流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『リターン』順調に稽古中である。

今日は戌井さんが稽古を見にやってきた。元気そう、今年12月の『続・オールドバンチ』の時、ちょうど文学座公演の演出とかぶっているので・・・・・という話であったが、少し公演が早まって少しは楽になったとのこと。良かった。主演男優?にはたっぷり稽古に付き合ってもらわなきゃ。

1時間近く稽古を見てもらう。これから散歩という。いや、元気な90歳!

カナを代役に立てて何とかラストのクライマックス前まで。

6時半に稽古を取る。拓平と吉木さんがトラックでやってきた、セットの材料の搬入。ピカピカの金属性のもの多数。イワヲが作った客席の箱馬も。

●●

1時間、近くの榎町の地域センターでやっている楽塾の稽古に。広い体育館のようなSpace。今日は振付が出来なかったが明日は振付。

気持ちの良い(といっても花粉症がヒドイが)春の宵である。鶴巻公園でダッシュを何回も繰り返す人や楽器をやっているヒトなど・・・。

●●

夜、久しぶりの今夜のDVD『風と共に去りぬ』の第1部を見る。凄いヘビーで面白い・・・・・大作。ヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲイブルのかっこよさ。結局は深夜2時まで。

おれ、なんでこの「名作」を今まで見てなかったんだろう?

※※

で、今日は3月4日(日)昼12時、最後のコンクール審査。

怪物がめざめる夜ゴールデン:江尻浩二郎作・演出『人魚まる裸みだれ髪』、最後の審査。超満員、昨日も凄い入りだったらしい。来年は考えなきゃ、と大西君と。

太鼓の笛の音。明日の審査会は面白くなりそうである。お時間のある方は是非明日7時からの公開審査会においで下さい!6回目の最優秀賞が決定します。

●●

で、2時半過ぎラクジュク、榎町地域センター。絵美の振付2曲。イメージはチア・ガール。静と動。

それにしてもイイ天気である。夕方、近くの鶴舞公園で子供達とチア・ガール達、絵美と笑ってしまった。絵美は5月18日結婚。渋谷のクラブで挙式とのこと。

桐朋演劇科をでて入団三年後、退団。が、ラクジュクは退団後も5年間ずーっと振付で1年間付き合っている。

※※

稽古場に帰るとほとんどセットと客席は出来上がっていた。

 

 

朝から若手達は『金玉娘』の台本作り。私はとりあえず口を出さないことに。で、企画書作りと原稿書き。

お昼過ぎ稽古場へ。

『リターン』歌が三曲出来上がってきた。全部、竜一が歌う。今回の竜は大変。今回の芝居で確実に成長している。芝居して踊って歌わねばならない!歌稽古は明日。

メグが休みなのでカナが代役。今回はカナと香奈美が稽古場についている。香奈美は『ハイ・ライフ』でも演助だったのでてきぱきと演出部の仕事をやっている。

●●

6時過ぎに稽古を取り地下鉄、井の頭線で下北沢。今日で4日目の若手演出家コンクール。京都のトリコ・Aプロデュース 山口茜作・演出『豊満ブラウン管』を見る。

京都の劇団だから集客が心配だったが、(今までの三作品は超満員の客席)今日の客席も40人近く?だが「客席をうまく作っている」ので、満員に見える状態。コンクールはいろんな芝居が日本にはあるんだという場所になればイイ。

トーキョー演劇との違いを見事に感じた。トーキョー演劇の・・・・・・。

劇にとって「想像力」とは?、関係とは?闇とは?

まあ、「審査会」で語りたいと思う。きょうは、瓜生さん、森井さん、ちか、青井さん、大西君、西沢君と7人の審査員。

青井さん、森井さんらと「ふるさと」で飲む。結局は「ふるさと」に4日連荘である。国際セミナー、日韓交流セミナーのリーディングについて。

●●

コンクールの若手スタッフとしゃべっていると楽しい。国際部とコンクールの実行委員たちの姿を見ているとこれからの協会を背負って行くのはコイツラだなと思うこのごろである。

※※

楽塾の写真をムービー風にまとめて「Rシネマ」1分を作りました。是非見てください、流れている曲は珠水さんの曲です。

シェイクスピア原作 野田秀樹:脚本 楽塾『真夏の夜の夢』本日前売開始!!しました。ビックリしたんだが野田君の言葉に珠水さんの曲が実に合う!

