流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

鼠小僧あと4日、5ステージとなる。

●●

朝から原稿書き、悪戦苦闘の末、5枚。あと15枚どうしよう・・・・・。アト3日で何とかしなければ・・・・・。

いろんな資料は読んでいるのだが・・・・・。

これだよ!でメールを韓国やら札幌やらに。

6月に北海道で「セカンドライフのための演劇ワークショップ」三箇所1か月、9月『オッペケペ』のあと、一か月寺山修司作品の韓国ソウルでの若手演出家育成ワークショップ公演といった「企画」が進行中・・・・・久しぶりに2ヶ月間トーキョーを留守にする!というのは・・・・うん、いいことだ!これ。

久しぶりにきっちり演劇三昧の旅?!

がんばってこの「企画」きっちり決めよう!が、まったく金にはならない仕事になるな!同時期に映画とドラマのオファーも来ているというのに。

●●

「珈琲館」によって昨日の日経新聞をもらい劇場入り。

いつものように1時間稽古。日経の河野さんの短いがいい劇評を出演者・スタッフに読んで聞かせる。

寒い!昨日に続いて凄い!寒波である。受付の米山たちは大変だろうな・・・。例によって今日も「余裕あり」だがほぼ埋まる。

今日の客席は北村真実さん、ムーチョ、サボ、本田実、で2年前に鼠小僧の若手公演で主演したさやか(今、妊娠7ヶ月それにしてものオメデタラッシュ!)春介、石黒といった顔も・・・・。

●●

今日の呑み会はいつもより早く取る。それにしても毎日美味しいつまみがキチンと作られて出る。感謝。

 

明日はマチネとソワレの2回。さあ、あと4ステージ!フルパワーで乗り切るぞ!

 

 

朝から原稿書き。

悲劇喜劇の4月号の「わたしの日録」『オールド・バンチ』の日記を3日前からブログから抜書きしていたら30枚ぐらいになり、それを原稿用紙6枚にしなければならない。これじゃ、6枚、最初から書き直せばよかったと思われる作業となる。

で、今日は3日目。なんとか3時前に書き終え、編集部にメール。

●●

いつのまにかあと5日今日で9ステージ目。

客席はバンチの妹尾河童さん、ベニサンの瀬戸さん,オルガンヴィトーの面々、野鳩の水谷君、評論家の齋藤さん、梶さんといったといった多彩な顔ぶれ。

というわけで、今日も「余裕あり」の席が満員。

役者のイワヲのお父さんは初演を六本木の自由劇場で見ているのだが今回の方が圧倒的に面白いと絶賛、河童さんも同じように初演より面白いと昨日のアニキの批評同様その演技のスピード感と明快で怜悧で批評溢れる演出を高く評価してくれた。

36年前に見たときにはその時代ならではのコトバの印象が強く、今それをやってどうなのだろう?と思いつつ観劇し、意外に「今」にマッチしている事に驚いたそうだ。

 

信さん、36年先を行っていた?あと「運動」と「貧困」というのは変わらないことの証し?

 

でも、親父が見たアングラ芝居を息子が演じるという「時の流れ」にカンドー・・・・うちのタツマはなんていうんだろうか?

 

とにかく、芝居とは戯曲を「今のテキスト」としてどう「使うか」だ!

WEBサイトワンダーランドの村井華代さんから短いインタビューを受ける。何故、今70年代アングラなのか?いまこそ、「他者」と「運動」が必要と思うから!と正論を吐く。これ本気。小劇場運動の原点のテキストを今のカラダでどう読み、どう使うか、が問われている。強いコトバ!

で、「集団のカラダとしてのコトバ」だ。

●●

呑み会、瀬戸さんの差し入れで豪勢な呑み会となる。ありがとうございます。今年もイロイロお世話になります。

あと、5ステージ!!

全力で突っ走ります!ぜひご来場下さい!待ってます!!

え、日本経済新聞に劇評が載っているとのこと。

※※

『リターン』オン・ライン予約が始まりました。2月6日顔合わせ・本読みから稽古インです。千葉哲也、大路恵美、阿川竜一、北村魚、塩野谷正幸の実力派キャスト五人の顔合わせ。

お早めにご予約下さい!

