である。私のアパートもここら当たりはアジアの人たちが多くすんでいる、ビルマのアウン・サン・チーさん救出のポスターやらが時折貼られたり・・・・・イロイロあるんだなあ。まだ、7時過ぎである。

もう一度寝る。10時過ぎ起床、今度は聖書読んでください!とおばさん。「聖書持ってます」と返事にならない返事。例によってラジオでは邦楽。いいねえ・・・・・。

和田さんからпB熊本の演劇大学の件。福田さんに木下順二のことオープニングでしゃべってもらおうということに。松本祐子、宮田慶子さんがいけるとのこと。瓜生正美、和田喜夫、天野天街、夕沈、松本、宮田、福田善之・・・いい顔合わせである。これで行きましょうと返事。

私は楽塾の滋賀公演の都合でプレ企画の「セカンドライフの演劇講座」しか出来ない、あとは和田さんに任せるしかない。

 

『金玉娘』の稽古。

もう一度本読み、シーンスタディ。シーンを作る。

「役」というか自分と「役」のイメージの距離のとり方について。

新人2人、由美とクマを面白い役にしてやろうと考えている。クマは今のところ台詞なし、じゃあ・・・・・である。いつかこの「新人2人芝居」やってやるか?

歌も「三曲」出来上がってくる。わらべ歌風、歌謡曲風、ジンタ風と面白い、創の作った歌謡曲風は笑える。来週から音楽も入れる。

セットも制作もすべて「自主」制作、《劇団作りの原点》である。

じっくり「延べ3ヶ月」かけて本番、が良ーくスケジュール表見てみたら実質上は、ラクジュクの本番が入っていて「実質一か月半」しか稽古時間がないことに愕然とする。まあ、全員台詞は入っているし、大丈夫か。それにしても最近はどの作品も最低台本が出来上がって「一か月半」はミッチリ稽古している・・・・真面目なもんだ、俺って稽古好きなんだなあ、当たり前の事だけど。

「作って壊す」これが「演劇」!!そのためには最低2ヶ月稽古期間がほしい!

この調子だと来週中に音楽、再来週には振付?無理だな?

●●

6時過ぎに稽古を取り、カナ、由美、創と歌稽古。7時過ぎに歩きながら帰宅。

ツタヤで参考ビデオを探す。DVD『ええじゃないか』:(今村昌平監督作品、桃井かおり・泉谷しげる主演1981年松竹)・・・・東両国、西両国の見世物小屋を描く幕末の物語。全然面白くないが、これ、とりあえずみんなに見させるとするか?

だって、『金玉娘』同様、桃井かおりと倍賞美津子さんらがやっているのはストリップ!だもん。ラスト近くのフレンチカンカン風ストリップのチープさ!ん、もって今平さん定番の尻丸出しのおっしこ軍団!それにしてもくだらねえ映画である。ひょっとして千葉哲也たちこの映画に横浜映画学校時代f出てたのかなあ?

結局、深夜2時過ぎまで。疲れた。こうなりゃ、焼酎とビール飲んで寝るしかない。

※※

今日もいい天気である。稽古場に電話、11時過ぎだというのに創はもう来ている。今日はいい天気だから外を走れ!と命ずる。公園で体操しろ!なんてったって見世物小屋の芝居だ!ムシロ作りの小屋・・・・うん。で、キャッチボール?

三浦和義万引き逮捕、松坂大輔初戦勝利、赤ちゃんポスト設置。その他イロイロ。

稽古絶好調!です。

※※

んでもって、『リターン』ポスター500円、CDオリジナル・サウンドトラック1500円16曲入り。「劇団通信販売」本日発売開始しました!是非お買い求め下さい!!

さて今日から『金玉娘』立稽古の開始。

12時、事務所で9月公演『オッペケペ』と12月公演『続・オールドバンチ』の制作会議。ネルケの岡島さんと、新入社員のAさん、米山と4人、とりあえず来週中あたりに『オッペケペ』はキャスティングをフィックスさせなきゃ。ポスター・チラシデザインはアマノに・・・・で電話。

2時から稽古場。2時半から「通し」1時間40分。何とか全員台詞は入っている。メチャクチャだったがとにかくやりきる。

十年ぶりぐらいのキャスティング2日で一気に「通し」っていうのやった。これはいいなあ、どれだけ台本を読んでないというのはわかるし、ドンだけテメエことだけ考えているかがわかるし・・・・・。

終わって感想を1時間近く、落語、口上、ラップ、ブルース、小津、イロイロ。

ってことで(何が?)明日から稽古きっちり・・・・・。

●●

福田善之さんに電話。

『オッペケペ』の台本打ち合わせ。3時間30分の台本を2時間にテキストレジーする予定。7時から下北沢の喫茶店で2時間近く打ち合わせというか雑談。その後も結局12時近くまで呑み屋で延々『オッペケペ』のはなし。

実に楽しい演劇三昧の一日であった。

※※

猪瀬直樹作『ピカレスク』を読む。