流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

なんてこった、1回書いたの全部とんじゃった!

書き直しである。

●●

久しぶりの休日。昨日はこれまた久しぶりに休肝日だったので寝覚めがいい。

夕方まで『金玉娘』の最終校正、で『オッペケペ』の打ち合わせを決めるための電話を福田さんに。今週中に会うことに、台本を2時間に刈り込む作業。

●●

夜久しぶりに新宿へ。

サンモール・スタジオ三田村組公演田村孝裕作演出『猿股の行方』良く出来たウエルメイド、お前は小津かよ?といいたくなった。三田村さんと岡本麗が別格。

これまた久しぶりにゴールデン街へ。香奈美のバイトしている「39℃」で、「クラクラ」、今朝外波ちゃんから還暦パーティの発起人になってくれと頼まれ引受けたのだが5月20日は楽塾氏が公演のため出席できないので・・・・・、外波ちゃんは風邪でアサミさんが、旧知のSさんとバッタリ、香奈美のところで焼酎ボトル半分以上空けてちょっとクラクラなのに今度はウイスキーを勧められる。アタマグラグラで深夜2時帰宅。

イカン、何のための休肝日だ。

さて『金玉娘』稽古インである。

久しぶりにゆっくり起きる。

お昼、風呂に入ってすっきりしてから下北沢へ。

駅前劇場、京都の劇団ニット・キャップ・シアター『お彼岸の魚』(ごまのはえ作・演出)を見る。よくできたサスペンス仕立ての記憶と存在の劇。団地という世界、あ、深津もそうか・・・・とか考えながら見ていた、ラスト近くなって急にはじけて脱力系ミュージカル風?

ごまと立ち話。来年のこと、まあつぎは6月にまたくるというのであせらず・・・・アマノとは次の名古屋公演で会えるし・・・・。

あ、本日発売の「せりふの時代」2007年春号にごまのはえの『浮世混浴鼠小僧次郎吉』の劇評が掲載されています。

●●

演劇ライター鈴木太郎さんのインタビュー、早稲田「珈琲館」。楽塾十年について1時間あまり・・・・。

 

で、稽古場に。すっかり綺麗になっている。でもこれから搬出。

近くの鶴巻公園で楽塾の人たちが花見やっているとのこと。思えば楽塾は10年間ずーっと鶴巻公園で花見してるよ・・・・。で行ってみるとおばさん達が奇声をあげている・・・・ビールとおつまみ・・・稽古のことその他イロイロ。1時間近く、すっかり夜になったのでお開き。

●●

楽塾も4月7日から一か月稽古が始まる・・・・あ、楽塾5月6日(日)の前売予約はお早めに!このステージがいまのところ最も売れ行き良好です。あと一か月である。

※※

あ、本日発売の「シアター・ガイド」5月号に楽塾稽古場レポートが掲載されています。4人の創立メンバー(小森、めぐろ、杉山、いそ)へのインタビューも・・・・是非読んでください。

 ※環、澤谷と劇団のオメデタラッシュは続いている・・・・・・、昨日衣裳の真紀子さんの息子:蓮くん4ヶ月を抱いたが、どんどん「孫」ができているって感じである。

そうか、中国は60年に一度の「黄金の豚」の年か?!ベビー・ブームねえ。

※あ、それから新しい「稽古場日誌」が始まりました

 

千秋楽である。

昼夜共に「超満員」札止め、マチネには和田さん、6月にワークショップに行く釧路からも、ITIの小田切さんからミラノである岸田理生さんのリーディングについての相談。みなもとさんから音楽がいいね、といわれる。

4時には留学生のジュオンが羽田からソウルに帰国。横須賀と創が見送り。お疲れ様、そのジュオンの差し入れのの「うどん」をみんなで食べる。

で、5時半から7時、榎町の地域センターで楽塾稽古。ああ、時間がない。これで来週から『金玉娘』の立稽古がはいる!・・・・テメエで決めたんだから泣き言言うなってんだ・・・・な。

とにかく『金玉娘』は稽古初日に久しぶりに「通し」やろうか?と想っている。最近どんどんせっかちになっているな。生き急ぎもきわまってる感じ。

アチョー、『金玉娘』のチラシが出来上がってきた。ユーメーなイラストレーター:浅沼テイジさんデザインの奇抜で斬新なイラストメチャかっこいいイ。とにかく目を引くチラシ。裏は香奈美が作っているので・・・・・・。若手公演の妙。とにかく若手・新人たちの次世代がこれからの流山児★事務所をしょって立つ第一弾となる。気合を入れて作るゾ!

