流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ずっと前から絶対行きたいと思っていた荒木さんの写真展「東京人生」やっといくことが出来た。

東西線と都営大江戸線を乗り継いで「両国」まで。

江戸資料館6F・・・・・・凄い人出、。

わたしは始めて・・・・・・。江戸=東京の歴史を伝える資料館に入る。

●●

江戸ゾーンをゆっくり見て周り、トーーキョーゾーンへ。

アラーキーの世界。「東京人生」というタイトルの荒木さんの1962年の「さっちん」から現在までのパノラマに圧倒される。

街、そこに在る「生」と「死」。人生・・・・というタイトルどおりの人間の顔、都市の顔、すべてがごっちゃに「存在」している。

『オールド・バンチ』の岩淵さん、悠治さんの顔があったとき「オッ!」である。

3時間あまりいたが、とにかくアラーキーの写真というか、撮る、撮り続けるオトコの凄さにカンドー。

荒木さんの生家のとなりのせんべい屋さんからこの入場券もらって見に来たんだ!・・・・というおじさんと一緒に見ていて、荒木さんという写真家の・・・・ナンというか・・・・・この凄いヒトと40年近い前に会えたことに・感謝・・とにかくいい時間にいられて・・・・感謝。

で、お土産やさんで「東京人生:オフィシャル写真集」を買う1500円。アラーキーの根源がわかる写真集である。

●●

両国でいつも行く、シアター・カイの前の歩道橋の下にある「甘味や」で真っ黒のかつおダシのしょうゆラーメン、相変らず美味い。お相撲さんの手形がいっぱい。

 で、大江戸線に乗って牛込柳町まで。歩いて早稲田。5時に稽古場。ほとんど全員がいる。今日は自主稽古。

歌稽古2時間。その後各チームで時間を割って、10時過ぎまでビッチリ、凄い台詞のきっかけだがほとんど入っている。

明日は「休み」。来週の4日間で、なんとか1回は各シーンを作るモメントを、とりあえず決めることは出来る・・・・・。

●●

生きるということの素晴らしさを伝えてくれるアラーキーに大感謝。

●●

11時近くに帰宅。

今夜のDVDはクストリッッア監督の『黒猫白猫』

久しぶりの大阪。

朝9時起床、東京駅へ向かう。新幹線の中、名古屋まで台本、その後爆睡。

1時45分なんば、精華小劇場。いかん、俺だけが遅刻である。地下の流事務所で記者会見の打ち合わせ。

精華演劇祭6 大阪舞台芸術協会(DIVE)企画「路上の一輪」の記者会見。

指輪ホテルと流山児★事務所が招聘劇団。大阪市の公共劇場である精華小劇場が開催する演劇祭。

昨日まで燐光群が『黒点島』を公演していた・・・・。久しぶりの小堀と深津、羊屋、・・・。参加劇団は大阪の若手劇団。旧劇団スカイフィッシュ、France pan、空の驛舎、劇団金蘭座、そして劇団Ugly Ducklingの5劇団。アグリー以外わたしは知らない。アグリーも11年目だという、池田がえらそうにお腹を見せる4ヶ月、オメデタらしい。オメデトウ。

記者会見、若手劇団のメンバー達の、ういういしい発言を聞くと大昔のテメエを思い出していた。

読売の旧知の田中さんと再会。ライターの金田さんがごまのはえのプロデューサーという事も知る。

4時すぎに会見が終わる。例によって小堀、深津、羊屋らと連れ立って心斎橋まで、途中、法善寺の水かけ不動でお参り。

5時頃からビールと串焼きで大阪の演劇状況について?何処も大変なことだけは理解、協力できる事はやると約束・・・・・。

気が付くと7時過ぎ・・・・お開きにして・・・・新大阪へ。キメでうどん。

夕刊を買うと青島幸男氏死去の報。・・・帰りも東京駅まで2時間以上爆睡。

●●

帰宅してビデオに撮っていた亀田の戦いを見る。亀田ッテ、メチャクチャボクシングできるじゃん、上手いじゃん、の戦い方でランダエダを圧倒。

最後の頭くっつけあって打ち合うさまが前半にもあったらもっとスリリングだったろうに。クレバーなボクサーなんだ。

●●

岸田今日子さん死去のニュースに愕然。ファンだったのに76歳まだ若いのに・・・・合掌。

 

