流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

久しぶりに早起きで近くの病院へ。足の親指がこの半年近くジーンとしびれるので、血液検査。結果は来週のお楽しみ。糖尿病?脅かすなよ!である。

という訳で、これまた早稲田通りで久しぶりのふくらやでちょっと遅い朝飯。日替わり定食。前は玄米だったのに今日は玄米はありませんとのこと。

早稲田まで歩いてシャノアールで台本読み。これからの稽古予定、演出部打ち合わせ。

1時前、共同通信のA記者の取材。シルバー演劇特集らしい・・・・各紙が蜷川さん川村くんそしてパラダイス一座とこの年末はシルバー演劇で大忙し?

私の企画は、いわゆるゲージュツ=演劇業界(プロ)から遠く離れた(フツーの人々)による「演劇のかくめい」へと向かう!

●●

肝さんが2日ぶりに現場に復帰。

じっくり宴会のシーンから、これが短くなっても7分あまり、もっとシンプルに、でもサイコーの馬鹿馬鹿しさも・・・・・まだ時間は充分ある。

ラストシーン近くの稽古じっくり。

戌井さんがメインなので。が、先生、もう一回やりましょう!と元気一杯。

5時でとりあえず稽古を取る。シーン3は25分ぐらいのシーンになる予定。

●●

私は汗だくのTシャツの上に背広をはおり、走って学習院女子大学まで今日から韓国の演劇集団反の『くさびを打て』初の来日公演。友人のキム・タン・イルがプロデュース、作:カン・ウンギョン 演出:パク・ジャンヨル)。 5時の開演予定だったが仕込が遅れて5時20分開演。ちょうど私がついたらすぐに始まった。間に合ってよかった。

真っ白のセット、1章は?だったが2章にはいって急展開。「自殺クラブ」の物語。結局は誰も・・・・・だが。

役者のレベルは高い、劇団創立10年。

それにしても、客が淋しいのが残念。このブログ見た人は是非いってほしい。馬場の学習院女子大やわらぎホール、11日(土)1時と5時の開演です。「感劇市場2006」の企画なんだからもっと女子大生が「感劇」していると思ったのに・・・。

アフター・トークも聞いて帰宅。レセプションは失礼した。毎日のTさんや評論家の七字サンの顔も・・・・。また、青年劇場や日韓演劇交流センターのメンバーの顔も。

これまたヨルは久しぶりの大分ラーメン。

アパートで日本酒八海山、冷凍庫に入っていた夕べのまぐろの刺身を解凍。

今日の現代思想を《読む》は「ソシュール〜言語と差異の体系」

●●

結局、今日も塩野谷の芝居は見られなかった。明日こそ必ず行く!ゴメンな。てっぽう玉『満ち足りた散歩者』12日(日)まで下北沢「劇」小劇場で上演中です。是非!

寝る前に、12日(日)2時開演の駒場アゴラのモンキー・ロード公演『えんかえれじい』にゲスト出演の歌の稽古1時間。

まあ、こんなもんだろう。 もちろん今回はロックでもフォークでもないもちろんド演歌「酒よ」!でも俺のはブルース・ヴァージョン?

ボロアパートだからこんな夜更けうるさいか、ウン睡眠妨害である?やめて寝るか。

取材ラッシュである。

お昼過ぎ稽古前に戌井さんと一緒に読売新聞S氏の取材。戌井さんの話しに感動。自分の可能性、これからの事をきっちり、他のいわゆる新劇団からオファーがあってもでてなかったでしょう・・・・にはビックリきちんとしなきゃと改めて・・・・。みなさん、いのち削って舞台に立つのである。

シーンを1・2・3と分け稽古することに。トップシーンの5分あまりは体操代わりに毎日、で今日はシーン2をミッチリ。

最後にゴーインに通してみる。全員完ぺきにに台詞は入っているしその「場」にきっちり「いた」。おもわず拍手。

肝さんが仕事でNG、塩野谷が劇小で本番中。舞台監督の真理さんと助手の創が代役。創は今日から三味線の特訓もある。真理さんが実は三味線の名手である事も判明。さすが元黒テントの役者さん・・・・・。

少し早く稽古を取る。明日はシーン3である。

北京で瓜生さん、哮夫さんと夕飯、上海焼きそば。ビールと紹興酒、軽く。

●●

今日は塩野谷の初日だから本来劇小に行くべきなのだが、昨日行くはずだった森下ベニサンピットに。

桟敷童子の新作『海猫街』(作:サジキドウジ 演出:東憲司)を見る。凄いセット、劇団でしか出来ない作品。日露戦争後の石炭産業の始まりと共同体の滅亡を描く大河ドラマ?『泥花』で私の琴線に触れた東ワールド、今回も楽しめた。いろいろ感想はあるが書かない。超満員あと4日間がんばってください。重大もがんばっている。