●●

最終日、実にスリリングでかっこいいシンプルな芝居に出来上がって『リターン』千秋楽!今日は演出家でなく素直に観客になりきってカンドーする。

ドラマティック・オーストラリアの青木さん、水谷龍二、高橋和也、ベラルーシからナージャも。で、タツマ・・・・。メチャクチャ、タツマに絶賛される『ハイ・ライフ』よりかっこいいとのこと。水谷さんや和也くんにも。和也は1992年『tatsuya』のタイニィ・アリス公演を観に来て以来15年ぶり?・・・・水谷さんに「この劇場のために新作書いてよ」、と鄭さんに続いてオファーする。何度も書くが、私達は再度の「小劇場運動」をスペース早稲田から始めたのだ!小さい事はいいことだ、ここにはあらゆる「演劇の自由さ」がある。  とにかく好きな事をやるしかない!

●●

打ち上げ、タツマも残って、呑んで食ってやがる。26歳になったばかりだが生まれたときからトトさん、ROMIさん、塩野谷には世話になっているのでまるで劇団の息子・・・・・久しぶりにゆっくり飲む、その様は「親ばか」とのこと。ごめん、墓参り一緒に行けなくて・・・と誕生日・・・・と一応、息子に謝る。そのうちゆっくり呑もうな・・・・。

恒例の塩野谷の一本締めでとりあえず12時にお開き、私は帰宅したがほとんどのメンバーが朝まで・・・・・カラオケ?。

それにしても俺って「打ち上げ」が好きじゃないなあ、昔から。終わった芝居より今日からの芝居である。

本当に連日多数のご来場ありがとうございました。いつか近いうちにさらに作り変えて「再演」しようと考えています。

スタッフ・キャスト一同あつく御礼申し上げます。

さて、今日はお昼から片付け。早稲田がいつもの稽古場に戻る、がそれもつかの間、2週間後には『金玉娘』の見世物小屋に?

お昼から『金玉娘』本読み2回。

ヘロヘロにナル。

何とかキャスティング。新人の二人を加えた13人。文学座養成所出身の阿萬由美くんは今日入団したばかりで本読み、キャスティングという強行軍。ま、いいんじゃない・・・・・。面食らっただろうな?

4月2日(火)から立稽古。初日に「通す」ぞ!と一応脅かしておく。若手なんだからとにかく台詞だけ入れて来いよ!である。

●●

事務所に行くと、どんどん予約が入ってきている。

ラストシーンをチョコッと変える。この期に及んで、である。

で、開演時間には昨日と同じの超満員パンパンの客席になってしまった。凄い!明日もきっと、こんな感じになるんだろうな?

とにかく今すぐ「当日予約の電話」を!!

待ってます。

●●

さとうこうじ、札幌の斉藤歩さんとか様々な顔。大阪、札幌、名古屋、京都、下関、九州と遠いトコロから皆さん来てくれる。ありがたいことである。

さ来年当り、名古屋、大阪、札幌と『ハイ・ライフ』と一緒にツアーっていうのもいいなあ?

※※

連日「満員」記録を塗り替えて爆走中の『リターン』いよいよ千秋楽!お見逃し無く!待ってます。

それにしてもイイ天気。

お昼から『金玉娘』稽古。

今日はセットプランのプレゼンテーション。全員自分のセットプランを発表してもらった。面白い、早稲田の空間をそれなりに考えて様々なプラン、何とか全員の知恵で面白い美術が生まれそう。

で、本読み。4時まで・・・・・うーん。

明日、もう一度だ。

●●

今日は超満員札止め。定員をはるかに上回る、パンパンに入っている。但し、立ち見や桟敷は絶対に出さないというシステムをとっている。

それにしてもたまたまこの日にしかこれないという日だったのだ。なんとか全員入ってもらう。

芝居はテンポ良く安定したモノになっている。あと3ステージだというのに明日1シーン変えようと思いつく・・・・・今日試してみよう。

●●

今日も客席は多彩。信さん、榎木さん、イランのSさん、亨、重大、音子、龍昇、福井さん、安奈さん、葉子ちゃんETCといった顔ぶれ。ベニサン・ピットの『ANGEL』たちが早稲田に・・であった。沼田さんが韓国の映画監督を連れてきた。

呑み会は呉越同舟で盛り上がる・・・・・。それにしても連日の「毎日打ち上げ」で肝臓は悲鳴を上げてる?