8日間、追加公演を含み10ステージ『オールド・バンチ』ついに千秋楽である。

泣いても笑っても今日で終わりだと思うと・・・・。

●●

スズナリに12時過ぎにつく。楽屋に行くと戌井さんがもう来ている。何でも93歳の文学座創立時の女優さんが見に来るとのこと、一杯だからダメだというと河童さんにチケット頼むといわれたとのこと、93歳のひとを当日券で待たせるわけに行かないと劇場に早く来たとのこと。

ほとんどのメンバーが早めに劇場入り。

楽屋で戌井さんがポツリ。「ぼくは千秋楽が嫌いなんです。なんだか淋しくなるでしょ。」・・・。思わずホロリとしてしまう。

●●

1時からいつものように体操、歌、稽古1時間。小屋入りしてからずっとやっていた事をキチンと。

満員札止め連続10ステージ。千秋楽の幕が大拍手の中開いた。

拍手と笑いと涙とそして全員の手拍子も加わった「青い山脈」の大合唱。

わたしは、通路の一番後ろの定位置で、何度も涙していた。瓜生さんの長台詞に戌井さんの歌舞伎調の名台詞に、肝さんの「湯島の白梅」に、哮夫さんの怒鳴り声に、本多さんの途中の電話のシーンに、この2ヶ月半の至福のえんげきを愛する人たちとの時間に感謝し、涙腺が緩みっぱなしであった。皆さんありがとう。

ダブルのカーテンコール。客と一緒の「青い山脈」の大合唱。

終わった。

●●

「えんげき」というヒトとヒトをつなぐゲイジュツの力の凄さを実感した8日間10ステージであった。

ニューヨークからわざわざこの芝居を見るために飛行機で来てよかったと握手を求められた。様々なヒトが全国から見に来てくれた、九州、北海道、と。本当に老若男女、全ての世代が劇場を埋め尽くした。劇場が本来あるべき姿がここにある。

●●

5時からバラシ。

バンチたちか5時から劇場酒場「ジグザグ」で打ち上げ。悠治さんが珍しく飲んでいる、黒糖焼酎。10時半まで5時間半えんえん楽しい宴は続いた。来年の冬の再会を約束して、河童さんの1本締めでお開き。

わたしは酔いを醒ますため、例によって幡ヶ谷まで歩き甲州街道でタクシーを拾い帰宅。

●●

あたまがんがんだが、日本酒差し入れでもらった浦霞。久しぶりに「三文オペラ」のCD2枚組みを聞き就寝。いつか必ず、『三文オペラ』をやるぞ。

本当に皆さんおつかれさまでした。

ゆっくり体を休めてください。

 

 

今日は、2回目の「運命」の2ステージ。

オマケに公共放送NHKの「劇場中継」の収録の日。

11時過ぎにスズナリ入り。

制作会議、これが大変。様々な事を、制作の3人で話し合う・・・・・・。NHKのスタッフは準備中。デカイカメラが5台も。すごいことになってるよ。

●●

1時からいつものように1時間、体操歌、シーンの稽古1時間。

それにしても、連日の超満員である。カメラが入っているからキャンセル待ち状態。客をリラックスさせるのは岡島プロデューサーの天賦の才。客は初日のお祭り状態の復元となる。

久しぶりの旺なつきさんとか客席には懐かしい顔も。ほとんど完ぺきに近い状態。放送コードというか商品名も取り敢えず自主カット。ちょっとギクシャク・・・・・。

●●

マチネとソワレの間本多社長の差し入れの寿司に皆さんで舌鼓。上手い。梅が丘のみどり寿司。

夜の公演も観客のノリは続く。西堂さんが絶賛、山元さんのホンを誉めている。好評に感謝。

いつもの事だが帰りにスズナリの下で「ありがとうございました」というと「ほとんど」のお客様から「ありがとうございました」と返事がある。こんな経験は初めてである。「ありがとう」が交わされる劇場は幸せである。

わたくし、恐縮の限り。

ほんとにこんな現場にいられる幸せは・・・・・である。

あと1日で終わるのかよ?

