流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

13日朝から舞台の仕込み。

舞台部分が 広くなっている、3年前の『SHEEP FUCKER S EXIT』の後の変わったとのこと。舞台も高くなっている。花道をほぼ真ん中部分に作る。

照明は名古屋の助っ人が来てくれているので助かる。舞台も中村公彦くんら、制作も王者舘のモクちゃんら。私は昼過ぎに劇場へ、大須近辺を探索、原宿というか下北みたいに若者向けのショップが増えている。

大須演芸場は昔のままだが・・・、で演芸場近くの35年前からあるうどん屋で味噌煮込みうどん定食。

●●

夕方、名古屋の新聞記者さんたちに電話。今回は名古屋専属の制作がいないのでどうしても情宣が遅れている・・・・前売り券も・・・・・である。

やれるだけのことをやるしかない!

●●

夜も大須を探索、早めにホテルに帰り寝る。

 

14日(水)

朝からアマノが入って同ポジ撮影。

お昼過ぎから明かりあわせ。今日も演出家は大変、まったく導線が違う、そうか、名古屋はハーモニカはあり!?で、井村が鼻で吹けといってる、ざけんな!

アマノの主戦場アマノ演劇の玉手箱そこが七ツ寺である。アマノ演劇の極北が明日眼前に。

※※

PHS 070ー5565−7729公演中の問い合わせ・予約電話です。

また03−5272−1785 流山児★事務所でも予約は承ります。

『鼠小僧次郎吉』名古屋:大須七つ寺共同スタジオ公演15日(木)〜18日(日)4日間5ステージでファイナルです。

当日券は全ステージ充分発売します。地下鉄大須観音徒歩三分。

バラシも慣れてきた、6時前には劇場はきれいになっていた。

私は原稿書きでパソコンに向かう。西堂氏と約束した手前、一応というか努力はしています。

夜7時半の難波発の近鉄特急。1時間半あるので音響の斉藤君らと鶴橋へ焼肉を食いに。コリアンタウンでめちゃくちゃ美味い肉を食べる。

2時間ちょっとでナゴヤへ。

タクシーに分乗して七ツ寺共同スタジオへ、少年王者舘のメンバーがホテルの手配その他をやってくれている、感謝。お世話になります。

1972年、『夢の肉弾三勇士』でこの劇場の杮落とし公演をやって以来何度もお世話になっている小劇場、それにしても35年間、よく「もっている」まさに小劇場の重要文化財的存在である。

●●

全員でホテルへ向かう。

明日は朝から仕込み、明かり、音響と舞台作り。

私は少し『リターン』:の演出プラン作りと若手公演『金玉娘』の台本読み・演出プラン作りと宿題多し・・・・・。

楽塾も気になるし・・・・・。

といっても、今はナゴヤ公演を成功させなくちゃ!明日は知人に電話しまくるとするか・・・・・。

※※

というわけで、まだ席には「大いに余裕あり」です。

※※

待ってます。

ツアーも1週間目、慣れてきた。さあ、がんばるぞ!

 とりわけ夕沈&アマノファンのみなさん、絶対見逃したらソンの大傑作ですよ。

東京・大阪と20ステージ上演を経てますます『鼠小僧』は進化中です!あと、名古屋の5ステージ。25ステージのロングラン!!70年代アングラの名作が見事に「今」の時代に再生した力あふれる作品です。

11日(日)マチネ2時のみ。

超満員の3日目である。

満員だと元気になるというイキモノの私め、妙に力んでちょっと空回り。気をつけよう。

●●

終演後、わかぎえふさんとアフタートーク。会場に維新派の松本雄吉さんがいたので参加してよと頼むも・・・・・・。昔話から始まって大阪京都の小劇場演劇の現在について。精華小劇場の丸井さんの司会。

●●

小堀と雄吉さんと昔から大阪公演で世話になっている荒木先生ら6人で正宗屋、松本ファンのイワヲも・・・・。アマノ論が軸・・・・演劇の側にがどんどん連れ込む私に対して・・・・・・。

べろんべろんになってホテル帰る。

酔っ払って『オールド・バンチ』を見る、面白い。メイキングも面白かった。

※※

12日(月)休日。

さあ、昼2時『鼠小僧』大阪公演、千秋楽である。

超満員の客席、熊本の夢桟敷のサキちゃんが夜行バスで来てくれた、大感激。西堂行人氏も・・・・。あ、演出者協会の原稿書きます。

連日満員好評のうちに初の精華小劇場公演を終了打ち上げる。本当に精華のスタッフの皆さんお世話になりました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。

予想を超える観客の入りに感謝。役者の甲津拓平、里美和彦、阪本篤の3人の身内、友人、親戚と、故郷に錦?

