流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

暑さの中『ユーリンタウン』の台本を「読み直し」ている。

『ユーリンタウン2011年版』を作るためにすでに様々な事が始まっている。舞台美術も大胆に変わる
!前回、伊藤喜朔賞という舞台美術界最高の賞を水谷さんは受賞したが・・・2011年版を提示してきた、スタッフ会議で・・・・さらに面白いことに・・・・。歌稽古、本読み、「新作」を創るつもりでじっくり、ゆっくり・・・・だ。

『ユーリンタウン』はNew York fringeから生まれたミュージカルである。
fringeからブロードウエイへて駆け上がった「反逆の」ミュージカル!この《原点》を忘れたらオレタチのブロードウエイ・ミュージカルでなくなっちゃう。

2012年『花札伝綺』ワールドツアーも同時並行で動き出している。『狂人教育』『盟三五大切』『ハイライフ』とならぶ国際的レパートリーとして『花札伝綺』は確実に育っていくだろう。

Paris、Edinburgh、Minneapolis、New York、Vancouver、Victoria、Saltspring、といった都市から『花札伝綺』を・・・ひょっとしたら、流山児★事務所「初」の欧米ツアー実現?・・・・ま、じっくり、これからです。海外と同時に寺社・ライブハウスといったところを《劇場化》する試みも持続してゆく。楽しきかな、わが劇的人生である。あと、お寺で『四谷怪談』『盟三五大切』なんてのも?いいなあ。お寺で流山児☆歌舞伎!!お寺でカブキ!オモシロイ。

・・・・・・
昨日は久しぶりに下北沢ザ・スズナリで『美女劇:伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪』(寺山修司・作 金守珍:演出 宇野亜喜良:構成・美術・衣裳)を見る。金さんの世界というより宇野ワールド全開の作品、ただし、ラストはきっちり水浸し!金さんが終演後は水かきしている、エライ!!・・・・。スズナリの下で、久しぶりに石田えりさんと会う。お元気そう、綺麗である。

・・・・・・
真夏日続く、それにしても、暑すぎる。早稲田で隔月刊「ミュージカル9月・10月号」の『ユーリンタウン』インタビュー取材。10月公演に向けて抱負というか、なんやかやとしゃべる。

あ、それから、『ユーリンタウン』が平成23年芸術祭参加作品!に決定しました。

・・・・・・
で、イーグルズを聴いている夕方。「テイク・イット・イージー」「ならず者」「呪われた夜 」「ホテル・カリフォルニア」・・・・か。
今日は七夕。織姫と彦星が天の河で1年に1度の逢瀬を楽しむ夜。というわけで?秋に高円寺1で上演するブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』の流山児★事務所予約が始りました。
2009年の大ヒットから2年、あの『ユーリンタウン』が更にパワーアップして高円寺に帰ってきます。是非、お早めにご予約を!

流山児★事務所レパートリー・シアター『花札伝綺』『卒塔婆小町』インドネシア公演に向けて明日早朝、成田出発です。総勢30人余りの大所帯の旅です。行ってきます。

★ブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』★
2011年10月14(金)〜30(日)@座・高円寺1 
作:グレッグ・コティス 音楽・詞:マーク・ホルマン 翻訳:吉原豊司 
台本:坂手洋二 演出:流山児祥 音楽監督:荻野清子

予約開始しました!!
@優先オンライン予約は受付中!! 
http://www.ryuzanji.com
A電話予約は本日:7月7(木)11:00〜15:00まで。今すぐ電話!
TEL03−5272−1785
Bはがき予約は7月7(木)消印有効。 今すぐ、投函!! 
お名前・ご住所・電話番号・希望日時・枚数を記入の上
〒162-0045 新宿区馬場下町60 まんしょん早稲田307 まで。
※とりわけプレビュー、初日、土、日、千穐楽のステージのご予約は早めに!
250余席の劇場です。
★流山児★事務所創立25周年記念ミュージカル『ユーリンタウン』JR高円寺駅:北口から徒歩3分 の座・高円寺のこけら落とし公演として1ヶ月にわたって大ヒット上演しついに28日千穐楽を迎えた。!「ユーリンタウン祭り」も同時開催し多くのパフォーマーの皆さんが劇場内外で祝祭を繰り広げてくれた!!この公共劇場とくんでの新しい試みはおもしろかった。私たちの予測をはるかに超えて全国はゆうに及ばず世界中!!からおおくの観客が高円寺まで駆けつけてくれたことが大ヒットの証明である。大感謝。

座・高円寺1は実に贅沢な劇空間の小劇場。そして「ユーリンタウン」は日本のミュージカル・シーンを確実に「変えた」。ミュージカルスター?やミュージカルの著名な演出家・プロデューサーたちが本当に連日「当日券」を買い求め、観劇してくれたことには驚いた。


ここに「革命のミュージカル」が!日本で最も「熱いステージ」があったことを確信した1ヶ月!無名のエネルギーが爆発したのである。ミュージカルもまた芝居であり、そこにはニンゲンの熱いココロがある!!

