流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

なんとか月刊新松戸の4月号原稿5枚書上げメール。

●●

ダメダシというか、なれないようにとなんども。

トップシーンを1回さらってみる。

いつものように開場前に珈琲館で『金玉娘』の台本直し、大体終わる、明日最終校正。

韓国の演出家キム・シューさんからпBなんでも28日まで横浜に来ているとのこと。

キムさんはいま北京で日・中・韓の共同制作のミュージカルを作っている。北京のユエンホンとも親しい。何でもユエンホンが今年北京に作品を持ってきてくれといってるとのこと?本番前、明日会おうと返事。

●●

満員での4日目。

真実先生のほか元黒テントの根本さん、元天井桟敷の蘭さん、元蟷螂の小松杏里といったいつもの顔ぶれ、が、顔をあわせるのは久しぶりとの事で終演後の「連日打ち上げ」は盛り上がる。杏里は代々木アニメーションの先生、生徒に宣伝する!とチラシを持っていった。岡島君と来週には『オッペケペ』と『続・オールドバンチ』の打ち合わせ、と決める。

急遽、テアトロに楽塾十年のエッセイを書くことになった。早めに呑むのを切り上げ帰宅。

2時ちかくまでパソコンに向かい何とか4枚書上げメール。

※※

雨?という予想だったが今のところ晴れている。

今日と明日の3ステージは残席僅少。当日券は充分発売できます。

なお、当日券予約も受付中。リピーター割引も好評です。なお、来週の平日はすべて「余裕ありです」月・火・水の前半がお薦めです。

 

 

2日目、マチネのみ。

満員。まったくぶれない。昨日の初日はちょっと間延びした部分もあったが、今日はいいテンポ。

それにしても客の反応がまったく違う。昨日は前半に笑いが起こった、今日は後半にどんどん笑いが起こる。

私が何でも客よりちょっと速く笑うらしい?気をつけなくちゃ・・・・である。

●●

米山の作ったつまみモツ鍋煮込みを肴に呑む。燐光群の伊勢谷、谷地、深瀬君らと・・・深瀬には次のベニサン公演の舞台監督を頼む。そういえば伊勢谷くんの翻訳したレグ・クリッブの新作『チャット・ルーム』をやるって約束してたっけ。

若手の二人にちょっとした苦言。気持ちのいいものじゃないが言う・・・・まあ、わかるようになってもらいたいもんだ。

●●

帰りの早稲田松竹で『カポーティ』(ベネット・ミラー監督2005年作品)を見る予定だったが呑みすぎで間に合わず・・・結局はツタヤでDVDを借り見る。

フィリップ・シーモアがいい、アカデミー主演男優賞ねえ。「冷血」もう一度読み直すか。

※※

今日から2日間は「余裕有り」です。

待っています。

当日券も1時間前から発売中です。また今回は「対面式」の舞台ですのでリピーター割引を設けました。半券をお持ちの方は2000円の半額となります。なお必ず電話で予約を取ってください。日によっては入れないステージもございます。

※※

今日(22日)もいい天気だ、あれ、地震だ。

改めて私のブログの横にあるイープラスの宣伝を見る。4・5・6月と毎月芝居やってるんだ・・・やりすぎ!だな・・・・なにをいってるんだ!である。まずは『リターン』ヨロシク、本当に面白いです!!

ああ、今日、都知事選が始まったんだ。

朝から原稿書き3枚。何とか仕上げてメール。

いつものようにお昼から竜一の歌稽古、1週間続き、だいぶ良くなった。が、何故か通すと音程がずれたりする。とにかく徹底的にやるしかない。カナ、カナミ、ウネも一緒に付き合っている。がんばるしかない。

