流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

いよいよ今日は初日!

●●

朝から明かり・音響・映像チェック。

で、1時からダンス、歌稽古。

2時半から結局は「止めながらの通し稽古」となる。

これが大変、この調子では「ゲネプロ」が出来ないんじゃないか?と心配するも6時前に終わる。

今日のまかない定食はカレー、冷やしトマトとラッキョウ付。これまた美味い。明日までまかない定食あるのかな?

とにかく、1回目のゲネプロ!久しぶりの「通し」である!

劇団の栗、竜一、さやか、香奈美、尚、祥子らに加えて信さんら客席15人あまり。イイかんじでとりあえず「ゲネプロ」を終える。

俺は少しとちったが、とにかく「通せて良かった」!が実感。でこの芝居やっぱり面白い。

ダメダシ、シンプル。

信さんに感想を聞こうということになったが25日(木)のアフタートークでじっくりしゃべってくれるとのこと。待ってます!

是非、明後日25日多くの皆さん、是非ご来場下さい!!36年前のテキストを今の身体が作るという楽しさ!見事にある種の洗練さがある、が貧しさを豊かなものにする小劇場演劇の凄みがここに確かに「存在」している。それは「役者」ちから、集団としてのパワーである。

 

●●

明日も朝からスタッフは午前中からあわせ稽古。12時から稽古場を劇場にする作業。2時から2回目の本格的なゲネプロ予定。

というわけで(何が?)ビール呑みながら信さんと昔話。途中でネルケの岡島くんが椅子を運んできてくれた。客席に使わせてもらう。感謝。

11時近くまで、衣裳の汚し、セットの直しも同時進行で呑む。

さあ、明日はいよいよ初日!である。

●●

初日ですが席は「余裕あり」です。是非ふらっと早稲田へおいで下さい。早稲田の1番出口から出て右へ曲がってすぐ右に曲がれば徒歩30秒そこがスペース早稲田です。

とにかく見たこと無い凄い芝居!に仕上がってます!

お待ちしています!!!!!

それにしても、見事なセットである。

まず劇場に入れるためがメチャクチャ大変だったに違いない!井村さん、イワヲ、拓平を中心に劇団の野郎どもの力・・・・。

まるで銭湯浮世湯のようでもあり、街角にも、様々に見える。タイルは全部ホンモノだぜ!

水谷さんの早稲田の美術第2弾。こう来たかよ?というリアルでそれでいてシュール。が、これ見たらアマノ明日演出変わるな?いろんなことが出来る美術・・・・。

事務所は女性陣で満杯。サボや尚、新人達が衣裳小道具作り。衣裳は着物を主体にしてのコーディネイトなので、作業が大変。

音響もオペレーターの斉藤くん畝部が美術作業の合間を縫ってセッティング。

かくして、1週間前に小屋入りしたカンジ。が一か月半劇場に私たちはいるのである。これからが正念場。楽しくやろうぜ。

●●

夜は岡本喜八映画大会。1969年の『赤毛』三船敏郎主演、赤報隊の悲劇を描く。ええじゃないかが当時の学生運動、反戦デモにオーバーラップしそうな岡本節。「葵が菊に変わるだけ」

阪神淡路大震災12年目。13回忌である、合掌。

アメリカの「終末時計」が5分前に。核戦争のリアリティ。

で、わがニッポンでは連日のように奇怪な殺人事件。バラバラ殺人、通り魔的殺人ETC。

朝から大雨。

楽塾稽古、集中稽古3日間の初日。

全員、セリフを入れてきている。誰一人台本を持っていない、イイカンジでこれから4ヶ月かけて作品つくりである。

1幕ほぼさいごまでじっくり当る。

最後に4時から通してみる、約50分。このかんじだと二幕1時間45分近くになりそうである。野田戯曲ほぼノーカットでこのテンポだったらいいんじゃないかな?

●●

5時半近く稽古を取る。

5時頃には「鼠」のメンバーが稽古場に。

事務所に行くと水谷さんから美術のプラン図がFAXで送られてきている。いい。

稽古場に。今日は夕沈の振付。わたしは踊るシーンはないのでお休み。

7時半新宿タイ二ィ・アリス。三田村組公演『踊り子、眠る』(作・演出/渡辺純一郎(無機王) を見る。栗原茂が出演している。

●●

三丁目に来たついでで「池林坊」へ。オーナーの太田さんと何年ぶりかにじっくり呑みながら話す。来年の1月にはSpace雑遊を借りることにしている。新宿にいい遊べる空間を安くみんなに提供してほしいものである。