それでも、龍と「とおる寿司」へ。来年当りまた、一緒にやるかと話す。まあ、7月のアゴラ劇場の「こころ」は阿川、篤、栗原の3人も出演。トトさんも出るそう・・・ヨロシク。

※※

朝は雨が降っていたがお昼前に晴れ上がる。きょういもいい天気、桜はもう散りそう・・・・?。

早稲田で芝居を見て神田川沿いの花見って、どうですか?

 

あと2日!!本日「余裕あり」、是非ふらりと早稲田まで。今日が一番ゆったり観れます。19時30分開演、上演時間1時間30分。

いよいよ明日31日(土)『リターン』千秋楽!!14時・19時ともに「余裕あり」是非お見逃し無く!!

いつの間にかあと4日。

2ステージ、さすがにみんなも疲れてきているピークのようだ。

とにかく芝居しないように・・・見せようとしないように・・・・とダメダシ。

●●

マチネ満員、いい感じ。サヤカのお母さんから大量の差し入れのパン。

夕方6時、日比谷の東京會舘の「文学座70周年パーティ」に出席、佃典彦の顔、戌井さんの挨拶、それにしても70年も一つの劇団が続く・・・なにはともあれ凄いことではある。うちも演劇団から流山児★事務所まで37年。まあ、半分はやっているわけだ・・・・。

オールドバンチメンバーのほとんどと会う。『リターン』の評判がすごくいい・・・行きます、という声。小沢昭一さんを口説くため佃と囲む、『オッペケペ』節も教えてもらった・・・・。佃の構想は面白い、ネタばれになるが・・・・戦後の闇市での抗争、殺し屋達の暗躍、現実と過去が同時進行する奇妙な不条理アクション。つまり多くの「ぬけがら」たちがでてくる奇想天外のアクションドラマ。

うーん、こりゃいっぱい役者いるじゃん・・・。

●●

8時20分過ぎに早稲田にもどる。ラストシーンを劇場の外の階段に座って聴く。最後の挨拶。満員。

山元さん、大山さんと言った先輩の顔。で、札幌コンカリーニョの斉藤さん「札幌でやってほしい」・・・と、『ハイ・ライフ』と連続公演もいいねえ。

河原崎国太郎さんが来ている。15年前岸田理生作『かくれんぼ』で競演した前進座の役者さん、歌舞伎役者。久しぶりに話す。スタジオライフの小野健太郎ら。みな一応に小空間の凄さを語っている・・・・。久しぶりの和重も。

今夜は海外留学生ヤヌー・アリエンドラとイ・ジュオンの送別会もかねて・・・10時前にpresentやケーキカット(何で?)、送る言葉やあれこれ、淋しくなるなあ。ジュオンは6月来た時にはまったく日本語しゃべれなかったのに、今はペラペラ。そりゃそうだ滞日10ヶ月間で『無頼漢』『狂人教育』『浮世混浴★鼠小僧次郎吉』の3本の作品に「役者としてキチンと出演」という研修を終えてソウルに帰る。ヤヌーも『狂人教育』そして『リターン』のオリジナル音楽を担当。

千葉くんは次の演出作品の音楽にヤヌーを使いたいらしくて、今夏にはもう一度帰ってくるかもしれない。ジュオンとは9月中旬ソウルで会える。とにかく、お疲れ様、二人とも気をつけて帰ってください。

夜遅くまで酒宴。

※※

で、あと3日間4ステージ。

29日(木)夜は全席完売・キャンセル待ち状態です。

30日(金)は「大いに余裕あり」です、このステージを是非!