「ユーリンタウン劇評」は朝日新聞、毎日新聞、ジャパン・タイムス、しんぶん赤旗、スポーツニッポン、読売新聞、東京新聞、日本経済新聞、公明新聞、毎日新聞朝刊、中日スポーツと「前代未聞」のほぼ全新聞メディアに好評掲載された。これだけの「劇評」が出たのも劇団初。今後、多くの月刊誌にも掲載されるだろう。



ブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』
作:グレッグ・コティス
音楽:マーク・ホルマン
翻訳:吉原豊司 台本:坂手洋二
演出:流山児祥
出演:千葉哲也、塩野谷正幸、伊藤弘子、栗原茂、関谷春子、坂井香奈美、遠山悠介/三ツ矢雄二・曾我泰久・大久保鷹ほか総勢48名。

※※

6月28日、16時45分終演。超満員のお客さんの鳴り止まない熱い拍手に楽屋からもう一度帰ってのダブルのカーテンコール(絶対やらない!と決めてていたのに)で私たちの「お祭り」は終わった。

※※

全員でバラシ!て片付け。
明日は劇場の舞台と客席を元に戻す。思えば3月の早稲田での歌稽古からはじまった『ユーリンタウン』4ヶ月の長ーい航海であった。

やっと港に辿り着いたのである。

それにしても3ヶ月近く、役者たちは毎日のように超安いビンボー飲み屋に通ったっけ。こんなに「毎日呑むミュージカル役者」は見たことがナイ!!とミュージシャン・メンバーのコメントに一同爆笑。

20時半から23時まで劇場2階のアンリファーブルで打ち上げ。大入り袋の読み上げとコメントで1時間近く。笑いの渦、拍手の渦のいい呑み会となる!!

私は、例によって2次会にも行かず、そのまま帰宅。

わたしは昔から「打ち上げ」が嫌いである。

皆さん、当にお疲れ様でした。


また、いつか会いましょう。お元気で。

私は今日29日(月)からいつもの日常、夕方、高取英、天野天街と私の3人で寺山演劇についての鼎談。明日は久しぶりに池袋あうるすぽっと、日韓演劇フェスの最終日。

でもって、今週土曜日から楽塾8月公演『めんどなさいばん』の稽古、7月2日からは9月公演『ハイライフ』2009ニュー・ヴァージョン同時進行で稽古イン!である。

さて、『ハイライフ』と『めんどなさいばん』の2作品との格闘の日々が始まる。どちらもオモシロイ作品にしまっせ!!乞うご期待!
連日本当に多くのお客さんが座・高円寺に来てくれている。超感謝の日々である。

26日(金)午前中に西新宿の芸能花伝舎で劇団協議会の理事会。今年度の事業計画、イロイロ。演劇界のさまざまの問題について。

会議の後、久しぶりに花伝舎で稽古している段田さんとしゃべった後、プロデューサーのS氏としゃべる。

※※
超満員の客席。
とにかくいろんな人がきてくれている。
ペーター・ゲスナー、ロバート・アラン・アッカーマンといった外国人演出家やら、ラサール石井、水谷龍二といったおなじみの顔も。そのまま、ラサールさんらといつもの焼き鳥屋へ。いつかまた一緒にミュージカルやろうぜと盛り上がる。そのときは役者で出て歌うゾ!

で、北京からユエンホン、香港からカレンちゃんが来てくれたので、深夜まで、高円寺の飲み屋で久しぶりに呑む。ユエンホンはただ、「ユーリンタウン」を観るためだけ2日間の東京滞在。28日には北京に帰る。本当に感謝。10年来の友である。

マイケル・ジャクソン急死の報に愕然。キング・オブ・ポップスの死。

※※

27日(土)マチネ。
これまた、超満員の客。
久しぶりのケラ・緒川たまき夫妻、堤真一さん、篠井英介さんといったメンバー。ケラに来年当たりうちに「ミュージカルかけよ!」と、とりあえず脅すようにオファー。ただし、最低3ヶ月稽古時間が要るので台本は本番4ヶ月まえまでに上げること!?となる。出来たらオモシロイだろうなケラさん。


夜はこれまた超満員の客。もうこの勢いはかわらず、前売り完売は先週。当日券の延びの凄さ!!