さて、バラシて夜には名古屋へ移動である。

うどんも最後の日!明日は味噌煮込みうどんだぜ!

※※

名古屋七ッ寺共同スタジオ公演は2月15日〜18日の4日間5ステージです。全席「余裕あり」です。

アマノ演出の極北をその目で確かめてください!サキちゃんが言ってたがトップシーンで泣いちゃったとのこと。昨日に続いて見たと言うおばさんに握手されちゃった、こちらこそありがとう。

070ー5565−7729に是非電話予約ください。

なお、流山児★事務所03−5272−1785でも予約受付中です。

ナゴヤで会いましょう、僕たちは元気です。

 

大阪公演2日目、11時体操、踊り、歌稽古。

早稲田から同じスケジュール。

アマノのダメだし稽古。アマノはマチネを見て名古屋に帰る。『美芸公』の台本書き、もう尻に火がついている!NGK近くの信濃そばという肉うどんがうまいそばやでアマノと昼飯。かきそばと肉うどん。来年のスケジュールを話す。出来ればアマノと一緒にヨーロッパツアーを実現させたいと思っている。

アマノも念願の映画もあるし・・・・・。

●●

2時マチネ、イイ感じで乗り切る。

この調子でがんばって!と言い残してアマノは名古屋へ。

今日は2ステージ!

さすがにきつい、台詞がポーンと飛んでしまった、ごめん。

7時の回は満員の客席となる。

アフタートークはごまのはえ氏とライターの金田明子さん、一人で喋り捲ってしまった。これまたごめんなさい。

旧知のジョージ川上氏が見に来ていた,アマノも私も新宿にあったストリップ劇場でお世話になったプロデューサー。

ごま、川上さんらと「正宗屋」で飲む。川上さんはいま大阪芸大の写真科の大学院生、卒業制作で「石見銀山」を撮っているという。

さて今日11日はマチネ2時のみ、アフタートークはわかぎゑふさんと。

当日券あります、ぜひご来場下さい。

明日12日2時の大阪公演千秋楽はまだまだ「席には余裕あり」です。

今すぐ06−6643−7692 精華小劇場まで!

※※

今夜10時NHJK教育テレビ『オールドバンチ』放送です。ぜひご覧下さい!!

いつものように10時集合。

朝から歌・踊り稽古、直し。

2時半からゲネプロ。空間が変わったので大変、声の出し方がまるで違う。

●●

7時半大阪公演初日、超満員。ほっとする。

前売りが出ていたので少しは安心していたのだが・・・・超満員である。

犯罪友の会の武田さん、ウコウさん、小堀さん、深津、ごまのはえ、といったお世話になっている人の顔。制作を手伝って貰っているスタッフ・ステーションのミヤザキさん、精華小劇場のマルイさんありがとう。

●●

初日乾杯のとき、去年の4月に受賞した第11回飛田演劇賞最優秀前衛賞の賞状の授賞式。関西野外劇連絡協議会の武田さんからもらう。ありがとうございます。

で、初日打ち上げ、ゴマ君とアマノと来年の打ち合わせのあと飲み会に合流。ゴマくんが映画『飢餓海峡』の話をして盛り上がる、で、川島雄三の話に・・・・。

 維新派や遊劇体、犯罪友の会の人たちと飲む、皆さんいちおうに感動のてい、良かった。

※※

今日10日(土)は昼・夜共に席には「余裕あり」です。

ぜひふらっと劇場へ、それにしてもうまいものばかりで、全員食いだおれである。

夜7時の回は来年春に予定している新作の劇作家京都のニット・キャップ・シアターのごまのはえ氏とのアフタートークがあります。

明日昼2時の回はわかぎゑふ氏とのトークもあります。

絶好調で大阪公演2日目、マチネ・ソワレの2ステージ。

アマノもうれしそう。2人でうどん屋で昼飯食いながら来年『狂人教育』と『鼠小僧次郎吉』のヨーロッパツアーの話で盛り上がる。

いま、イギリス・フランス・ドイツ・ポーランドという4カ国での上演を企画中、帰京したら動き出す予定、乞うご期待!!

※※

明日11日(日)はついに『オールド・バンチ』NHK教育テレビで放送の日です。夜10時からお忘れなく!!!

リターン本読み2日目。

原本を読む佐和田先生の翻訳本である。

基本的にこれで行こうと決める!言葉の問題は役者と演出部でお互いに1ヵ月半かけて役の言葉にしていこうぜ!となる。

『ハイ・ライフ』の初演と同じ稽古のしょっぱなの構造となる。これでイイ。

1時から5時まで。2回本読み。

私のいない間にテキストレジーという名の台本つくりを役者中心でやることに。千葉、塩野谷ヨロシク!!!