で、なぜか2人でお年始廻り?でBURA、ナジャとはしご。三軒焼酎ボトル入れながら、さすがに3時まで呑むとベロベロでヘロヘロの意識朦朧。

タクシーで帰宅そのまま、キューバタンで爆睡。

朝から『リターン』の直しをやっていたら、今日の稽古はお昼からだという・・・・えっつ?知らなかったよ。

が、歌と踊りのおさらいからだから夕方でいいとのこと。

じゃ、というわけで(何が?)『リターン』の直しを取り敢えず終えて事務所にメール。あれ、『リターン』のチラシがメールで送られてきている。

かっこいい、まるで映画のチラシだ・・・・・・。ミユキの力作。

●●

ゆっくり1時間掛けて早稲田まで散歩。久しぶりに水稲荷神社近くの庭園、早稲田大学の構内と。

事務所にいって年賀状を読む。キシコとココロの写真には笑う。劇団にいたさやかにも子供が生まれるとのこと、ホントーに劇団の周辺は出産ラッシュである、メデタイ、メデタイ。

●●

5時過ぎに稽古場。みんな合わせ稽古。

わたしのシーンも40分近く合わせ稽古。

久しぶりの歌、何故か出てこない!ヤバイ!毎日、稽古しなきゃやっぱダメだな。

●●

帰りは、文学部、学習院女子大を抜けて馬場までこれまたゆっくり1時間掛けて散歩しながら帰宅。

『リターン』の台本に出てくる曲をインターネットで聴く。オーストラリアで流行ったんだろうと思われる60年代の平和なポップスばかり・・・・・こりゃ使えねえな。

●●

1月6日〜8日の3日間のお昼は楽塾集中稽古。

爆弾低気圧再び!らしい。

いったいどーなってるんだ。外は雨・・・・・。

1日中『リターン』上演台本作り。

なんとか終える。

で、今夜のDVD『江分利 満氏の優雅な生活』(岡本喜八監督作品、小林桂樹主演1963年 東宝)

メチャクチャ面白い。EVERY MAN=普通の人の戦後を描く名作。山口瞳の自伝小説をあらゆる映画的手法で、それにしても役者は大変とおもうラストの20分近くは小林桂樹しゃべりっぱなし、それで、画面がもつんだら、凄い。この頃『裸の大将』とか絶好調の頃である。

戦中派の屈折した心情と、戦争が如何に普通の人々が後押しして始めたか、をある種グロテスクに描く喜劇。

戦争を始めたのは「私たち」なのだ!という事を忘れてはいけないのだ!

すべては「経済」という異常な?普通の?欲望の行方?

かくさしゃかいもへったくれもねえ・・・・のか?

何が、この国のカタチだ!

「昭和12年」の早慶戦に熱狂し、熱狂し、浮かれるように太平洋戦争に何も考えずに「突入して行く」日本のEVERY=MENの姿を、醒めて糾弾する秀作。

いまの「美しい國」つくりと同じ状況、この映画いまこそEVERY MENに見てもらいたい。岡本喜八は鈴木清順と並ぶ奇才であることを『ああ、爆弾』と2作見て確認。

●●

で、深夜は新日1・4東京ドーム。

新日本、復活!?を確かめるべく久しぶりのプロレステレビ観戦。

全日本VS新日本対抗戦。2万8000人、いまのプロレス氷河期には善戦とよんでいい。2階席には客を入れていない。

鈴木VS永田戦。 太陽ケアVS棚橋  プロレスらしい戦い。

それにしても、テンコジVS蝶野、武藤組はまだこんなプロレスもあるんだ?という見本みたいで泣けた。

川田に中邑負けなきゃならんのか・体全然大ききなってないじゃん!!

ゴングもファイトもなくなって今は週プロだけになってしまった、プロレス50年の歴史もそろそろ・・・・・・んなことねエエ!!!!!

映画「タンゴ・レッスン」のCD聞きながら就寝。

TSUTAYAでCD6枚借りてくる。

1000円セールってヤツ。映画音楽3枚「ル・シネマ」「タンゴ・レッスン」「黒猫・白猫」で「インドカレー屋さんのBGM」「音の世界遺産」というワールドワールド・ミュージックライブラリー。

黒猫白猫の音楽は「あらゆるジャンルを取り入れているが根本にはジプシーのトラディショナルとキューバの「ソン」との混合物の自由なワールドミュージック」とクストりッッア監督は語っている。

「テントウムシ」ビバルディ・ヴァージョンが泣かせる・・・。でもって、アンデス風だど。

このテーマがなかせるのである。

聞きながら『リターン』のテキスト・レジー。

●●●

インドカレー屋のBGMは瞑想向きとある、何処が?