2時から昨日のダメ部分を中心に2時間稽古。

4時半から「通し」。安定してきた、それにしても実に集中力と体力のいる芝居である。

明かりつくりで見ていた客席の反対側から観る。まったく違う。でも明かりを変えるトコロは無い。

全員イイ感じで仕上がってきた。イワヲがいい芝居ですね、と感想。

1時間35分。ダメダシというか気になるところ、台詞も少し変える。さて、明日はゲネプロ。客席も出来て本番と同じ状態での最終稽古となる。

●●

7時前に稽古を取り、寒風の中近所の榎町地域センターのホールへ向かう。楽塾の稽古。振付の大半が出来た、チェック。

イワヲが美術のプランを説明。階段状のセット。原爆と富士山、あれ?これって鼠小僧と同じか?。野田の原風景としてのナガサキ=真夏の森=富士山。

10時過ぎ、再び早稲田にもどって映像のハマジと打ち合わせ。KUDANの『美藝公』の映像でスズナリに来ているので公演後早稲田に来てもらった。イワヲと打ち合わせ。様々なアイデアが飛び出てくる。面白いことになりそう。

12時過ぎまで盛り上がる。力、創も加わって最後はカルーイ呑み会。

今日も1日中早稲田であった。

 

※※

気持ちの良い朝である。

ソニー・ロリンズ、でもってカルメン組曲か。今日も原稿書き3枚。なんとかお昼までに。

『リターン』明日20日(火)19時初日!!前売券は「売り切れ」です。なお、当日券は開演1時間前から発売します。

21日(水)は「残席僅少」お早めにご予約を!22日(木)23日(金)は「余裕アリ」です。客席は「対面式」ですので是非「二度」のご観劇をお薦めします。まったく違った芝居に見えることでしょう。

明日、待ってます!!

お昼から1時間竜一の歌の特訓。毎日やるしかない、毎日やっても通しになるとやばいのはまだ歌がカラダに落ちてないからだろう?

とにかくやれることはやる。今回は竜一をきたえられるだけ鍛える事にしている。

で、1時から昨日の続きの明り作り。

なんとか終わる、4時半から明かりが入っての「通し」。

●●

いい、ちょっとしたニュアンス・・・・だな。

あとは、ただエネルギーをもって「いて」くれればいい。

6時半に稽古を取る。時間が出来たので本来ラクジュクの稽古に行くべきなんだが、天野天街の新作がスズナリに来ているので、急遽下北沢へ。

7時半、KUDANプロジェクト二人芝居『美藝公』(筒井康隆原作 天野天街・脚本演出  小熊ヒデジ 寺十吾出演)を赤目さん、畝部らと見る。

面白い、アマノワールド全開の「随筆」演劇。アマノの「書けない、書けない」事を軸にチラッと美藝公の世界、で徹底したナンセンス。1時間半、ちょっと後半が・・・・だったが「初演」。それにしても映像・美術・照明・音響・小道具・スタッフワークはいつもの事だが凄い!

これから何年も練られて、いい?作品に進化して行くだろう。二人はイイ。つい、おれだったらどうするだろうと、寺十と一緒に動きを想像していたっけ・・・・やはり、アマノの芝居は役者に限るだ。

佐藤信さんも来ていた。終演後「ふるさと」で呑む。ネルケの岡島君、蒲ちゃんも一緒。久しぶりの小松杏里の顔も・・・・遅くまで。

タクシーで帰宅。バタンキュー、呑みすぎである。アマノと一緒だとつい呑みすぎてしまう。気をつけよう。

※※

あと2日!きっちりあせらず・・だ。

ベルディを聴く。

『リターン』ノラストに流れるベルディのオペラ曲。「ナブッコ」「アイーダ」「椿姫」「リゴレット」と聞いている。1813年北イタリアロンコーレ村でよろず屋の息子として生まれる。経済的に苦労しながら音楽を学びオペラを志す。ミラノ音楽院入学失敗、妻子をなくすなど辛酸をなめたあと「ナブッコ」で大成功一躍スターダムに。

「ナブッコ」1842年。

旧約聖書に題材をとった作品。主人公のナブッコは古代バビロニアを支配していた暴君。この王がヘブライ王国に攻め入り、神を名乗るほど思い上がるが、やがて改心してヘブライ人たちを解放するという物語。