帰り際、塩野谷が千葉や阿川竜一を使って仮のセットのテープの「場みり」(劇の場を決めること)を始めたよ!!

おいおい?!

●●

今日は、「高田馬場」の事務所兼国際部のアパートの契約更改。

不動産屋に。これで20年?ちかく、「天井がアスベスト」の6畳一間のアパートを事務所とすることとなる。こうなりゃ、「住めば都」とは良く言ったモノである。

このアパートにいることが私の「生き方を決める」とつくづく、最近思うようになった・・・・・アジアの人が不法滞在で時々、管理局の人に連れて行かれる・・・・この環境。今の「トーキョーの縮図」のようなアパート。ふーん、いいなあ、これって!!

20年前と環境が変わった。ずーットいるのは「私だけ」・・・・・これもいい。

●●

馬場の駅ですばやく「馬場丼」をかっくらって、7時から新宿のシアター・モリエールで熱帯倶楽部の『デンキ島』(蓬莱竜太作 松村恵二演出)を見る。木暮拓矢が出演しているから。超満員の観客。オメデトウ。

ホンは面白かった、役者たちもがんばっていた。

が、見事に「大人が一人も出ない」奇妙なそれでいてアモルフな青春モノ。その「まんま」、テレビドラマに出来るという脚本。

なんで「演劇」なの?と、どんどん見ているうちに思ってしまう私っておかしいのかなあ?でもこういうホンをどう「演出」するかが問われているんだろうな?演劇業界ってヤツには・・・・・。まあ、ジャニーズが「まんま」やれるホンではあるナ。

芝居が「わかりやすい」「わかりにくい」って何!・・・・・そんな事を考えながら「もっともわかりにくい」ホンを書く劇作家であった金杉忠男さんの事を思っていた。蓬莱くんや田村くんたちは確か金杉さんの弟子筋だったよな?

イイ役者が居たので聞いてみたらキャラメルボックスのH君とのこと。木暮拓矢もがんばっている。

●●

12時近くまで、近くの飲み屋「千草」で木暮、さやかと呑む。森井さんや芝居のひと、多数と何故か出会う。マスターに去年の12月公演『オールドバンチ』の事を聞かれ、2月11日のNHKの放送の事を伝える。

皆さん、そうとうみたかった様子。あと、2年やりますから今年の12月は必ず見てねと答える。 

※※

明日は9時早稲田でヤヌーと待ち合わせ。新幹線で大阪へ向かう。アマノも来て1時から明かりあわせ。夜はゲネプロの予定。

あっという間の13日間15ステージ、東京公演千秋楽。

いつものように4時から歌と踊り・殺陣の稽古40分あまり。

今日は明日の『リターン』の稽古インに向けて翻訳者の佐和田先生と5時から珈琲館で打ち合わせ。オーストラリア演劇についてイロイロ話す。佐和田さんに歌の歌詞までお願いする。

●●

満員のなか幕が開く。全員気合が入っていて気持ちのよい芝居、私は楽しかった。芝居は役者のモノという実感を感じるのはこういうときである。

韓国の林英雄先生、扇田さん。村井さん、高取といった顔。本当に久しぶりに演劇団の創立メンバーでもある奥津さんが見に来てくれた。大感激。大学時代一番世話になった先輩で、信さんの駒場高校の後輩でもある。

「リターン」の大路恵美、千葉哲也も・・・・明日から稽古開始だぞ!

終演後劇団員総出でバラシ、明日のツアー出発に向けて稽古場はてんてこ舞い。

私は高取、奥津さん、千葉、林先生ら数人と向かいの飲み屋「22坪」へ。信さんも来て、初演当時の話し、革命の演劇について盛り上がる・・・・。ゴドー待ち、ブレヒト、面白い話に、林先生は1969年からずーと『ゴドー待ち』を演出し続けている世界的な演出家でもある。・・・信さんの演劇は過激なる「ナンセンス」?に高取コーフン。

11時近くに稽古場に。

全員で乾杯。信さんの簡単なメッセージ。呑む、深夜1時過ぎこれまた信さんの一本締めでお開き。照明オペレーターのつぐみちゃんとはこれでさよなら、本当にお疲れ様でした。大変だったね・・・でもスゴーイ成長だった。

さて、明日から約2週間の大阪・名古屋ツアーである。

●●

さて、今日も忙しい。

劇団のツアーメンバーは1時早稲田で荷物の積み込み、5時の新幹線で大阪へ向かう、明日は朝から難波の精華小劇場で仕込みである。

夕方から私は『リターン』の本読み。

お昼5月30日から6月3日にスペース早稲田で予定している若手公演『金玉娘』台本読み。これも2月下旬から稽古開始である。バタバタとテメエでテメエの首を絞めているよ。「楽塾」と3本かよ!!朝・昼・晩だな・・・・・・。

明日7日は昼から『リターン』本読み。夜は劇団の木暮拓矢が出演している「デンキ島」を新宿モリエールで見る予定。8日朝8時の新幹線で大阪へ向かい1時からの『鼠小僧』の明かり合わせに合流。

私だけが「2日遅れ」のツアー参加となる。アマノまた変えるんだろうな?