久しぶりの朱さんと開演前の立ち話。下関で優作と同級生、ベニサンで優作がやっていたので是非やりたかったと期せずして昔話に。南谷さんが抜群にかっこいい悪役。私は昔からのかくれ南谷ファン、いやホント。

●●

で、瀬戸さんと蕎麦屋で飲む。瀬戸さんが実に楽しそう。ごひいきのサジキドウジの初ベニサン。

バンチの皆さんがしゃべっていた昭和30年代のフーケイの話に。ベニサンは戦前から三階立てのビルだったとのこと。肝さんの山手線一周20円の新婚旅行のカンドーばなし。当時は山手線一周10円だったのである。そういえば『すべてが狂っている』で国鉄10円て出てくるな?ビンボー役者が新婚旅行に山手線・・・・・いいいなあ。ロマンティックなはなし。肝さんというとこしえに優しい人のエピソードである。

当時東京はビルなんてほとんど無く、渋谷道玄坂の向こうには富士山がくっきり見えたし、六本木の俳優座の前かtらは東京湾が見えたという。

 

 

本番まであと1ヶ月。折り返し地点である。

約2ヶ月の旅、じっくりゆっくり行きましょう。

3日ぶりの稽古。今日は音楽の悠治さんが参加、岩淵さんも。

トップシーンから、悠治さんの生ピアノ、これだけで至福の時!ってかんじ、凄い。

岩淵さんの歌ブレヒトソングがこれまたイイ!アカペラで歌って貰ったのだが・・・・本番の映像では毛皮族の町田マリーさんとのデュエット!

3日ぶりのせいか時々台詞が抜けたり妙に合わなかったりといろいろ、いったり来たりの旅である。

●●

稽古後半、イープラスとシアター・テレビジョンの取材。稽古風景とバンチメンバーのインタビュー。皆さん簡潔に決めて答えていられる。近日中に放送予定。イープラスの安藤さん本当に忙しそう、カラダには気をつけてね。

5時間近くの稽古に今日から入った。仮のセットと小道具のソファーや小物も入った。真理さんがてきぱきと進めている。音響の松本さんも来たしさあ、あと1ヶ月、ほとんど台詞は入っている。今週中は塩野谷が劇小劇場で本番中、創の代役で兎に角ラストまで稽古する。

来週からピッチを上げる予定。いやいや、じっくりゆっくりだ。

●●

久しぶりの「つけ麺大王」で肉にら炒め定食とビールの夕飯。

みかんとりんごと柿買って事務所に差し入れ。畝部が海外公演の書類締め切りで大変そう・・・・。

本屋で立ち読み2時間、早めに帰宅。

今夜のDVD『すべてが狂っている』(鈴木清順監督1960年作品・川地民夫主演)無軌道の青春モノ。小百合ちゃんもチラッと出ている。戦争の影が残る映画。今、見ても清順さんのスタイリッシュな映像の原点がここにある。まさに狂った映画・・・・それでいて、メッセージがきっちりある。

皆さんこの珍品見たほうがいい。トップシーン見ているとおや、戦争映画が始まるのか?と思っちゃう・・・・・。

が、「すべてが狂っている」のは今かもしれない。日本の教育現場はどうなっているんだ?連日起こるいじめによる自殺。

子供達が自ら死んでいくイジョーなフウケイ。何が教育基本法改正だ!

SIONを聞きながら現代思想の本を読んでいると凄いスピードで読める。ニーチェにはSIONがお似合い?で「音読」する事に。呆け防止?

「ニーチェ〜哲学=真理の破壊者」58ページを音読する。

お昼過ぎから楽塾連続稽古2日目榎町区民センター。全員集合なのでどんどん行こうか?と思いきや稽古場が2時間おきに変わるということに・・・・・最初は調子よくやっていたが・・・・・兎に角台本持っていても先に進めないので歌覚えて下さいといって、夜の音楽稽古はパス。

 

劇団の稽古場はてっぽう玉の最終通し・・・・入ろうかと思ったがやっぱりやめる。楽しみは本番にとって置こう。

 

久しぶりに「とおる寿司」。マスターに伊藤さんと待ち合わせ?と聞かれる。『オールドバンチ』のポスターをみて驚かれる。

ニュースを見るとフセイン元大統領に死刑、とアメリカの中間選挙の特集。ブッシュの支持率が30パーセント、イラクで米軍の死者が月101人など・・・・。世界で最も怖れられている人物NO1がビンラディンNO、2がブッシュ・・・・・・。