連日超満員札止め状態で9ステージ突っ走った。あと1ステージ全力で

「えんげきの力」の凄さをお見せします。スズナリで待っています。

 

●●

哮夫さんのおごりで女性連中とふぐを食べさせてもらう。めちゃくちゃ美味い。ご馳走様でした。目玉が飛び出るような値段であった・・・・?!らしい。すみません。

 ※※

さて、今日は千秋楽!泣いても笑ってもラスト・ステージ。見られる人は最大限の努力をして劇場まで・・・・・・愛を持って、待ってます。

今年度:最大の話題作『オールド・バンチ』お見逃しなく!!!!

朝久しぶりのワーグナー「魔笛」。

キャベツと珈琲。腹筋30回。ああ・・・・・。

1時からいつものように稽古約1時間。この2ヶ月、毎日同じ稽古着でいる三人組。肝さんはドラエモンのトレーナーが定番。

 

 

 

超満員のなか6日目。今日は劇場に「オールドバンチ」全員集合!である。「黒いぬ」を終えた観世榮夫さん、山元さん、河童さん、岩淵さんと9人のバンチ勢ぞろいである。

 

朝倉摂さんが来ているので早速、来年の映像出演の依頼。

来年はメンバーも大幅に増殖予定!

●●

いつものようにあっと驚くようなシーンもあったがつつがなく終了。最後のアフタートーク。本多さんと岩淵さんを除く全員が舞台に上がり最後のトーク、来年もやりましょうと盛り上がり「ライフ・イズ・ミラクル」と題して5回やったアフタートーク、全て満席で終了。

来年もやります。

●●

観世榮夫さんと「いわしや」で呑む。哮夫さん、岡島、瓜生さんらと。瓜生さんの息子さんとお孫さんも一緒。孫娘さんは桜美林大学でえんげきを勉強中とのこと。

久しぶりに観世節を聞く。元気なオヤジである。わたしの愛する2人のオヤジ、瓜生、観世の競演ワクワクである。

あっという間の中日である。

いつものように1時から1時間稽古。

3時超満員で幕が開く。イイかんじで・・・・途中・・・・だったがの中日。佃が一番後ろの席で見ている。

アフタートークは河童さんが絶好調でしゃべる。佃はコーフンしている、カーテンコールで涙が出そうになったという。これから名古屋に帰ってすぐ書き出したいとのこと、ご要望は全て聞きますと客を笑わしてくれる。

岩淵さんは日替わり出演なら体力が持つかもと・・・・。で、町田マリーさんは来年は映像出演ではなく出たい!と会場から発言、沸かせる。

アフター・トークがあったので、すぐ夜の回である。今日はいわゆる追加公演である。外は冬の木枯らし。寒い。

●●

超満員の中、「初」の2ステージ(客の前でやる)・・・・・。

皆さん、やっぱり疲れていらっしゃる・・・さまざまなアクシデント(が、客にはほとんどわからない)を乗り越え全員で走りきった。

本当にお疲れ様。

木村さん、村井さん、藤田さん、斉藤さん、横溝さんといったエンゲキ評論家がずらーっと皆さんニコニコ・・・・・文学座の西川さんが来ていたので戌井さん、劇団で使えよと煽る。

 

●●

戌井さんをタクシーにのせかえってもらう。

久しぶりにプロデューサーの岡島君と来年の事について打ち合わせ。岡島君はこどもに見せる芝居が今必要と力説している。イジメの時代にエンゲキで出来る事は・・・・・・。やる事はほんと一杯ある。

『オールド・バンチ』来年の公演を1日子供たちに見せる!ことから始めるか・・・・児童えんげきではない、教育的でないえんげき。ブレヒトから遠く離れた反教育劇の試み。国ではなく、他人を思う心、他人とモノを創る心を養うえんげき。