まあ、「毎月」公演ですから観客の皆さんには大変恐縮ですが、一年に1本の楽塾、ぜひよろしくお願いします。

あと2ヶ月ラクジュク今日は久しぶりの絵美の振付である。

久しぶりの休日。

若手公演『金玉娘』も『リターン』の稽古も休みである。

映画でも観ようかな、と思ったが原稿がある!朝から夕方までパソコンに向かう。劇団の人材育成についての原稿、最も重要な課題。

結局はあと1日かかるな・・・・。あ、小劇場演出論20枚もまだ・・・・・困った。

で、新聞社に電話。『リターン』のはなしを何人かと、ラクジュクの話もついしてしまうと皆さん是非取材とのこと。

 

●●

駅前に出来たラーメン屋でラーメン。とんこつ、豚と鷄の2つの味。私は豚、なかなか美味い。ここは、昔はフツーのラーメン屋だったのになあと思い出す。線路沿いの飲み屋街の奥に「戸塚ダンス教室」という所があって、そこがその後、群六舎というプロダクションの稽古場になってその稽古場に1970年代ずーっとお世話になっていた。呑み屋は必ず養老の瀧か清龍酒場だった。

●●

コンクール3日目、超満員、入りきれないほど。東京サギまがいの山田能龍作・演出『まっすぐな道でも嬉しい』形を変えたハッピー・エンドの大衆演劇。客は熱狂的。

ネルケの岡島君も来ている、昔は岡島がコンクールの舞台監督だったっけ。

終演後、『オッペケペ』の打ち合わせとパラダイス一座でもって来年に予定しているテラヤマ作品の打ち合わせ、そして2年後に目指す野外劇!

朝11時から『金玉娘』の原本と呼ぶべき「テアトロ版」を読む。普通のドラマといったら作者に失礼だが大衆演劇らしさただよう恋のドラマ、世話物。なんとか「新装版」とミックスさせてやるとするか、このミックスも役者にやってもらうか、何事も勉強。

●●

『リターン』立稽古絶好調。

たってみるとどんどん本の構造がわかってくるから面白い。で、もっと面白くなる。シーンを4つに分けているが。いまは1・2中心。明日は2・3中心。1時間30分の芝居の予定だが・・・・・。

音響の赤目さんと打ち合わせ。

まだ、本田さんの歌の曲が出来上がっていないので全体像を作れない。

●●

6時過ぎに稽古を取って、急いでk地下鉄を乗り継いで渋谷から下北沢。超満員の劇小劇場でピチチ5の福原充則・作・演出『反撃バップ!!改造』を見る。4話のオムニバスというかコント。わかりやすいどーしよーもない中年男のどーでもいい話。それにしても良く笑う客がいる。で、コンクールが始まった。

是非5作品見てください。トーキョー演劇の現在がここに?!あなたの眼で確かめてください。

気が付いたら朝メシくって以来何も喰っていなかった、9時近く近くのミン亭へ「ラーチャン」。

で、帰宅。明日も同じ日常!?

※※

28日、2月も終わりである。明日から春・弥生。

ナヌ!世界同時株安!700円安!

さて、稽古場へ。

自宅で久しぶりに朝8時おき。熟睡。

ラジオ、テレビでなんかバブル時代のころを見ながらメシ。ひな祭りの話題も・・・・。

それにしても昨日の報道ステーションの袴田事件のことが・・・40年前の元ボクサーの「冤罪事件」(と呼ばれている)。元裁判官があの死刑判決はマチガイだったと告白した・・・・気になる朝である。40年間「死刑囚」として一人の人間を拘束し続けている権力というヤツ。

2、3日前の鹿児島での選挙違反事件での冤罪事件と、もうメチャクチャなケーサツのでっち上げの恐怖。

●●

「ダンスマガジン」の扇田昭彦氏の『鼠小僧次郎吉』の劇評を読む。実に整理された劇評。その前の村井華代氏の長論文風の劇評といい、イイ感じで佐藤信ルネッサンスの論争の軸が出てきた、いい事である。一気にhttp://www.ryuzanji.comの劇評集にアップしてあります。読んでください。

いま、坂口瑞穂氏の『金玉娘』を読んでいるが、ある種、手触りが似ている。私は「カン」に近い感覚で作品と出会うのだが・・・・・。

※※

楽塾本多劇場公演『真夏の夜の夢』(野田秀樹脚本)の先行前売・予約も3月1日始まります。

『リターン』の土・日のチケットは「残り少ない」状況です。お早めに!!

●●

外は春のような陽気である。さて、散歩しながら稽古場へ行くとするか。

●●

なお、今夜から3月4日まで日本演出者協会主催の若手演出家コンクールが下北沢劇小劇場で始まります。全国から応募した96人の若手演出家から選ばれた五人の優秀賞受賞者がグランプリを目指して競い合います。入場料は2000円、上演時間は1時間、フリンジ形式のコンクールです。今年で6回目。是非多くの皆様のご来場をお待ちしております。企画発案者である私も審査員の末端に居ます。3月6日(火)夜6時からはシンポジウム「日本の俳優は軍人を演じられない〜身体俳優論〜」もお送りします。

6年目の下北沢・若手演出家の春である。

朝から月刊新松戸三月号の原稿書き。

なんとか夕方までに5枚書上げる。

早稲田の稽古場は昼は例年恒例の篠井英介氏のワークショップ初日、明日も。新人達は大変だろうな?お話で・・・・・。

●●

オーストラリアの音楽を聴きながら・・・・・・。

アボリジニ・ロック!!