ラストシーンが少し変わった。

演出家不在だがら演出部が演出家と電話でしゃべって試す事にした。

芝居が日々進化している、初日の芝居とはまるで違うかんじになってきている。出来れば、見た人にも「もう一度見てほしい」ものだ。芝居というイキモノ・そこに「いる」役者というイキモノの進化・変容のさまがオモシロイ。初日見た人はきっと今日見るとまるで違う芝居を見た感想を持つに違いない。が、それが芝居の楽しさ・・・・・。

3時から全員で稽古。

ちょうどいい具合に、映像のハマジが来てくれたので一緒にラスト・シーンを変えてみる。夕沈の意見が面白かった。

ゾッとするラスト!!となる。

●●

今日は客席は「大余裕あり」だったが、当日になってどんどん予約が入っていつものように、おおむね「満員」の状況となる。『夢の肉弾三勇士』と似た状況である。口コミがけが頼り。

久しぶりにアニキが流山からやってきた。

嬉しいかぎり。三歳上のアニキ、昔は一緒に芝居をやっていた。『夢の肉弾三勇士』の主役。今回のしばいも嬉しそうに見ている。舞台監督の井村さんとは、大昔に岡田祐介主演の映画森谷司郎監督作品で競演したはなしから始まった、その時、「祥二の事をヨロシク!」と頼んだとのこと。いいアニキである。

蘭妖子さん、V.銀太、いっこう、久しぶりの小林あや、渡辺修ちゃんといった顔ぶれ、で、テラ・アーツファクトリーの林くんといったメンバー。呑み会で久しぶりにアニキとじっくりしゃべる。

アニキいわく最近、ポレポレ東中野で上映していた「1960年三池闘争」の記録映画に当時総評副議長だった若きオヤジ(藤岡三男)が炭鉱労働者のデモの先頭でかっこよく映っていたとのこと・・・・・・ふーん、今度見てみよう。

それにしても最近は金にもならないジャズ・ライブとマラソンにこっているアニキだが、そろそろ役者をやらしたいと私は本気で思っている・・・・・・パワフルな男それでいてめちゃくちゃ真面目な男である。

●●

さて、中日も終わり後半戦。

あと6ステージ、皆さん、ほんとにこのネオ・アングラの傑作見ないと一生の損ですよ!

え、たつまは土曜日・・・・・おまえ、必ず来いよ!親父がめちゃくちゃ「馬鹿」やってんだから。

それにしても芝居というものは「楽しい」モノだ!そうだ、明日千葉の姉ちゃんに電話してみようかな・・・・・・。身内に見てほしいと思う俺って、それなりに、年取ったのかな?

※※

 

なお、 3月公演『リターン』の劇団優先オンラインチケット発売は2月2日(金)より、電話予約は3日(土)12:00〜17:00ハガキ予約は現在受付中です。

『オールドバンチ』の劇評アップしました。続々、月刊誌の劇評が届いています。

 

明日で中日。

いや、久しぶりの13日間15ステージのロングラン公演、旅公演も5ステージずつ10ステージの25ステージのロングラン公演。これで役者の力がつかなかったら意味がない。

役者は客の視線にさらされてナンボである。

●●

今日もD大学付属中・高校の演劇部ご一同様のおかげでほぼ満員の盛況。毎日のTさん、日刊現代のYさん、伊藤裕作さん、バンチの中村哮夫さん、で龍昇企画のメンバー総見。客席の方が凄いフウケイ。

久しぶりに大学の先輩でもある小林達雄さんの顔も・・・・・。

 

今日の呑み会の米山の作ったつまみは豚キムチいためこれもまた美味い!

例によって裕作さんと2次会。夕沈、直美も誘う。畆部と寺めぐりの公演の打ち合わせも?

※※

今日は本当に席に「大余裕あり」である!

是非多くのご来場をお待ち申し上げます!

そうか、今日はアニキが来るのか・・・・さて「中日」である。

 

 

久しぶりの4時集合。

ゆっくり体を休める事が出来た?

劇場掃除、4時半から全員の歌と踊りと殺陣と動きのチェック。照明・音響・映像全てのスタッフが付き合っての45分。これが「いつもの日常」。

で、ソロの歌の稽古となる。イワヲと七緒の喉も元通りに・・・・・よかった。

今日からの客の入りが心配であったが、タクヘイの客でD高校の中等部の演劇部の生徒さん11人が見に来てくれたのでほぼ満員の入り、当日券ものびているとのこと・・・。塩野谷、若杉、に加えて大久保鷹さんも!ガジラの稽古中というのに。

中学生の男の子達達が嬉しそうに反応するのを見ていると「難解」とか言う大人よりも純粋に劇に反応する彼らの方がよっぽどイイ。

帰り際彼らに「20年後も芝居やってるんだぞ!」というと「ハイ!」という元気な返事。

私も中学生の時、6歳上の姉が歌舞伎の『勧進帳』をやったのを見て「演劇」に目覚めた。彼らは、この「ネオ・アングラ劇」を見てどう思ったんだろうか?!

