流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

元気に高円寺?の日々である。
2幕をみっちり、。通してみる、ほぼ初演と同じ。
2幕はどんどんドラマが転がっていく。より疾走感を。
劇場ツアー。バックスステージツアー30分余り。座・高円寺1では「旅とあいつとお姫さま」(テレーサ・ルドヴィゴ:脚本演出)を上演中。「あしたの劇場:劇場へいこう」シリーズ。3年目のロングラン作品。

通し後、清実先生の振付チェック19時まで。
で、わたしは座・高円寺1で「旅とあいつとお姫さま」を観させてもらう。KONTAとケイトクが出ずっぱりで芝居していた。終演後、楽屋にいって冷やかす。ま、体力は役者の基本、気を付けて。

演劇資料室の図書から十月の推薦書を選ぶ。
流山児祥セレクションで二十冊近くの本を選んだ。
たぶん、今日から2階のアンリファーブルに展示されるとおもうのでよろしく。
・・・・・・・・
秋晴れの土曜日。行きつけのT病院。血圧は下が104、上が136。
1か月分の心臓の薬。近く、心房細動の精密検査?

高円寺の日々は続く。今日は、細かく小返し。
来週から「通し」の日々が始まる。
愈々、「ユーリンタウン」追い込みである。
お昼過ぎから8時間以上地下の稽古場にずーっといる。
いつものことだが、この時期になるとテキスト還りというかシンプルなことに還っていく。
より生々しくと思う反面、より嘘っぽくというか不条理な時間をごろっとその辺に転がしたい衝動に襲われる。そんなもんだ。

今日は2幕、2幕はつんのめるようにドラマが進行する。あっという間の1時間。
この「あっという間」が難しい。スピードとドラマ展開。

ホームレスのシーンをメインになんども。ま、明日もある。稽古場に初演の時は出演していた劇団員の鈴木麻里が子供を連れて稽古を観に来ている。そうか、時の流れは早いのである。

高円寺に行くといつも休憩時間にいく中華屋さんに毎日行っている。T飯店、肉そば、広東麺がうまい。昔、梁山泊の稽古場が近くにあったらしく、お店の主人はなかなかの芝居好き。
「ユーリンタウン」のチケットも買ってくれた。奥さんと定休日の火曜日に来てくれるとのこと。
感謝。ユーリンのメンバーは毎日のように高円寺の安居酒屋へと繰り出している?店によってはポスター、チラシはりはもちろん、チケットも売ってくれる行きつけの店も出来た。
2年前、2か月以上高円寺にいたのだから、当たり前といえば当たり前なんだが。
ま、この2年で高円寺が演劇の街になったということか。
「ユーリンタウン」を観たきゃ、高円寺に!!ということ。これって、オフ・ブロードウエイ=高円寺がブロードウエイ=日比谷、銀座の作品をやってるってこと?である。
・・・・・・
曇り空のトーキョー。
今日は2幕の通し。
地道に、地道に、焦らず、じっくり。
座・高円寺での日々が始まっている。
中野⇔早稲田の定期を購入、6200円余り、こりゃお得である。中野からはとにかく歩くことを決めた。秋晴れのトーキョー。
お昼、久しぶりに翻訳家の吉原さんと座・高円寺2Fの喫茶店で打ち合わせ。来年秋に予定している『花札伝綺』欧米ツアーの打ち合わせである。New York、Montreal、Minneapolis、Victoria、Vancouver、Torontoといった候補地との交渉について・・・初めてLondon、New Yorkに行く?かもしれない『花札伝綺』ワールドツアー。これは、思案のしどころでもある。ちなみに、吉原さんは今秋、41年ぶりにカナダから東京に帰って来た、とのこと。「荷物はいま、太平洋(海の)上」、41年ぶりの日本帰国・・・か。ま、俺も40年アングラやってるんだけど・・・・・。

打合せのあと、そのまま、稽古場へ。2年ぶりの「ユーリンタウン」・・・良くなってますね、とうれしい言葉。「ユーリンタウン」というミュージカルの上演を薦めてくれてブロードウエイとの交渉もやってもらっている。吉原さんとはもう、20年余りの付き合い。『ハイライフ』、『イエローフィーバー』、『リタジョーの幻想』といったカナダ演劇を通して一生の付き合いになっている。『狂人教育』『ハイライフ』のカナダツアーでもう何度もカナダ各地に私らは行っている。今回の『ユーリンタウン』もVancouverの大劇場のArtistic directorが観に来てくれる。