31日(土)昼夜共に「余裕あり」です。お早めに予約を!待ってます。

 

 

お昼、早稲田。

『金玉娘』本読み。キャスティングの為の本読みである。1時間20分あまりの本読み。20分は短くなった、もうちょっとカットしよう・・・・・。

11人の若手メンバー。柏倉太郎、冨澤力、木暮拓矢、坂井香奈美、石井澄、笠原祥子、北山佳奈、藤村一成、諏訪創、武田智弘、熊谷清正といった顔ぶれに眞藤ヒロシのゲストで12人。トップが5年目の力たちというイイ布陣である。

が、これが強烈な個性というものが希薄。これからこれから・・・・・。

4時まで様々な繰り合わせで「読む」。29日・30日の2日間でキャスト決定。全員にセット・プランの宿題を出す。

●●

千葉君は風邪が治ってきた。で、今度は阿川竜一が風邪気味。

あと、5日間とにかくがんばりましょう。

地下鉄東西線の事故で電車が止まるというアクシデント、10分押しで開演。上演途中で何人か入ってくる・・・・。というわけで満員にならず。それにしても皆さん良く来てくれたと感謝。

●●

久しぶりの鄭義信さん、樫葉夫妻、毎日の高橋さん、ゲンダイの山田さん、評論家の西堂さんと言ったメンバー。山口馬木也くんは2度目の観劇、近いうちに何かやりましょうと約束。

鄭さんらと飲む。早稲田の空間に新作かいてよ、と頼み込む。ア、それから、来年あたり『ザ・寺山』三演しようと想っていると伝える、快諾。樫葉が役者カム・バック宣言。『焼跡のマクベス』以来十年ぶり、いいんじゃない。

鄭さんに『ザ・寺山』の再演の時役者で徹底的に「演出」され音を上げた話で盛り上がる。私は赤面。

●●

神田川沿いをほろ酔い気分で「花見」しながら帰宅。いつの間にか都電の線路にでた。「桜の森の満開の下」はあと数日である。

※※

28日(水)いい天気。榎木さんからрり、名古屋公演とのこと、「明日見に行くよ」、嬉しい。メグも塩野谷もトトも元気にやってますよ。

『リターン』もあと4日間限り、6ステージ。

本日昼・夜共に「まだ席には余裕あり」です。いますぐ予約!!

朝から原稿書き。メール。

●●

メチャイイ天気。桜も一気に咲く気配。

11時過ぎに地下鉄に乗って日比谷へ。

帝国劇場楽屋口、下総源太朗がいた。『雪まろげ』(小野田勇・作 マキノ・ノゾミ演出 森光子主演)を見る。「初演」の三木のり平さん「演出」を見ながら想像していた「私」であった。

幕間に落合くんに会う。法政の1劇のヤツ、今は帝劇のえらいさん。香奈美と畝の3人で「スタッフの部屋」で見せてもらう。超満員売切れの客席。1時開演。

ラッコさんの自在な演技は相変らず・・・・・ふーん。うまいなあ、デモそれでなんだ?と想う俺って・・・・・。

それでも、3時間以上面白く楽しんだ。若杉宏二も思いっきり楽しんでいる。が、近いうちに「劇団の芝居」にもきっちり戻ってほしいものだと、見ていて思った。

●●

終わって、若杉とラッコさんと一緒に森さんの楽屋にご挨拶に行く。とにかく凄い役者さんである。『ハイ・ライフ』で「劇」小劇場にきてもらった時も感動したが、今日も楽屋で話していて実に楽しかった。

急いで早稲田へ帰る。

「珈琲館」で1時間以上、北海道文化財団の人たちと6月の高齢者演劇(何でも「プラチナ演劇」ワークショップというらしい?)・・・・の打ち合わせ。

釧路、伊達、深川の三市で6月中旬の2週間・・・・楽しい事になりそう。デモ大変。楽塾のメンバーも一緒にやれたらいいなあ。

さやかに『金玉娘』の改訂台本を渡す。明日からキャスティング・オーデション!!本読み3日間だぞ!!

●●

「満員」の7日目、8ステージ目、「中日」である。500余人の観客がもう見たのか?実に「贅沢な小劇場演劇」である。

ほんとに見やすい、ゆったりとした「定員」制。

あと5日間7ステージ。「昨日」の今日で役者達は緊張して芝居している、オマケに千葉さんは風邪ぎみでバッド・コンデション。がんばって乗り切る。お疲れ様。

今日も客席は多彩である。大阪の宮崎さん、関くん。北海道の3人、ジャパンタイムスの田中さん、帝劇の『雪まろげ』の楽子さん、ラビちゃん、源太朗、綿貫さんといったコアな人々。