合唱曲「行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って」が超有名な曲。ナブッコに捕らえられたヘブライ人達が望郷の思いを歌うユニゾンの合唱曲。イタリア独立運動のシンボル曲。妻子をなくした27歳の青年ベルディが書上げたオペラ「ナブッコ」。一夜にしてベルディはミラノ音楽界の寵児に躍り出たという。ミラノ・スカラ座で1シーズン(半年間)57回上演という史上最多上演記録を打ち立てる。

●●

これが『リターン』のラストに合う。まさにピッタリの曲である。

もちろん、このあとちょっとした曲が入るけどね。

今回の音楽は実にいい。ヤヌーが劇中のオリジナル楽曲を作り、本田実が挿入歌の作曲と豪華なコラボレーションである。インドネシアの音楽家ヤヌー・アリエンドラとは『戦場のピクニック・コンダクタ』以来、『狂人教育』と今回で三度目。コンピュータと得意のギターを駆使して様々な音楽を作る。これからもずーッと付き合いたいものだ。

●●

そういえば、留学生二人、イ・ジュオンもヤヌーも今月いっぱいで帰国。28日には「お別れ会」。淋しくなるなあ・・・・。

 

 

あと1週間で本番である。

1か月半稽古、新作にかける稽古時間としてはまずは充分。少人数=5人しか出ない芝居なので役者達がオモシロさをどんどんだしてくれる。

稽古場が劇場なのだから最高の環境。小劇場ならではの濃密な芝居になっている。セットも音響も本番体制が整った。15日は照明の仕込み、5日間は照明・音響・全て揃ったゲネプロをやることが出来、本番である。

ノイズである。芝居にしないナマモノの時間をどこかに作らねば・・・と策略を妄想。今朝5時から7時まで考えていた。ノイズの時間。役者がナマモノになるしかない時間、そして《集団》でしかない時間を感じるというのがイイ。

●●

若手公演『金玉娘』のチラシのレイアウトが出来上がってきた。制作もやっている香奈美の知り合いのイラストレーター氏、いいデザインである。それにしてもこの芝居チケット売るときとかそれなりに困る事だろうな「金玉娘」だもんなあ。電話予約の時「金玉娘1枚!」とはなかなか言えねえってか?

『金玉娘』の台本テキストレジーが進んでいる。今日13日午前中から本読みをやっている。お昼前には顔を出そうと思っている。

あれ、今日は伊藤弘子の『夢十夜』の初日か!天野天街(少年王者舘)も明日スズナリ入りか?いやはや・・・・・。

元気に妄想!元気に稽古である。

そうか、私だけが「休み」なしというわけか。

早稲田は美術作業、塩野谷、吉木、イワヲ。

お昼過ぎまで原稿書き。第2稿。青春血風録風のエッセーをかいている。思い返してみると、なんと100人を超える?!ヤツとケンカしているなあ?20代から40代までは血の気の多さ、を通リ超してほとんどキチガイじみた「他人との熱過ぎるカンケイ」である。50代に入ってやっと少し落ち着いたって感じ・・・・じゃん。イカレタ馬鹿人生である!?ほんと、けんかバカ一代である。

200本演出記念誌で宣言した通り、すっかり最近はやさしくなっておりますので、ヨロシク。11月には還暦だもんなあ・・・・・。

●●

夕方から楽塾。皆さんはお昼過ぎから箪笥町の地域センターでダンスの自主稽古、で、5時から榎町地域センター。『リターン』で早稲田がつかえないのでこの2か月はこのスケジュール。4月14日から西新宿の芸能花伝舎に移動して連続稽古までは落ち着いて稽古できる場所?では無い。がこれも致し方ない。