吉原さんは商社マンから戯曲の翻訳家になった人。Toronto、Edmonton、Vancouverといった勤務地でカナダ演劇を本格的に観はじめて20年以上、カナダ演劇の紹介・発信を日本演劇界に続けている。ま、親友の演出家:貝山武久さんと一緒に早稲田大学の劇団自由舞台の出身の演劇青年だったのだが。『ハイライフ』で第9回湯浅芳子賞受賞。
・・・・・・・
いつものように稽古。
いや、芝居は大変である。
煮詰まったりあっちへ行ったりこっちへ行ったりするイキモノである。
それでも、粛々と1幕を「初」通し。
いいところもあればこれからのところも、もっと面白くなるところを伸ばしましょう。
13時から22時近くまで。
隣の稽古場では「戯曲セミナー」で講師を扇田昭彦さんがやっている。「ミュージカル」誌で「ユーリンタウン」のことを書いてくれているが「再演」というか「ユーリンタウン2011年版」を期待してくれている・・・・感謝、必ず、面白いモノ創ります。
朝、病院血圧下が105上が165、やば!くすり。
・・・・・
というわけで(何が?)今日から座・高円寺の地下2階の稽古場です。ユーリンタウン2011廻る基本セットも出来ている。音響の島猛さんが音響をセッティング。座・高円寺に来たんだな、と実感。
それにしても、やはり44人の役者には狭い。ま、この空間をどう使うかだ。
・・・・・・・
1日中、稽古場で1幕をあーでもないこうでもないと例のごとく、当たる。
今日は日本テレビ「ヒルナンデス」出演の別所さんも15時過ぎには合流。久しぶりに清水宏とホッピーちゃんとのシーン。で、トップシーンに戻り、地道に・・・・・一進1退を続ける。

16時に全員集合。で、またもや、イロイロ。これまた楽しき混沌(カオス)なんでもアリだ、がその方向・・・・。稽古場にプロデューサーの岡島、照明の沖野さん、振付の清実さん、殺陣の岡本先生と演出部スタッフ全員集合に若杉宏二まで顔を出して稽古を観ている。追い込み稽古が始まったゾ、の感。それにしても、時間があるようで全くない。これも致し方なし。とにかく徹底的に現場で生まれることに忠実に・・・・だ。21時過ぎまでみっちり稽古。
たぶん、高円寺初日、ほぼ全員?が夜の街に?繰り出していることだろう。2年前に2か月以上いた町である。今回は、1か月この町にいる。
ま、わたしはいつものように、中野まで歩いて東西線で帰宅。
そうだ、明日定期券を買おう。だって、1か月毎日高円寺まで行くんだから。でも、酔っ払っても中野までは歩くことにしよう。

・・・・・・
明日、AM8:30ごろ、別所哲也さんがメインMCを務める、J−WAVEのトーキョー・モーニング・レディオに三ツ矢雄二さんがゲスト出演する。フィップ上院議員役で稽古場の中心軸を今年も全エネルギーを使って盛り立ててくれている。とにかく、高円寺にくるとこの人の凄まじさを感じる日々が、ありがとうございます。
振付がついにラストまでついた。ほんとにオモシロイ。こういう見方があるんだ?と楽しんでいる。もっと面白い見方が出来るんじゃないか、とこれからも試してゆく。ミュージカルのあらゆる要素をぶち込み、ニンゲンの生のドラマを!!「ユーリンタウン2011」は日々進化・深化している。ぜひ、去年観た人も、もう一度見てもらいたい。これは「再演」ではない、全く新しい「ユーリンタウン」のモノガタリがここに、あ・る。

「誰も悪くない」「リバー」の2曲のステージング。UGCのビルを駆け上がるホームレスたち、社員たち・・・そして両者の対決。殺陣とダンス、大団円。カタストロフィへ向けて歩き続けるヒトビト。
・・・・・・

別所哲也さんの取材でテレビクルーが稽古場を撮影している。2幕のラストシーンと「コップソング」の2曲の撮影。

※日本テレビ系列「ヒルナンデス!」に明日:27日(火)11:55−13:55トークコーナーに別所哲也さんゲスト生出演、番組MCはナンチャン、そう宮本亜門版の「ユーリンタウン」でナンチャンはロックストック役、その時、別所さんはロビー役だった。2人のロックストックのオモシロ・トークにご期待。

・・・・・・・
19時過ぎまでノンストップで稽古。
その後、稽古場撤去、全員で。諏訪創がトラックで仮セットを積んで稽古場まで。明日から座・高円寺入り。あと、2週間の追い込み稽古である。

早稲田に降ろすもの、早稲田から積むものと、劇団員は夜遅くまで大忙しであった。
・・・・・・
26(月)朝、曇り空。座・高円寺稽古場つくり。劇場入りまであと2週間。みっちり、じっくり、オレタチのブロードウエイ・ミュージカルを求めての《旅》は続く。