※※

大阪・名古屋公演全ステージ今のところ「余裕あり」です。

是非、お友達を誘ってふらっとご来場下さい。お待ちしています!

難波の精華小劇場はとってもステキな劇場です。近くに美味い呑み屋がいっぱい、皆さん、呑みすぎ食べすぎ注意!

.14ステージ目。

明日は千秋楽。昼のみ。

イワヲの息子世蔵(ときぞう)がやってきたソウコそっくりの2枚目。弘子のコドモも。

満員の客席は今日も沸いている。東京公演もあと、1回である。旅のしたくも始めている。

●●

公演終了後飲み会、今日は李さんのプルコギ・パーティ。ジュオンが夕べから準備したプルコギ(日本のすき焼きみたいなモノ)牛肉のスタンダードと豚肉とイカとキャベツのメチャクチャ辛いやつの2種類、美味い。マッコリが合う。翻訳家のカナダの吉原さんと久しぶりにゆっくりしゃべる。

何?鐘下君が桜美林大学で『ハイ・ライフ』をやる?・・・・いいんじゃない・・・。

●●

楽塾に顔出す予定だったが行けず、ゴメン。

久しぶりのTV「風林火山」「華麗なる一族」で手塚治虫の「ブッダ」4~6巻。

※※

さて今日は『鼠小僧』東京公演千秋楽である。

信さん、和田さん、「花と蛇」を終えた高取君もくるという、それから昨日までシアター・トラムで韓国演劇のリーディングで来日中のメンバーも何人か?客席は国際色豊か・・・・。

それにしても今日の千秋楽は忙しい。夕方には『リターン』の翻訳の佐和田先生と打ち合わせ。

 

客席はまだ「余裕あり」です。今すぐ03-5272−1785へ電話予約を!

今日は2回目の2ステージ。」

昼夜とも通路までびっしり超満員。

昼の回も夜の回も笑いの渦、客がノリにのっている。マチネには元黒テントの佐伯さんや初演を見た人が多く・・・・・。それにしても今回は演劇評論家が実に多く見に来るなあ・・・・・。

悲劇喜劇のKさんに原稿のゲラ、フランス大使館の人が見に来てくれてフランス公演の話し・・・・・とりあえず、DVDを何本か送ることに。ポーランドとドイツ公演をもくろんでいるが、この際フランスまでよしとするか?、いや冗談。バンチの肝さんも。

マチネとソワレの間、拓平の誕生日ということで「ミニの稽古」をやりケーキ!イワヲの結婚記念日でもある。

それにしてもイイコンビである。

●●

夜の回には元劇団員の石黒が働いているたんぽぽ保育所の小学生3人が一番前に陣取り超満員。昼よりもノリはいい。

たつまが彼女をつれて見に来た。オヤジがカッコよかったとのこと、うれしいね、ただのバカ親である。

旅が終わったらゆっくり呑もうと約束!!

呑み会のメンバーを見てみると、大内君、リブレの由美子、蒲、久しぶりのパフォーマーになった尚子、高1で出会ってもう9年のマキといったメンバー。たんぽぽの小学生の節分の豆まきで、拓平と2人で鬼の役に・・・・。

谷、イワヲ、拓平、畝部、と同期生たちが一同にしゃべりあってるさまを見るとスペース早稲田という劇場が「イイ役者」を育てた事を実感。

「現場」が役者を育てるのだ!!!

※※

あと2日泣いても笑っても東京公演は2ステージです。

是非ご来場下さい。何故か今のところ、あしたもあさっても客席は大いに「余裕あり」です。

出来れば、流山児★事務所にお電話下さい。

※この3日間お昼までは「余裕あり」ですが夕方までには「僅少」となリ当日券が出て「満員」になるといった状況です。お早めに当日予約下さい!

待ってます。面白いことうけあいます。

※※

3月公演『リターン』の電話予約・一般予約も始まりました。前売はイイ感じで好評発売中とのこと。6日・7日本読み稽古。私のツアー中には塩野谷は仮セットを立てるといってるが・・・・・・。

スペース早稲田が今メチャクチャ面白い!