●●

終演後、米山のつくった水餃子のつまみで呑み会。鷹さんとしゃべる。唐十郎の『由比正雪』と『鼠小僧次郎吉』は日本の現代演劇の中でエポック・メイキング的な「革命の演劇」の傑作と意気投合・・・・・。

鷹さんは4月にパレスチナのガザ地区に行くという、一緒に行きたいが「楽塾」の追い込み稽古である。土産話に期待。ノーベル文学賞候補のパレスチナの詩人のリーディングとダンスの公演?ステキな話である。

●●

あと、1週間。

連日、席はまだ、「余裕あり」です。

何、今日もD高校の高校生が11人!、嬉しい限りである。

今日の客席も「若い熱気」でムンムン?!

日曜マチネ。

 

いい天気、ぽかぽか陽気である。

桟敷席も出て超満員。オールド・バンチの戌井さん岩淵さんの2人もやって来た。2月11日(日)のNHKテレビの劇場中継も楽しみ。戌井さんとながーい握手。バンチ以降いたるところでモテモテとのこと・・・・・よかったですね「11月からまた、ここで稽古ですよ」という。。

岩淵さんとは『鼠小僧』と『狂人教育』のドイツ公演の可能性について立ち話・・・・。いやこれマジ!9月『オッペケペ』が終わったら、いけるヤツラと「自費渡航」でポーランドとドイツに入ってみようかなあ?と本気で思っているのだ。

この作品はヨーロッパが似合うと妙な確信。根底にある『ゴドー待ち』に俺がこだわっているせい?

七緒とイワヲの声がヤバイ!芝居よりも終わったあとの「連日打ち上げ」で呑んでしゃべっているからなあ・・・・・・。

まあ、私の声も・・・・・加地くんやヒロシらと例によって呑み会。但し、今日は1時間のみとする。女性陣は事務所で衣裳の大洗濯!ご苦労様。

●●

帰宅し、『鼠小僧★劇場中継』と題した名場面ピックアップのプロモーション・ビデオを編集、今日からホームページ放映開始。是非見てください!!

で、早稲田にホンモノ!を必ず見に来て下さいね。

で、読書でも・・・と思いながら結局は吉右衛門さん主演の歌舞伎『籠釣瓶』ヲ見ながら・・・・途中で眠ってしまった。やはりカラダは正直、59歳の疲労困憊ジジイ?なのだ。

5時に起きてしまう、いくらなんでも早起きすぎともう一度眠る。10時過ぎ、さて「悲劇喜劇」三月号の『オールドバンチの稽古場日録』の原稿を久しぶりのハイドンを聞きながら書くとするか・・・・・。

※※

今日からまだ、8日間9ステージ。この芝居はまだまだ始まったばかりなのだ・・・・諸君、志高く!がんばろうぜ。

あっ、今週中、まだ席は全ステージ「余裕あり」です。今すぐ予約して下さい!当日券もあります。ふらりと早稲田へ!

このブログ毎日読んでいる人間がなんと日によっては2000人以上いるというのに・・・・・なんで?「流山児のチケットで!」といってくれる人、少ないんだろう?・・・・・・と冗談、で、なく本気でおもってます。

とにかく、私いや「僕」!待ってます。

 ※※

それから『オールドバンチ』NHK劇場中継は2月11日放映決定です!!

3日目なのにもう、3分の1の5ステージが終わってしまった。

マチネの回に流山北部中の同級生4人が来てくれた。60歳近い老友である。顔を見たら中学時代に戻るから面白い。

「藤岡君は好きなことずーっとやってられていい」と口々に言われる。考えてみたら中学時代から歌ったり踊ったり芝居したりしていた。それよりけんかの方が多かったりした事もあるが?

●●

2ステージ、パワフルにこなす。

が、夜の回はさすがに疲れ果てる。

重大が嬉しそう。呑む。11時前にお開き。明日もマチネ11時稽古開始である。

※※

本日(28日)残席僅少ですが当日券は充分あります。ぜひ早稲田においで下さい。

なお、来週平日は「余裕あり」です。

というわけで(何が?)3日目。

久しぶりの三時半集合。掃除、ジュオン君が早く来てもう掃除している。ジュオンはどんどんアングラ青年に成長している。うちの新人たちも見習うべき・・・・・・。

全員で稽古場掃除。

4時から1時間あまり歌、踊り、殺陣、ミッチリ。

あれ?今夜は7時半開演だぜ!