是聞きながら手塚治虫の『ブッダ』全12巻読むか?冗談。

 

 ●

というわけで、久しぶりにもう一度DVD『黒猫白猫』を見直す。

面白い、このアナーキーさ、見習うしかない・・・・・・キチンと,

これで、ハッピー・エンドだぜ!

人生の何たるかを教えてくれる・・・・・・。俺ももう少しいかれなきゃ!さあ、明日から稽古だ!!!

より過激に、歌劇に、よりラディカルに!「野垂れ死に」への幻視行・・・・・クストリッツアを見ればそんなに怖くない・・・・ウン。

とヨッパライのたわごとを!

あけましてオメデトウございます。

今年もよろしくお願いします。

●●

2007年の正月三が日。

元旦、

除夜の鐘を聞きながら恒例の早稲田の水稲荷神社に初詣。お神酒、帰宅途中、コンビニの近くで篤にバッタリ・・・・・おめでとう。

6時起きで、新宿へ。7時初日の出のニュース。

8時日帰りバスツアー出発。富士山本宮の浅間神社から武田信玄の隠し湯、下部温泉露天風呂、身延山めぐり。

いい天気である。富士山が実に綺麗である。1日中美しい雪の富士山を見続けた元日であった。

浅間神社では猿回しの芸、昼飯はフグ鍋。露天風呂に1時間あまり、身も心もゆったり、椿の花が・・・・・。で、300段あまりの急階段を上って身延山へ、高所恐怖症にムチ打って。

傑作はナンといってもバスガイドさん。60歳。
途切れることなく様々な不幸話しばかりしゃべり続け、(ぶどう狩りツアーでは毎度腹を壊すお客さん続出でまともに高速に乗れた例がないらしい。。こんな話しされたら誰も行きたくなくなるよなー!)

不気味なブラックジョークを1日中ウツラウツラ酔っ払って聞きながらの不思議な元旦バス・ツアーであった・・・・新宿駅で降りるまで不幸話を聞き続け、夜9時、近く帰京。面白い初体験、これにこりずに来年も行こう!?。バスツアーって面白い、いろんな人がいる・・・・・いつかインドにツアーで行こうかなと思っている。

●●

2日、恒例の箱根駅伝テレビ観戦。30年以上のファン。

夕方まで学生たちの戦いを見ながらビールと日本酒。

予想通りの順天堂の往路優勝。

で、喰いすぎ呑みすぎで史上最大になっているカラダを何とかする為に散歩。

池袋まで。ついでに久しぶりのシネマ・ロサで山田洋次監督 木村拓哉主演『武士の一分』を見る。正月の6時の回だというのに観客は10人あまり。池袋も反対側はまるでダメなんだ。さっき、サンシャイン側の映画館は全部満員だったのに・・・・。藤沢周平×山田洋次時代劇3部作というヤツ。わたしは圧倒的に『たそがれ清兵衛』の方が好き、それに比べ『武士の一分』は受ける事を狙いすぎ!こういうのを映像のポピュリズムという。寅さんシリーズが第1作のアナーキーさがシリーズ化されることによってどんどん毒がなくなったと同じである。

が、それは別にしても、キムタクは芝居巧い、それから笹野高史。

歩いて帰宅。

夜はこれまた、恒例の歌舞伎生中継。福助の「切られお富」。そのままチベット列車のドキュメンタリー、寺尾聡の歌に感動。Re Cool・・ねえ?かっこいい、同世代だぜ。

●●

3日、箱根駅伝復路。朝起きたらもう平塚中継所である。

結局、予想通り順天堂の6年ぶりの優勝。

時折、漫才と落語を見ながら最後まで。Wヤングっていいなあ・・・・。

●●

で、今夜のDVDは伊藤雄之助特集:@『忍びの者』(山本薩夫監督作品1962年 市川雷蔵主演) 村山知義の原作の忍者モノ、Aは『ああ爆弾』(岡本喜八監督作品1964年作品 伊藤雄之助主演) 

この怪優タダモノではない!!!