●●

6時から稽古。ヤヌーの作ってきた音楽をかけながら・・・・・、もっと整理しようよということに。がヤヌーの劇版的音楽はよい。

もっとテーマ別に作ってみてと発注。

10時までほとんどノンストップで稽古。前半はほとんど台詞が入っている。竜一と千葉のシーンは明日から作り出してもいい感じまで・・・・が、あせる事はない。シーン作りのキャッチボールでじっくり行こうぜ。

舞台監督の吉木さんが楽しそう。『ハイ・ライフ』の旅公演の時のブカンだから塩野谷と打ち合わせもスムーズ。

●●

『オールドバンチ』の「ナンクロ」に挑む。今週発売の雑誌です!全員で取り込みあっという間にやり遂げる。いやあ、凄い!「ナンクロ」に『オールドバンチ』だぜ。

●●

久しぶりに寒い道を早稲田から馬場まで。

12時過ぎ、教育テレビで秋山仁さんの数学と音楽という番組にカンドー。

今日は早く寝ようと思ったのに・・・・・やはり1時過ぎに寝ることに。

結局これで3回目の書き直し。

打ち上げで、酔っ払っているせいか、日記書いていても最後の詰めがダメで2回もとんじゃったよ。ああ、・・・・。

約1ヶ月近く『鼠小僧』の公演をやった、25ステージ、結局は定員60人あまりの小劇場で上演して、1500人余の観客がとにかく「見てくれた事実」に感謝。大阪・ナゴヤ様々な人々の協力に感謝。ありがとうございました。

文字通りの21世紀の小劇場運動の「リベンジ」である。いや、本気。「やりたいこと」をやるしかない。

 

35年前に杮落とし公演をやった劇場で、超満員の客の前で35年前と同じ興奮で立っている自分に興奮。で、観客の皆さんに感謝。

そしてツアーのカンパニーの皆、お疲れ様でした。アマノお疲れ様、さあ「美藝公」がんばって!!期待してるぞ。

 

yakusyaで参加できて感謝。プロデューサーだけだったらこんなにオモロなかっただろうな。それでいて制作がんばらなければ!と実感した旅の現場でもあった。

 

 それにしても、相変わらずオレタチ「演劇運動」しているなあ?と実感できた1ヶ月に感謝。

そして『リターン』である。これも小劇場運動である。いくぞ!!

●●

ココロもホテルに泊まっている。

19日午前9時過ぎチェック・アウト。

荷物卸、で夕方からリターンの稽古開始である。

10時過ぎの新幹線で全員帰京予定。

一日中ナゴヤは雨。

さすがに、2ステージ、全員ヘロヘロとなる。

7ツの劇場構造上、必ず急梯子での花道移動の連続となる。時間的に間に合わないところがでてくるので芝居を作り変えるしかない。

7ツヴァージョンは5分上演時間が延びている。大阪までは1時間半ジャストだったがナゴヤヴァージョンは1時間38分。まあ私のハーモニカとか殺陣の倍動きとか盛だくさんである。

●●

マチネでは7ツ寺SDの二村さんをゲストに迎えてアフター・トーク。司会を井村さんにやってもらい一番スムーズに。

 

ナゴヤの小劇場演劇史など・・・・。

●●

夜、二村さんとジックリ飲む、お互い年をとった・・・・35年の付き合い。

 昨日の雨と変わっていい天気。テンサイ アマノ ヤシキに参上。

さて今日18日マチネ2時で千秋楽である、ちょうど1ヶ月25ステージ。劇団史上でも最近では最多に近い上演回数である。

確実に役者は成長した、毎日のアマノのダメだしは細かい。

今日も11時劇場集合。いつものように30分体操、掃除。30分踊り・殺陣の稽古と1時間のチェック。そして本番だ!

※※

席には充分余裕があります。このフルパワー、フルスピードの前代未聞の疾走芝居!是非御見逃しなく、

待ってます!