 

帰宅、モーツアルトの「魔笛」を聞きながら現代思想のおべんきょーその2:フロイトである。〜無意識はなにを語るか〜の音読。眠くなる。

今日は楽塾連続稽古の初日。

久しぶりの自転車。早稲田大学の近くになるとすごい人の群れ、早稲田祭である。

榎町区民センター、今日の稽古場は地下のホール。時折区民のための葬儀場になるところ。歌の稽古をやっている時には気がつかなかったのだが台詞になったらワンワンいって稽古にならない。読経には適しているのかもしれないが・・・・反響しすぎてこれじゃ稽古にならない。

明日は稽古場小さすぎて今度はあまり動けない・・・・あせることはないゆっくりやりましょう。

2日遅れのハッピー・バースデーでいろんなケーキ。ありがとう。

稽古場では「てっぽう玉」の稽古の追い込み。今日は2回の通しだとのこと。韓国のキムさんたちも見学にきたという。私は今回は稽古場をのぞかないことにしている。劇小で本番を見る。

『満ち足りた散歩者』は佃ワールドというべき不条理ナンセンスがつまった傑作戯曲。塩野谷正幸と直井おさむがどう造形するか,期待している。

 月刊新松戸11月号が送られてきた。表紙の裏に1面広告のように『オールド・バンチ』のチラシがのっている。大脇編集長に大感謝、25年以上の連載なのだが×万部のタウン誌の表紙の裏に・・・・。がんばるぞ!

劇団のホームページの表紙がすっきりシンプルになった。

●●

帰りは歩いて・・・・・早稲田は相変わらず学生たちでごった返している。すごい人の群れを抜けて散歩である。

帰宅して読書。

テレビで18年前に死んだ松田優作特集をやっている。11月6日は優作の命日か・・・友人の金子正次が『竜二』という映画を残して40歳の若さで彼岸に逝ったあと、すぐ優作も逝ってしまった。それも2人とも同じ11月6日!にだ。

いつか芝居やろうよと金子の遺作集『竜二・ちょうちん』出版のパーティーたしか新宿?でしゃべったのが優作との最後の会話である。若いころ金子や優作とは幡ヶ谷の飲み屋でよく飲んだものである。あのころ私は笹塚に住んでいた・・・20年以上前の話である。

金子は山崎哲のつんぼ桟敷の解散公演『新撰組始末記』にでていて親しくなった、これまた死んだシナリオライター内田栄一氏を通じて優作とも・・・時の流れはあっというまである。

金子の弔い合戦でオレは『血風ロック』を撮ったところもあるし内田さんは優作と金子のために『きらいじゃないよ1・2』を撮ったところもある。

優作は映画スターでありながら、ベニサンピットでこつこつ実験的な芝居をやっていた。私の『マクベス』に出演してくれた女優Sも出演していた・・・が私は一回も見ることがなかった。いまにしてみれば・・・・・実に残念である。

山口猛の『優作、炎静かに』を読み返す。

明日が優作と金子の命日である。

金子も優作も同時代を壮絶に生き、鮮烈な生き様を残して逝った貴重な戦友たちである。

合掌。

 

韓国の演劇集団「反」のパクさんと照明家そしてプロデューサーのキム・タンイル、劇団の留学生イ・ジュオンが学習院女子大学の北門で待っていた。

5分あまり遅刻、ごめんなさい。

生まれて初めて学習院女子大なんてとことに入ったぜ。ふーん女子大ねえ?綺麗なキャンパスである。

地下にある大教室兼ホールやわらぎホール200人収容の階段教室状の劇場、照明も音響設備も。ユニーク・ポイントの山田さんがキムさんらの東京公演の制作を手伝っている。

今日は、鳴海康平くんの演出で11月6日公演する三島由紀夫近代能楽集の舞台稽古をやっている。久しぶりにスズキ・メソッドを見る。台詞はマクベス。ふーん。そういえば去年の BESETO演劇祭でここ使ってたっけ・・・・・・。

 

で、パクさんらの歓迎飲み会。日韓のこれからの交流について10時近くまで呑む寄せ鍋を囲んで。ボトルはあっという間に空いてしまった。

 

馬場のウイークリーマンションに15人で泊まるとのこと。来年6月必ずソウルに行ってワークショップやる事で一人盛り上がる?!