●●

音響も照明もミッチリ稽古。

7時半3日目。今日は初めて「満員」とならず、が客の反応はいい。昨日までカツラをつけていた拓平が今日からカツラをやめた。どうしても動きがうまくいかない!から、テメエでカツラをつけると言い出しておきながら、ふざけんな!と思ったがどうしてもうまくいかないという拓平の言い分もわかる、演出家も自分で決めろ!とのことで・・・・・。

確かに動きは抜群に違う。まあ、いいんジャンない。

●●

終演してみたら外は雨。

2人の外国の人の客が来ていたので聞いてみたらめちゃくちゃ面白かったとのこと・・・・・36年前の本なんですよといったらそんな風には思えないという返事。

アングラの持つ普遍性とでも言うべきリアルな世界性がここにある!と確信!

 

さとうこうじ、沖田乱、なぎさ、王様美術のスタッフ、元黒テントでこの作品の頃劇団に入団したというKさんとか全員の面白い感想「わかりやすいよ」に妙に納得。

明日27日(土)昼・夜ともまだ、席には「余裕あり」です。

是非、ふらりと早稲田においで下さい。

尚、28日(日)・2月4日(日)は「残席僅少」です。今すぐ!ご予約下さい!!!つまり日曜はダメよ!

さて2日目。

朝から照明・音響・映像スタッフは自主錬。

1時過ぎから掃除、2時から歌と踊り40分。ダメダシ、稽古5時近くまで。女優陣はメイク開始。李くんは昨日のサボの指導で覚えたてのメイクを自分でやっている。今日から李くんのことはイーさんじゃなくてジュオンの名前で呼ぶことにした。

それにしてもジュオン君は7月の初来日の時はまったく日本語はわからなかったが、7ヶ月あっという間に日本語を覚えてしまった。3本の芝居に出演し今回も主要な役。

●●

2日目、席には余裕ありだったがゾクゾクと当日券が出て、一番前に桟敷席を出す始末。信さんには通路の席に座らせてしまったとのこと。

私としてはイイカンジの2日目であった。いわゆる「2日オチ」にならずに出来上がりつつある。

終演後、信さん、アマノとアフタートーク。36年前のこと今のことをあっち飛び、こっち飛びしながら話す。一人も客は帰らず・・・・・・・好評。

●●

呑み会。黒テントのメンバーと呑む、今回は黒テントのメンバーと良く飲むことになる、6月初旬に若手・新人公演は黒テントの坂口くんの『金玉ムスメ』を予定している。

 

※※

今日も席には「余裕あり」です。是非ふらりと早稲田へ!

ついに初日!である。

11時から稽古場を綺麗にして行く。

今日から稽古場が「劇場」に変わる!このことが大事なことなのだ!今日から早稲田はステキな小劇場に変貌し、ひと時の夢をきっちり見せてやる場所に・・・・・・貧しい僕らの「劇場」にキチンと見に来てくれる人々との「出会い」を如何に大切にするかだ・・・・。

●●

1時過ぎから稽古。予想通り、何箇所も変わった。ライブとノイズ!

で、考えてみたら鼠わずか4回目の「通し」。ゲネプロ2回目。これは「役者の時間」だ!

1時間半ピッタリ。ダメダシ。ええー?また変えんのかよ?で三箇所稽古。でもこれがまた面白いし、凄いんだから文句が言えねえ!

最後のまかないご飯。炊き込みご飯のおにぎりと味噌汁。美味い。本当に米山さんに感謝。ご馳走様でした。

●●

全員でコール!いつものことだが、今回の座長格のイワヲの「流山児★事務所鼠小僧初日ファイト!」

幕が開いた!みんな楽しそう・・・・・難解だが凄い本で、凄い演出である事を実感。

上がってたんだろうな?衣裳間違えていた!すみません。

「満員」の客席。劇団員、やRYU‘Sクラブの人たちといった初日恒例の顔ぶれ。岡島くん、照明の金さん、村井さん。

終演後初日乾杯。

12時近くまで酒宴は続いた。

明日もがんばろう。

スタッフは朝から。役者はお昼過ぎ集合。いつも通りの2時から稽古。明日は36年前にこの脚本を書いた佐藤信さんと天野天街と私の3人による「アフター・トーク」もある。

●●

面白いことは受けあいます。是非早稲田においで下さい。待ってます!あと12日間14ステージ!全力で突っ走ります!