今日は名古屋2日目。

お昼BSで映画『伊豆の踊り子』(西河克己監督 吉永小百合主演日活製作)を見て七ツ寺へ。

きしめん定食、でもってコーヒーで劇場へ。いつものように1時間稽古。

●●

7時半開演。

文字通り「超満員」である。公彦の指示で客席を作り変えて夕方今回に備えてよかった。

今日は舞台監督の井村昂氏の「60歳の誕生日」。「還暦」である、井村とは長ーい付き合いである。なぜか今回が初めての舞台監督。私は赤ーい招き猫をプレゼント。劇団は赤いナイトガウン。これが似合う。おめでとう。赤い誕生日ケーキ。これだぜ!!!!

いい感じで3日目を全員で乗り切った。あと2日3ステージ。

●●

終わって、ジャブジャブのはせ君とアマノと井村さんと4人でのアフタートーク。今回は司会に近い動き方・・・・・うまくいく。井村さんがいいフォロー。70年代の演劇の貧しいゆえの豊かさについて・・・・。

終わって、井村さんの還暦パーティ。ったくあと10ヶ月でオレ様だぜ。感動的なフーケイ。おめでとう。

竹下くん、かって劇団にいた若手のメンバーがいるとこいつらが今名古屋の現場を作っているんだという実感。35年間、名古屋の小劇場界と付き合って来てよかったなあ、とつくづく思う今日この頃である。

おれはいまのところ、どこでも権威になっていない!つまりフツーに名古屋と付き合っている・・・・・・と感じたはせとアマノとのトークであ

12時近くにホテルに帰る。

●●

今日17日(土)は昼夜共に「余裕あり」。

是非多数のご来場を!地下鉄大須観音駅徒歩三分。

ツアーもあと2日間。いよいよ終りである。

無事に、『鼠小僧次郎吉』名古屋初日あきました。

15日(木)朝、起きて大須めぐり、例によって味噌煮込みうどん定食。35年前に打ち上げやっていたうどんやさん。

 

1時から掃除、ストレッチ。昨日胃の調子が悪く病院に行った直美も今日は元気に・・・・おかゆからだんだんに・・・・・。

2時から通し稽古。アマノの細かいダメだし。ホームグラウンドでの見せ方、見え方を知り尽くした細かいダメ。

でもって、その後のこの劇場ゆえの、ダメだしが微にいり細に渡った・・・・2階の「みしみし」という音、この劇場元倉庫だから楽屋になっている上の音がモロ聞こえる・・・・ぼく、気をつけます。

●●

本番前にコメコのつくったカレー食べながら昨日ホテルのBSで見た『禁じられた遊び』(ルネ・クレマン監督作品)の感動をみんなにしゃべっていた。

●●

「晴れ男」の異名をとっているにもかかわらず、なぜか小雨で開場。

希旨子親子、つまりココロがやってきた、で、北村想ちゃん、ぴあの小島さん、安住さん、王者舘メンバーといった旧知の人々で,「ほぼ満員」の初日に。本当に客の入りを心配していたが早稲田とほぼ同じ空間なので、一応埋まった感じで安心。なぜか横浜の一宮さんがいたっけ?アクテノンの人と知り合いとのこと・・・・

終演後、C新聞の演劇担当になったという若いMさんと演劇状況についてジックリしゃべる。35年の名古屋の小劇場演劇人との交流史についてのレクチャーを・・・・うん、いいな、いつかやろう。

そういえば、芝居途中でココロがついに泣き出し帰ったが、この公演中にもう一回希旨子は見に来るとのこと・・・・。

「3日ぶり」で全員リキが入りすぎの感の初日。

明日は平常心だぜ、諸君。

●●

初日乾杯!

スタジオの2階で全員車座、イワヲとジュオンの料理に舌鼓、めちゃくちゃ美味い初日パーティとなる。

公彦くんと名古屋の演劇革命について戦略を練る!オレはいつでも芸術監督になりますよ、ギャラはもちろん「4万円のアパート代」でいい!食い扶持は何とかするよ、自分で。

12時近くにホテルに帰る。で、再びBSでミュージカル映画3時近くまで『ビクター・ビクトリア』

※※

なぜか、16日(金)夜7時半の回は、前売りがでていてほぼ「満席」状態とのこと。

なお、17日(土)昼2時・夜7時、そして18日(日)昼2時の回は:なぜか「大いに余裕あり」です。是非、土・日の回をご利用ください。

※お早めに電話予約ください!!

●なお、明日のアフター・トークのゲストはジャブ・ジャブサーキットのはせひろいち氏、そして少年王者舘の井村氏 17日(土)昼のゲストは七ツ寺共同スタジオ代表の二村利之氏、井村氏を予定しています。

是非ご来場ください。ナゴヤの多くの皆さんに見てもらいたいと出演者・スタッフ一同大須七ツ寺でお待ちしています。

当日券は必ず発売します。

 

 それにしてもあと3日間、4ステージ。全力で楽しみます。そして、楽しんでもらいます!