ユーリンタウン2幕の振付が進んでいる。
ホームレスメンバーの代表曲「あの娘を殺せ」、超ハード清実さんいわく「心臓破り」のダンス、ゲロ吐く気で「殺せ」と叫ぶdance。クールさと狂気。
ボビーの「RUN freedom RUN」これまたゴスペル。
これはエネルギーとアカペラのコーラスの良さをきっちり、で最後の爆発がオモシロイ。

これで、ラストの「誰も悪くない」の全員の殺陣とダンスとラストの「I SEE A RIVER」のステージングだけ。なんとか2幕にはいった。もう少しの頑張りでユーリンタウン2011の骨格が決まっていく。

で、振付のおさらいの日とする。
各チーム、真剣に振付をカラダに落とし込んでいる。

上の稽古場で稽古していた銀河劇場で上演されるミュージカル「Blues in the Night」の稽古を終え明日から小屋入りという森公実子さんとエレベーターでご一緒に。20年以上前、塩野谷正幸がお世話になったミュージカルのトップ女優「50歳を超えたので、わたしも、是非流山児デビュー、よろしく」には笑った。こちらこそ、いつか公実子さんとは仕事が出来たらと思っています。50歳を超えたらアングラっていいじゃん。面白いことをやる、これだけである。

・・・・・・・、凄いニュースが飛び込んできた。ま、といっても、実は、ニュートリノって一体何?なんだけどね。

以下、こんなニュース。

名古屋大などの国際研究グループが23日発表した「ニュートリノが光よりも速い」という実験結果。光よりも速い物体が存在することになれば、アインシュタインの「相対性理論」で実現不可能とされた“タイムマシン”も可能になるかもしれないという。これまでの物理学の常識を超えた結果に、専門家からは驚きとともに、徹底した検証を求める声があがっている。「現代の理論物理がよって立つアインシュタインの理論を覆す大変な結果だ。本当ならタイムマシンも可能になる」と東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長。アインシュタインの特殊相対性理論によると、質量のある物体の速度が光の速度に近づくと、その物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まってしまう。光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それよりも速いニュートリノは時間をさかのぼっているのかもしれない。すると、過去へのタイムトラベルも現実味を帯び、時間の概念すら変更を余儀なくされる可能性もある。村山氏は「結果が正しいかどうか、別の検証実験が不可欠だ。実験は遠く離れた2地点の間でニュートリノを飛ばし、所要時間を計るというシンプルなアイデア。正確さを確保するには双方の時計をきちんと合わせる必要があるが、これはそれほど簡単ではない」とのこと。
 
ブロードウエイ・ミュージカル「ユーリンタウン」稽古、初めてラストシーンまで辿り着く。もちろん、まだ、芝居はできていないが、殺陣のシーンというわけでラストまで。「ユーリンタウン2011」は前作と全く違う感触すら覚える作品に育ちつつある。

《集団のテキスト》としての「ユーリンタウン」。これである。

お昼過ぎから9時間近く稽古場にいてああでもないこうでもないと50人近いニンゲンが右往左往している様は面白き日常である。

2幕の基本的関係と役創りのための稽古。錦糸町でここまでやれたので高円寺の2週間で一気に往けるという確証が・・・・・。頑張りましょう。楽しく、元気に!!

AICT(国際演劇評論家協会)日本センターの発行する演劇批評誌:シアターアーツ48号が発売された。表紙は『花札伝綺』目黒円融寺公演。ご本尊と舞台が・・・・・・。

江森盛夫氏による「舞台人クローズアップ」は「流山児★事務所の看板女優:伊藤弘子」です。是非、本屋で手に取ってお読みください。「ユーリンタウン」のペニペニ役は彼女の代表作である。わが劇団の誇る、塩野谷正幸と伊藤弘子の2人の舞台人は文字通りアングラ=小劇場を代表する男女優である、今回の「ユーリンタウン2011」を観ればわかります。
・・・・・・・・
野田首相は23日、国連総会で一般討論演説を行った。東日本大震災での各国支援に謝意を示し復旧・復興に最優先で取り組み「一日も早く日本の再生を実現する」と表明。また「世界の経済不安や金融不安が、国際社会の成長に向けた取り組みを阻害してはならない」と述べ、日本として財政健全化と経済成長の両立を図ることを強調。と同時に「原発再稼働」「普天間問題」での米への全面協力?のカオも。
・・・・・・・
秋の気配のトーキョー。
さて、追い込みである。前売り完売の日がついに・・・。本番まであと20日!である。
「ユーリンタウン」にはあらゆるミュ―ジカルの要素が詰まっている。
音楽もロック、ゴスペル、ミュージカル、オペラといったナンバー。
清実先生の振付を見ているといろんな「ミュージカル」を思い浮かべることができる。
ついに2幕の振付に突入した。
「あの娘を殺せ」ホームレスチームの見せ場の歌と踊り・・・これが大変。20人のメンバーが汗だくで所狭しと踊りまくる。