 

大晦日、1日中『リターン』の台本作り。オーストラリアのブログで作家レグ・クリッブの事を調べる、でもってテキストにある音楽も・・・・・。ロルフ・ハリスの曲だったんだ?「悲しきカンガルー」は。歌詞を見直して愕然!こんな意味があったのか?いや、いま、オーストラリア演劇の猛勉強中。

結局、夕方まで8時間以上パソコンに向かっていた。とりあえず、第一稿をなんとか終わる。

明後日もう一度推敲予定。あと三回の推敲予定。『ハイ・ライフ』のときと同じテキスト・レジー作業である。役者の言葉に変える作業。

今度の作品の方がしんどそうな予感?!。

はい、お疲れ様。

今年も終わりです。

7時、近くのスーパーに買い物。酒とつまみ、で、ゴーセイにふぐ鍋とする。

8時からダイナマイトでKIとその他イロイロと・・・・・今年も終わりである。

本当にイロイロありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

ブログも新年は「2日間」のお休みをします。本当は正月の宿題がメチャクチャ多いから・・・・・というのが理由なんですが・・・・・。

とにかく、来年はキチンと休む事も・・・・・・必要です。

 

皆さん、良いお年をお迎え下さい。

来年もメチャクチャのスピードできっちり稽古して1本1本いい芝居を作って行く気です。宜しくお付き合いのほどを、とにかく1月『鼠小僧』宜しくお願いします。

久しぶりの「役者」稼業、精一杯務めます。

とりわけ、久しぶりの大阪、名古屋のお客様是非ご来場下さい!

流山児祥 

2006年12月31日20時近く。

というわけで、正月休みの宿題その1で、朝から1日中『リターン』のテキストレジー。

駅前の喫茶店二軒ハシゴ。

あれ?タプローズが本読みで借りてるよ・・・・ふーん。

夕方まで・・・・。疲労困憊。

で、いよいよパソコンに向かい、直し開始。稽古場から拓平が電話「呑みに来ませんか?」「ふざけんな、こっちは台本直しだ!」と答える。

●●

8時過ぎ、休憩ということでSEIYUにすき焼きの材料買いに・・・・で、舞台監督のソマヤくんにばったり、例年通り「正月飾り」、しめ飾り?を売っている。

1000円の小物を買う・・・・・・。

1週間ぶりの日本酒ですき焼き。

美味い、あっという間にヨッパライ寝ることにする。

サダム・フセイン死刑執行のニュース。アメリカが急がせたのだろう・・・・全ては闇の中。

※※

結局12時間以上寝る。

久しぶりの爆睡、たぶん、久しぶりに脳味噌使っているから、疲れ果ててしまったのだろう。

 いつのまにか「大晦日」である。

お昼近くに起床。

何でも、みんなは朝6時過ぎまで飲んでいたらしい・・・体力の差だな・・・・。

●●

昼飯、塩サバ、美味い。

で早めに新宿に出る。今日こそ・・・・というカンジで『リターン』の台本直し、というか整理。4時半から演出者協会の理事会が芸能花伝舎であるから、西新宿へ。

1時半から3時間以上、久しぶりに喫茶店で台本書き。一気に3分の1、第一次改訂稿。

●●

理事会、来年2月・3月の若手演出家コンクールのこと、同時開催予定のシンポジウムについて。

@兵隊を演じられない今時の身体、戦争を演じられない肉体について。

A演出家の仕事:3「小劇場運動」出版に向けてのシンポ

●●

で、6時半から三丁目の「池林坊」で恒例の大忘年会。瓜生さん、哮夫さん、岩淵さんの『オールド・バンチ』メンバーが3人。忘年会の話題の中心はやはり『オールドバンチ』、何でも演出者協会:演技部というそうな・・・・・・。

老若男女70人?近い大盛況。「池林坊」を初めて使う、オーナーの太田さんに感謝。スペース雑遊という小劇場もオープンし太田さんは新しい演劇の「場」を僕らに提供してくれている。いかに使うか?・・・だ。

20代から80代の演出家がこうして集まるフーケイはいい。坂手洋二、宮田慶子、そしてわたしの3人が司会進行をいつものように務める。

メイン・イベントの若手演出家コンクール優秀賞の授与式。江尻、西村、福原、山口、山田の五人の若手演出家の嬉しそうな表情・・・・・。京都、大阪、仙台といった地方の演出家も・・・・・「三世代同居」の開かれた協会としてさらに楽しい「三世代の演劇をつなげる事業」を来年も進めたいものだ。一人一人の仕事紹介だけで2時間あまり・・・・。

9時過ぎまで。あっという間の3時間であった。

太田さん、来年も宜しく。あれ、香奈美も来て、バンチたちとしゃべっている。岩淵さんも元気そう。

遅くまで新宿で飲む。

 

皆さん、来年も宜しくである。

 

これで、今年の行事も終わり。

●●

さあ、正月の宿題が一杯溜ってるぞ!