久しぶりに1幕を通してみる。良く出来ているが細かいところがぶつぶつである。まあ、振付がついたばかりだし・・・これからである。桐原も久しぶりだし。

楽塾の舞台監督兼美術のイワヲと打ち合わせ。やっぱり、高い空間はいるぞ・・・・・映像のハマジと打ち合わせしなきゃ、と決める。タバコが吸えないので外で打ち合わせ。

●●

シアターガイドの取材。創立メンバーの座談会と私へのインタビュー。稽古場の横でやったいたんだが「蛍の光」のアナウンスで追い出される。まるでパチンコや?あと15分以上あるのになんなんだ?4月2日発売の5月号に掲載予定。

●●

寒風の中帰宅。おいおい、冬が帰ってきてるジャン。北日本は雪。

テレビで若い劇作家3人がしゃべっている。勅使河原三郎の『ガラスの牙』を見る。ガラスと遊ぶ、光と遊ぶ、面白い。

京都の山口茜さんからメール。フィンランド留学が内定したとのこと文化庁の在外研修2年間というヤツ。

オメデトウございます。楽しんで勉強してきてください。

●●

寝転がって「文学界」4月号、小林信彦「日本橋バビロン」長編330枚を読み出す。第1部 大川をめぐるる光景のなかに『金玉娘』の参考になる両国の見世物小屋のフウケイの記述が続く。うーん、なんとなく江戸末期の両国のイメージがわかってきたぞ。

今日は楽塾と『リターン』のダブルヘッダー。

お昼過ぎ、稽古場で楽塾の皆さんにチケット配布?6日に出来たての桃子デザインのスゴーイチラシ。フレンチ・カンカン風の12人の踊り子おばさんがカワユイ。

くるくる回るラストシーン。

海外にでももって行くか、これ。

ダイレクトメールでそのうち届きます。御期待下さい。でもって、リュウズクラブの募集チラシも同封です。RYU’ S CLUB21という支持会員募集中です。ぜひご参加下さい。

●●

絵美の振付が絶好調で進んでいる。桐原もカン・バックして来週は全員集合となるようだ。とにかく絵美には来週までに全部の振付を終わってもらはねば・・・・・。でもって、なんとか『リターン』が終わったらメチャクチャのスピードで「芝居」と「踊り」をつなげる予定。

明日は久しぶりに全体を当れる。5時からじっくりやるつもり。

●●

6時から、少しテンポ良くするための台本直し。

7時半近くから「通し」。1時間34分。

どんどん、決まって行く。

ヤヌーの音楽。もうちょっと試すとする、まだ1週間ある。

●●

稽古を終えて、少し呑む。

12時前に帰宅。ゆっくり寝る予定だったが、けさ本屋でかった「世界」「論座」「文学界」の三冊の雑誌をめくる、いつのまにか2時近く、相変らずの日常である。

 

お昼過ぎから『リターン』久しぶりの稽古。

塩野谷正幸のセットはなかなか手ごわい、どう使うか?5時半までああでもないこうでもないと稽古。

明日から昼夜稽古。振付の北村真実さんもやってくる。

●●

急いで下北沢まで。1週間の下北沢劇小劇場通いである。

日本演出者協会シンポジウム「日本の俳優は兵士を演じられないか?」というタイトルの早稲田大学教授の高橋敏夫氏をパネラーに招いて。

レジュメ。1、未知の戦争に向き合う現代演劇。 2、グローバルな内戦へ〜戦争の変質。 帝国内内戦、密告社会、監視社会、日常的な「戦争状態」に現代演劇はどう向かうか? 3、たちまち見えなくなる戦争〜隠蔽の総力戦〜 戦争という隠蔽装置。「帝国と戦争」への反対と抗い、それは暴露のゲリラ戦。4、もう兵士の身体には戻れない。戦後60年かけて日本人は「兵士の身体」を崩してきた。「憲法9条の身体」。第二次世界大戦中は米兵の4割が引き金を引けなかった。イラク戦争の現在99パーセントの米兵は躊躇無く引き金を引く。戦争のバーチャル性。ゲーム化。