上手くいけば来年春から夏にかけて、香港でワークショップの予定だからその後ソウルに行けばいい。ジュオンと去年の留学生ジフンに手伝わせればいい・・・・と勝手にタンイルと決めているよ。

タンイルはソウル近郊にアトリエとして農家を買ったとのこと!凄いなあ。

熊本の実家である俺んちなんか、20年前二足三文でうっぱらわれったけ、が、その後何も立て替えられなくて今でもボロボロのまま朽ち果てようとしているというのに。2年前『盟三五大切』の南九州ツアーで「涙のご対面」をしたものだ・・・・・。

流山の家もなくなったし・・・・まあ、俺には家とか土地とか財産とか似合わないか。

ビンボー暇なしの志高い河原乞食人生である。オレは演劇フリーター(自由人)だ!と開き直るゾ!

 

●●

今夜のDVD『レジェンド・オブ・ゾロ』(マーティン・キャンベル監督 スピルバーグ製作総指揮 アントニオ・バンデラス主演)  どうでもいい娯楽作品。ガキの頃見たゾロのほうが・・・・・。

で、夜中2時過ぎにビデオ返しに行ってまた借りてきて

『拝啓、天皇陛下様』(野村芳太郎脚本監督 渥美清・長門浩之主演)を4時まで。名作!何度見ても傑作。役者が凄い!加藤嘉サンを見ていると鬼気迫る、って感じ。『砂の器』も見たくなったぜ、野村監督って凄い監督なんだなあ・・・・。

 

明日は楽塾、榎町の区民センターである。

睡眠不足の日々が続く・・・・・。

前売好評につき『オールド・バンチ』追加公演!が決まりました。

10日(日)夜7時の回!です。

今日(3日)から流山児★事務所オンライン・チケット、TEL・FAX・メール予約のみで承ります。

プレイガイドはチケットぴあ・イープラス全て「完売」です。

劇団にはまだチケットはございます。ご希望の日を問合せの上、事務所にてお買い求め下さい。

前代未聞の演劇の革命、「かくめい」とひらがなで書きます、ひとのココロがイノチがアラタまるエンゲキを目指してあと33日突っ走ります。

多くのお客様のご来場お待ちしています。

●●

韓国の劇団「反」のメンバーがお昼過ぎ来日した。制作のキムさんから電話。学習院女子大学で公演、夕方5時下見とのこと。北門まえで待ち合わせする。

たつまからお祝いの電話。来年は赤いちゃんちゃんこだね、終わったね!といわれたので赤い革ジャンにしろという、でこれからオレは今まで以上に世界中を回ると宣言。

多分来年の誕生日は今の予定だと確実に海外である。

 

 

今日は59歳の誕生日。

いつもの日常である。

今日の稽古からグーパー体操とトップシーンをまるで準備運動のようにやる事にする。1ヶ月この調子で行く事にする。

トップシーンの5分間これで決まる!!

塩野谷が稽古に参加してくれる。取り敢えずこれで3分の2が来週から本立ち稽古に入れるゾ!!

稽古ラスト近く稽古場が暗くなってバースデー・ケーキ。嬉しいなあ、みんなありがとう。

 

明日から「てっぽう玉」の『満ち足りた散歩者』公演の追い込み稽古の為早稲田の稽古場は使えない、3日間の休み。皆さん、これが最後の連休ですよ。ゆっくり台詞入れてくださいね。

代わりに土・日楽塾集中稽古を入れる。

つまり、世間は三連休だというのに、私はいつものように「休みなし」である。これでいい、これが私のいつもの日常である。

●●

で、稽古場の上の「北京」で59歳の誕生祝い。瓜生さんと哮夫さんのおごり、ご馳走様でした。若手の女優とスタッフも一緒で賑やか。

で、6時に抜けて、初台まで。

●●

16年ぶりの鈴木忠志演出作品SPAC公演『シラノ・ド・ベルジュラック』(E・ロスタン作鈴木忠志構成演出)を新国立劇場で見る。

1時間25分、相変らずの鈴木ワールドというヤツ。批評は書かない。10年以上前鈴木氏とはイロイロあったが、取り合えず今日は久しぶりに挨拶、握手。お互いに年をとった、というのが実感。

それにしても彼我の「生き方」の違いである・・・・これだな・・・・これが実感。

1969年早稲田小劇場入団から始まった私のアングラ人生・・・・・まだまだ途上である。

兎に角、いけるところまで行く、遠くまで行くしかない・・・・。そこには未知の友が、無所有の人々が「いる」。

 いまだ途上にて。

野垂れ死に幻視行!・・・・という1968年私達が叫示したコトバが実感として近づいてきた・・・・ワクワク、ドキドキである。

バンチの現場にいるとテメエがガキだと実感するぜ。

●●

今夜のDVD『THE 有頂天ホテル』(三谷幸喜脚本監督作品)スゲー役者使ったゴーセーな映画だが実に薄っぺらい、ソコソコ笑える処が許せねえと、そーいった意味では三谷監督は上手い、緻密な映画監督なんだろうなそれにしても伊丹作品に似てるな作りが。