「アクト1finale」も今回は大胆不敵なステージングになっている。
ミュージカルのあらゆる要素をいれながら世界のどこにもない芝居になっている。
これがオレタチのブロードウエイ・ミュージカルを目指してあくなき戦いが・・・・。

やることはいっぱい。

今回は美術、照明、音楽監督、歌唱指導、舞台監督以外のスタッフが変わった。
振付、衣裳、演出部は初の「ユーリンタウン」新鮮な批評が加わって全く新しい「ユーリンタウン2011」に変身中である。新加入メインキャストの別所哲也、清水宏、今村洋一、福痲むつみ、甲津拓平、阿萬由美、武田智弘、アンサンブルも3分2のキャストが初演!!こうなると再演というより、全くの「初演」である。大胆に変わることを恐れずに作ってゆく。もちろん、変わらないところもキッチリ・・である。

・・・・・・

セリーグ優勝争いの中日に激震。首位ヤクルトとの4連戦直前に、中日は落合監督の退任を発表。04年の就任以来、リーグを3回制し、07年には日本一。今季も2位であえて交代させる理由はない。が、「守り勝つスタイル」で好成績を上げながらも、圧倒的に観客動員は減り続け、球団も落合の勝利至上主義だけを追求するのは無理と判断したらしい、要するに落合采配じゃダメってことらしい。ま、暗いし、非情だし。
でも、これでいいのかな?


それにしても凄い台風15号であった。交通機関がほぼ全部止まっているという情報。
稽古場の窓がずーっと、揺れている。窓のそとは凄い風と雨!!
近くのコンビニに弁当を買いに行く、が全身ずぶ濡れ。ビニール傘が飛びそう。「おちょこの傘持つメリーポピンズ」なんて唐さんの芝居のタイトルを急に思い出したりして・・・・。

「ユーリンタウン」粛々と殺陣&稽古。じっくりキッチリ、深くだ。

夕方になると、関東全域と山梨、福島の一部が台風の暴風域に入った。八王子では43.1メートル、東京都心で36メートル、横浜市で35.3メートルの最大瞬間風速を観測したという。

22時近くに稽古をとって錦糸町の駅に向かう。
駅の近くに大量の壊れた傘の山があった。

乗客規制ということで駅には人があふれている。帰宅困難者続出である?23時半過ぎにやっと駅に入り、終電近くに馬場までたどり着く、帰宅。疲れ果てる。久しぶりの本格台風。

夜空を見ると実に綺麗な秋の雲。

さて、「ユーリンタウン2011」本番まであと、3週間である。
いい感じで稽古は進んでいる。テキストを今まで以上に、かなりの速度で誤読、過読している。それも、集団のモノガタリとして・・・・だ。勿論、稽古の過程では齟齬も起こる、それでいいのである。それが稽古。今日も恐れず大胆に不敵にやりましょう。恐れるものは何もない。

台風一過のトーキョー。今日も残暑?

先日TBSであった「山元清多さんを偲ぶ会」に稽古のため、出席できなかった。早いものである、元さんが彼岸へ逝って1年。あっという間の1年である。12月の「オールドバンチ完結篇」の稽古も日曜日に同時並行の日々でもある・・・・・。

3日ぶりの錦糸町稽古場。
「ユーリンタウン」振付・・・素晴らしい。ミュージカルの面白さ、豊かさ満載の振付。この動き、芝居にぜーんぶ使えるじゃん!と素直に感心、感謝である。
もっと面白く変わってゆく・・・進行形の振付・・・・感想というか、誤読、過(剰)読も交えて稽古再開。トップシーンからじっくり当たってゆく。
13時から22時近くまでみっちり、稽古時間はいくらあっても足りないとはこのことである。
「ユーリンタウン2011」は初演を超えてどんどん進化・深化していく。
・・・・・・
巨大台風15号が日本列島を縦断中である。名古屋では110万人に避難勧告?なんて。
20日帰京の中津川演劇campのメンバーも大変なことになったらしい・・・・。
台風15号は、紀伊半島の海上を北東に進んで昼すぎには、東海地方付近に上陸するおそれ。そのあとは、さらにスピードをあげて本州を縦断する見込み。22日朝までに予想される雨量は関東甲信地方で400mm、東海地方で300mm、近畿・北陸・東北地方で250mm、四国・中国地方で200mm、北海道地方で150mm、列島が悲鳴を上げている。