来年の「映像出演」を森光子さんと朝倉摂さんにおねがいしようか?!と盛り上がる。文化勲章と文化功労者・・・・・・いいねえ。頼んでみよう。

●●

11日(月)3時公演。今のところ「当日券」充分ありです。

最後のアフタートーク・スペシャル:戌井市郎、妹尾河童、山元清多、高橋悠治、流山児祥の5人を予定。

12日・昼・夜公演にはNHKの「劇場中継」のカメラが入ります。ご了承下さい。

『オールドバンチ』あと4ステージ!!伝説とコーフンの世界に類のないえんげきが、いま下北沢に生まれている。アナタの眼とココロで確かめてください。

『オールドバンチ』3日目。

今日からマチネ公演のみ。12時過ぎ劇場入り、1時から体操、歌、で1時間あまり。ちょっとしたブレがあるもののイイカンジで3日目を終える。相変らず超満員。客席の後ろで立って1時間半。

アフタートークは瓜生さん、中村さんと。

●●

アフター・トークを終えて走って駅まで、井の頭線、地下鉄を乗り継いで早稲田まで。肉まんと野菜ジュース買って稽古場に・・・・・。

6時から『鼠小僧次郎吉』の稽古イン・天野と夕沈が名古屋から来ている。本読み、ト書きを美術家の水谷さんが読み2回読む。

●●

わたしだけ9時前に稽古場を抜け、タクシーにのって西新宿:芸能花伝舎まで、大久保通りから青梅街道10分もかからなかった。8時半からの本演出者協会の事務所で恒例の「若手演出家コンクール:最終審査作品(優秀賞)決定審査会」。

夏から続いている審査の中から4作品を選ぶ日である。

和田、篠崎、森井、貝山、大西、西沢、瓜生、流山児の8人が第2次審査審査員。青井さんがオブザーバー参加。

例年、深夜を超え、時には朝3時近くまで激論が続く審査会なのだが、今年はあっさり11時前には決着がついた。例年より、審査員が強力に推したい作品がなく相対的評価ということに・・・・それでも最後の方になっていつものようにもめ、けっきょく今年は5作品選出という事に。来月号のシアター・ガイドで発表となる。授賞式は12月29日新宿:池林坊で開かれる演出者協会主催の大忘年会の席上となる。

審査終了の後大西君が電話する。電話の向こうで感激している有様が・・・苦節5年なんてヤツもいる。7年間続いているこの若手コンクール確実に若手演出家の登竜門になった。が、決して「権威」にならないようにしなければ・・・・。

例によって、青井さん、和田さんらと近くの居酒屋でお疲れ会。早めに、といっても1時近くに切り上げタクシーで帰宅。

 1日中トーキョーを駆け回っているようなカンジのハード・デイであった。まさに師走である。もちろん、俺は「師」ではないけど・・・・・・。

明日は4日目、中日である。和田、貝山、森井さんにチケット頼まれる。席はないというのに・・・・・。青井さんにも・・・・。嬉しい悲鳴。がんばるぞ!!2時から天野と打ち合わせ。

●●

『鼠小僧』ただいま、優先予約ハガキ受付中!早めに申し込んで下さい。

こちらも「完売必至」の定員70人の早稲田公演です!!

2日目。

ゆっくり寝て、2時過ぎ芳林堂、結局「文学界」を購入、クローデルの討論を読み、岩波文庫の『繻子の靴』も買う。

3時過ぎに下北沢に。で、また本屋と喫茶店。

何故か、ぜんざい。

●●

4時過ぎ劇場入り。芝居の始まりのアナウンスから暗転のところを変える。5時半体操と歌。

6時過ぎには終わる。5時には当日券の列が出来ていた。

超満員の2日目である。立ち見も・・・・・・。昨日と違って今日の客席は圧倒的に若い観客で埋まっている。黒テントのメンバーが総見。斉藤晴彦さん、さとうこうじも・・・・。高取や福田善之さん、日刊現代の山田さんの顔も。岩淵さんもいる。千葉哲也、山本亨、梅沢昌代といった顔も・・・・。凄い人の群れ。

●●

今日もいろんなことが起こった。暗転中に役者が客席に落ちるは(支え持ち上げてくれたお客さんアリガトウ。)、思わぬ箇所で台詞は飛ぶは・・・・(戌井さんが元に戻したのには感激!感動!)・・・。