こんな感じでこの芝居、「楽日」まで行くんだろうなあ・・・・。

宮崎さんが是非大阪で再演して下さい・・・と。

ラッコとトトと一緒にいると「35年前」を思い出してしまう「呑み会」であった。スゴーイ「時」の流れ!若ーいラッコさんが三味線もって中央大学代々木寮の演劇団の「まんだらテント」にやってきた時の事を思い出した。1972年『紅の翼』の公演のときである。ほんとに面白い役者だった、で今も・・・・・・。お互い長い演劇人生である。

●●

明日以降、平日は今のところ「余裕あり」です。お早めに!!とくに28日(水)夜の回が一番すいています。是非この日をご利用下さい。待っています。

 

 

満員で6日目。

後半ラスト20分、上演中お客さんのOさんが急に客席で倒れるというアクシデントが起こった、芝居を途中で止め、救急車を呼ぶ。なぜか消防車までやって来たが。Oさん意識は戻ったが、血圧も高いし顔色も悪いとにかく病院まで。制作がついて行く。

約30分の中断。再度客席に戻ってもらい芝居を始め最後までやりきる。観客の皆さんのご協力に熱く感謝。

制作から夜пBOさんを病院からお家まで送り届けたとのこと・・・・お疲れ。上演中断は2度目の体験。一回目はヘルメット姿の乱入劇であった。

芝居より現実の凄さを感じた瞬間でもあった。

●●

というわけで、呑み会はなし。私はイワヲと楽塾の美術打ち合わせ。舞台模型を持って稽古場に。力と3人で。なかなかいい感じだが、階段の舞台なので皆さん怪我しないようにである。

『鉄砲玉』の台本直し5日目。こんなもんだろうと一応終わりにして明日さやかに。

夜、10時から深夜1時半近くまで蜷川幸雄・演出 ジャン・アヌイ作 松たかこ主演の『ひばり』を見る。青学の1年の時、これやったっけ?

ジャンヌ・ダルク・・・・・『青ひげ公の城』にもでてくる台詞。演劇的教養、フランス演劇。学生時代何でこんなもんやるんだろう?と想ったが見ていると結構面白いじゃん、ただし俺はやらないが・・である。

●●

さて、今日もイイ天気である。

朝早くおきて原稿書き。

で、お昼から香奈美、畝らと日比谷の帝国劇場『雪まろげ』へ。若杉がでているし森光子サンを見るため。

※※

さて、中日である。あと8ステージ。全員元気です。是非ご来場下さい!

本日「残席僅少」当日券有り。

明日以降全ステージ余裕ありです、お早めにご予約下さい!!

5日目。昼夜ともに超満員札止め状況。

この期に及んでトップ・シーンとラスト・シーンをちょこっと変える。よりすっきりした。上演時間も1時間30分近くに短くなっている。

テンポが良くなって芝居がしまってきている。

観客と共に「イキル」1時間半。

あと1週間9ステージである。

平日はすべて「余裕あり」です。とにかく早めにご予約下さい!

●●

マチネ終わったあと、近くの榎町地域センターへ。ああ、客席に山口馬木也サンが来ていた。もう一度見ますよ!とのこと。嬉しいなあ。

楽塾稽古、1時間ちょっと付き合い、振付を変える。明日は夜稽古には付き合うことが出来るな。珈琲館で『金玉娘』の上演台本作り4日目。瀬戸さんが横にやって来る、珈琲代おごってくれる。『エンジェルス・イン・アメリカ』7時間、大変ですねと質問。連日10時半終了とのこと。

ソワレ。ヘビーな客席。大久保鷹さん、白石、悪源太、瀬戸さん、大谷亮介、結純子さんといった古い付き合いの人々。一様に好評、よかった。韓国のイ・シューさんら一行3人が美術家のちかさんと一緒に来た。瀬戸さんからご祝儀をもらう、上の「北京」の中華料理。今日はまあ、中日みたいなモノ、初の2ステージ。役者達は疲労困憊。

明日はマチネですよ。

終演後の毎日呑み会、盛り上がる。評論家の村井秀美さんが今、国民投票法案反対で国会前でハンガーストライキをやっている60年安保闘争世代の闘争に演劇人も加わって!と・・・うーん。

※※

深夜帰宅、明日は雨だな。

久しぶりに、夏目漱石の「夢十夜」を再読、就寝。

※※

日曜。やはり、朝から雨である。

午前9時45分頃、石川県地震、震度6のニュースに驚く