 

つまり今の日本人は戦争をやれる身体ではないことをじっくり話す。刀狩り以降600年。能、歌舞伎、そしてアングラまで、反抗する身体。ディアスポラの身体。

憲法9条の身体っていい事ジャン。世界遺産の身体ってこと。このずぶずぶの身体は?      つまり、「非国民」のすすめ。

では、「抵抗する身体」とは?パルチザン、抗日兵士、自爆テロの身体?、クストリッツア、キアロスタミ、小津と黒澤。・・・・・高橋氏、森井さんと2時間半熱いトーク。お客さんも熱心な人が多く、その後「ふるさと」で親睦会も遅くまで・・・・。東大生の若者が面白かった。芝居見に来いよ、と誘う。

それにしても、高橋氏の指摘は面白かった。きっちり演劇人は応えねば・・・・・。

候孝賢監督の「台湾現代史3部作」が見たくなった。

●●

遅く「紘子」へ。

本多社長が飲んでいた。いろいろ。

 

 ※※

1日中原稿書き。何とか目途が見えてきた。

で、大西君から電話。コンクールの審査会の打ち合わせは6時20分からとのこと、急いで下北沢へ。

6時半、遅刻である。劇場の周りは大勢の客。

●●

若手演出家コンクール2006最終審査。超満員の客。審査会でこんな大勢の観客というのははじめて。7時から。

青井陽治、瓜生正美、加藤ちか、木村繁、篠崎光正、七字英輔、森井睦、、流山児祥、西沢栄治の9人の審査員。

7時から五人の優秀賞メンバーの作品、演出力についての「批評」。が、これが時間かかる。9時過ぎまで2時間半。但し、今回は時々、客席にいる当の演出家に質問をふったりして客席は沸いた。初参加の名古屋の木村さんの「名言」に客席は大いに盛り上がる。よかった。

5分休憩で。記名投票。

1回目は各自2票。京都の山口茜がトップ、2位に西村太佑、福原充則が同票。決戦投票で山口茜氏に。ちなみに観客賞はコンクール史上最多の観客を動員した福原充則氏に。最優秀賞は賞金50万円。観客賞はビール券3万円分。

公開審査は3時間にわたった。みなさん、お疲れ様でした。

●●

いわゆるウエルメイド、コメディ、コントといった風のトーキョー演劇ではなく昨年の札幌の橋口さんに続いてより「演劇でしか出来ない事」を真摯に追求している京都の山口さんに「最優秀賞」がいったといえよう。私は江尻浩二郎と山口を推し、最終的には山口に。山口には演劇的知性と実験性を兼ね備えた骨太のドラマティストになってほしい。コンクールは若手演出家の「交流」が主眼目、この機会を充分に活用する事だ。トーキョー演劇の「引きこもり状況」を打破するいい機会になればいい。

例年私の推す若手は落ちるのだが、今年は何故か・・・・。

聞くと、山口は在外研修でフィンランドを申し込んでいるとのこと。2年間行きたいとのこと。いければいいな。大阪の小堀純にTEL。私も一言。「大阪、京都でいい演出家に育ててくださいよ!」

●●

打ち上げの席で、福原、江尻君と話す。とにかくいろんなテキストと出会うこと、お前らも海外にも行けよ、とけしかける。いつか二人とは一緒に仕事をしたいと思っている。ミルクホールの佐野、ひょと小乱舞の広田もいる。そんな若手のコラボレーションを是非、演出者協会でプロデュースしたいと思っているんだが。

※※

タクシーで帰宅。

疲れた。来年こそ若い演出家達と一緒にコンクールを新しいカタチ、でもっと面白いモノにシフトチェンジしたいものだ。

さて、2日ぶりの『リターン』追い込み稽古。本番まで、あと2週間である。

※※

そして、今日6日(火)夜6時は劇小劇場でトークショー、私もゲストで出演します。是非ご来場下さい。