 で、今夜も3時まで。

 

朝から原稿書き。

で、新聞の整理。ガキの頃からやっているいわゆるスクラップ。2か月分の新聞の中から面白い記事だけを切り抜く。3時間。

いつも思うのだがこのスクラップつくりの時ほど「世界」は血みどろ模様であるという違和。

この習慣は学生時代から、「世界」を「文学」を「歴史」をハサミでチョキチョキ切り取る快感。

 

夕方、ゆっくり散歩しながら稽古場へ。

「おかあちゃん」で定食。ロールキャベツと刺身650円なり。上手い。ここのオヤジが面白い人でここ10年いつも行く定食屋。

●●

3日ぶりに『オールドバンチ』の稽古。

今日から塩野谷がNG。来週から『満ち足りた散歩者』の本番、まあ致し方ない。で、前半の塩野谷が登場するまでをあたる・全員せりふが入った。これで、一安心。明日から塩野谷の代役を立てて皆さんが完ぺきにセリフを入れる為の稽古2週間。

13日からが本格的な決め稽古となるだろう。

山元さんが稽古場に。嬉しそう。稽古を見ていて、ラストシーンをもしかしたら書き換えるかもしれないと言い出した。元さんの話にノル。

より過激にナンセンスにである!やろうぜ!

映像の使い方を考えている・・・・・・・。

例によって呑み会。戦後、60年安保、70年安保、と様々の話題。そしていじめと教育基本法改悪問題までアツーイ激論11時過ぎまで。

みなさん熱い!

●●

前売完売の日が続出。追加公演を決める!明日発表できると思う。

とにかく面白いモノに出来上がりつつあります。追加公演やってもいいですかと戌井さんに聞いたら役者やった事無いから1日2ステージの疲労感もわからないから・・・・・いいですよには絶句。

●●

今日はDVD200円の日。

『THE有頂天ホテル』『レジェンド・オブ・ゾロ』『V FOR VENDETTA』の娯楽作品3本。あ、もう一度サム・ペキンパー監督の『ワイルド・バンチ』借りようと思って入ったのに・・・・・・これだよ。

結局、今夜も12時過ぎ帰宅かよ。

今日も忙しい日々であった。

朝から原稿書き。

お昼過ぎ、2時から池袋芸術劇場小ホール1でピープルシアターの『砂のクロニクル』(原作:船戸与一 作・演出:森井睦)の千秋楽を見る。

飽きずにハードボイルドの傑作を見る。前に福田善之、横の松本祐子という客席。真ん中にベッドとトラックと戦車というセット、加藤ちかのなかなかいいセットである。30人近いキャストが縦横無尽に良く動き実にはっきりしゃべる。

最後のオペラ歌手が意味不明だったが楽しく娯楽として見れた、森井さんの苛立ちとエネルギーしっかり受け取った。

劇団の25周年公演とのこと、オメデトウございます。

●●

有楽町線、東西線と乗り継いで早稲田まで。

事務所について米山と今月の総会の打ち合わせ。

来年度のスケジュールについてが総会の基本テーマ。

で、「企画委員会」を立ち上げようという事に・・・・・谷宗和が委員に立候補。来年秋に予定している香港とのコラボレーション企画『人形の家』については大方のメンバーが賛成。新人たちの大半をスタッフとして連れて行くことにする。

それにしても、劇団という者はヤッカイなモノである、30人近くの人間が集団=芸術を目指す、その根拠を常に点検するしかない!!でも、つまり「ここにいる人間とやりたいか、やりたくないか」だ。

あと何年、このしんどくて面白いことにテメエが等身大で付き合えるかということに思いをめぐらす・・・。

●●

アツシと直美と畝部と4人で早稲田で飲む。竜一に電話、香港には笑っていたがやるという。

楽しく来年もいろんな事をやりたいと思っている。いつもいっているが「芝居はやったもんが勝ち!」どうせ銭にはならねえんだから・・・・・!とひらきなおるしかねえ!!

 

●●

『オールド・バンチ』もう、600枚近く前売で出ている。約、半分のチケットが「売り出し2日」で出たことになる。ケラの『SMOKE』といい勝負。

とにかく、このスピードでチケットが売れていくと大変な事になる。スズナリは何度も書くが150人しか入らない小劇場なのである。

なるべく早めに予約してください!と毎日書き続けるしかない!!!