そして客席は昨日以上に沸いた。

とにかく前代未聞のえんげきにみんなビックリしている。客席と舞台が共に呼吸する「えんげき」である。

アフタートークも沸きに沸いた。

●●

岩淵さん本多さんとわたしの3人。岩淵さんのエロ話と戦後責任のはなしには笑った。

岩淵さんと高取、山田さんと呑む。高取の次回公演『花と蛇』で盛り上がる。紘子に行くと塩野谷ら。亨や千葉、梅ちゃんと少ししゃべりタクシーで帰宅。明日は1時集合。

明日からマチネ公演。

オマケに夜は『鼠小僧』の本読み。でもって、9時からは花伝舎で演出家コンクールの徹夜?の審査会。もう、忙しいったらありゃしねえ。

 

 

ついに『オールド・バンチ』初日の幕が開く。パラダイス一座の幟がスズナリの劇場にはためいている。

今日は2時から公開ゲネプロ、結局、今日は2回公演と同じ・・・・・。

12時体操開始。これからの本番の日常である。

歌のシーンのおさらい。今朝のNHKニュースで今日の旗揚げのニュースやっていたとのこと・・・・。

で「ラスト・シーン」の直し。結局は5回、やり直し・・・・・・。決める。

●●

2時からゲネプロ。

半分以上の客、60人近くの人の前でゲネプロ。文学座、黒テントの若手メンバー、そして劇団員ら昨日以上の反応、役者は「普通に」きっちりやっている。小林勝也さんが嬉しそう。

●●

ついに本番。金払ってみる客と関係者の違い、客が一番ノッテイル。

開演のアナウンスで拍手。トップシーンの映像で大拍手。メチャクチャ、受けまくる!というか客席はまるでお祭り状態。大爆笑!オマケに拍手がなりやまないし、途中で起こる笑いもハンパじゃないし。笑いで台詞が聞こえない有様。

役者達はノリまくるし・・・・2ヶ月の稽古の成果で、誰も途中で演技がブレない・・・・凄い!!涙が流れた。ありがとうございます。

予想を超える反応に一安心。

36年間芝居をやっていて「300本以上」の現場にいたが、今回ほど客席にいて、心臓がどどきどきした事はない・・・・・楽しかった。観客の皆さんの力に感謝。劇場にいられる事に感謝。エンゲキをやっている事に感謝。その全てに感謝。

とにかく、今回ほど観客が芝居に参加=創っている!事を実感したことはないだろう?とにかく楽しかった。皆さんありがとう。

「芝居の半分は客が作るのだ」という寺山修司の言葉がふと、よぎった。

「青い山脈」の160人の大合唱!がスズナリにこだました。

●●

「超満員」の初日であった。

いろんな人が、こういった芝居を切実に待っていた事を実感した1日でもあった。実験的で、実に大衆的なコメディ。3年間続けられる実感。

扇田さん、高橋さん、小田島さん、梶さんといった評論家の皆さんに加えて河童さん、元さん,水谷龍二さんらがずらりと並んで劇場の「最後尾席」あたりに座っている様は壮観である。あ、それから今回出演依頼してスケジュールの都合で参加できなかった文学座の加藤武さんも、戌井さんに「掛け声」掛けている。次は必ずやりましょうね・・・・・。

※前売り券は全て完売ですが「当日券」用に充分とってあります。開演1時間前から階下の受付にて発売します。

※ぜひ、ふらりと下北沢スズナリにご来場下さい。待ってます!!!

 

さて、いよいよ本日7時『オールドバンチ』初日です。

昨日は朝から10時近くまで、「場当り」「明りあわせ」

そして1回目の「通し」。

これが凄い!ほとんど涙が流れんばかり・・・・。いい!

テレビクルーがちょっとうるさいが、オマケにNHKのニュースまで取材には協力したいが、役者の皆さんには集中してもらいたい。

●●

疲れ果てたバンチたちの底力に敬服。

戌井さんとタクシーで帰宅。早稲田の自宅までお送りする。

●●

「通し」を見て本当に凄い芝居が生まれていた事を確認した。お客さんも50人以上、演出卓前は満員。明日のゲネプロも関係者や取材で超満員。

楽しく、楽しくやりましょう。