やっとこれたという和田さん、島次郎さんの顔に混じって久しぶりの美加理、日本初演のボビー役をやった別所哲也さんとも握手。立ち話。曽我さんと美加理、塩野谷の姿を見ていると80年代の大ヒットした『悪魔のいるクリスマス』を思い出していた。

ユエンホンらと昨日に続いて焼き鳥屋で顔なじみの劇団員と一緒に飲む。ユエンホンは「桜姫」を昼コクーンで見て夜は「ユーリンタウン」。相当、気に入ったらしく絶賛。「アジアのリュザンジ!!」

まあ、いつかまた北京で一緒に「何かやろうね!」と言ってわかれる。本当にありがとう。遠方より友来たり、帰る。

その後2時過ぎまでユエンホンは呑んで朝8時の成田エクスプレス、北京に帰国した。

※※

歩いて馬場まで帰宅。私は時々の「深夜徘徊」である。

汗だくだくだがすっきり。2時近く。さすがに疲れ果てる。
明日はついに千穐楽!!さあ、ぶっちぎって走り抜けようぜ!!本当に全員絶好調でここまで来た。やるしかない!とにかく高円寺に来てください。待ってます。
今日(24日(水))も雨の中、高円寺に。

が、予想通り本番のときはきちんと晴れ上がった。
いい感じで満員のステージ。

客席にはほんとに懐かしい顔やら多数。ロングランということで今回ほど久しぶりの顔を見たことは・・・・。

東宝の山田さんが春子と清水君を激励している様を見るとイイ学校なんだなと感心しきり。三谷幸喜さん、山田和也さんとサンシャインボーイズ時代にあっているひとに久しぶりに会い、時の流れを実感。

※※

中野でうなぎやさんでうな丼を食って帰ろうと思って入ったら、吸い物のサービス。栗原の友達で「ユーリンタウン見ましたよ」との声。うれしい限り。

※駅で買い求めた日本経済新聞夕刊の「ステージ採点」にユーリンタウン劇評。「革命が成ってめでたしかと思えば皮肉な結果が待つ。ブレヒトの三文オペラが基にあり、知的で娯楽性もある。歌や踊りのうまさよりも演劇的な面白昧を優先させて奏功。ただし歌のメッセージは伝わっている。」

帰宅すると「前売り完売」のメール。

全ステージ前売り完売、当日券のみ。
勿論充分「当日券」は用意します。是非、ふらっと高円寺まで。

面白いです!!あと5ステージ!

※※

25日(木)いつものように起床。今日は何とか一日中、晴れの模様。
朝、コンビニで買った新聞に「ユーリンタウン」の記事。

「ミュージカル界に新星、関谷春子に熱視線」(中日スポーツ)「水資源が枯渇した近未来ミュージカル:ユーリンタウン上演中」(毎日新聞朝刊)これでほぼ全紙に劇評が情報が掲載された。これもまた前代未聞の出来事である。


休演日明け。

いつもより入念にアップ。浅井さんが来てくれてトップシーンの歌のチェック。ありがたい。
それにしても、今日も多くの客さんが劇場に駆けつけてくれた。柄本夫妻、ナナさん、愛さんに松岡さん、びんちゃん、でもって今、演出者協会がお世話になっている池袋あうるすぽっとでお世話になっている豊島区長さんまで。客席に入れない身内はギャラリーで観劇。

先週、私も一度ギャラリーで観たのだが、これも面白い。
休演日明けというのでテンポも声も出ているが・・・・。

それにしても鷹さんのシーンで柄本さんつぼに入ったのか笑いっぱなしだった。まあ、鷹さん今日からぎっくり腰がほぼ完治して絶好調であった。それにしても鷹さんの演技は実に真摯である。真摯に「当事者」としてイタに立っている!物語の当事者性こそ!

凄い拍手のカーテンコール。フルハウスの客席は壮観。

例によってベトナム料理屋、鷹さんと柄本夫妻、芝居の話しきり、柄本さんには9月の中津川での演劇大學のワークショップをたのんでる。和枝さんと集団のはなし。途中で曾我君、びんちゃんも合流、楽しい酒宴に。で、明日はマチネだというのに1時近くまで。いかんいかん、タクシーで鷹さん、びんちゃんと帰る。

帰宅してそのままキュー・バタン。

※※

それにしても、事務所の電話は予約でなりっぱなし。うれしい限り。23日段階でほぼ全ステージ前売完売状況である。


※※

24日(水)今日も雨である、近所の神田川がごーごーと濁流。

雨にあがってほしい、本日2時開演まだ、「余裕あり」です。是非このステージお見逃し無く。面白いです!!


21日(日)今日も超満員のお客さん。ユーリンタウン祭りもイイ感じになってきた。全員絶好調で突っ走った。
戸田恵子さんもついに観に来てくれた、全員が感謝。

今日は「父の日」ということで劇団員のアマンダから「イケてる男のボディソープ」なるものをプレゼントされた。どういう意味だ、アマンダ?

終演後、その足で早稲田に直行。
楽塾『めんどなさいばん』も絶好調で追い込み稽古に突入している。細かく細かく、ねっちり、実にねっちり稽古やってまっせ。

※※

22日(月)休演日。

私はいつものように池袋あうるすぽっと。日韓演劇フェス。イ・ガンぺク:作 福田善之:演出『七千里』を見る。福田さんらしい音楽劇仕立て。満員の客、昨日受け取った演出者協会に新加入する野崎さんの入会届けを和田さんに。「ユーリンタウン」上演中に3人の「新入会員」が私と小林七緒の推薦で演出者協会に入った。地下空港の伊藤くん、千葉哲也さん。強力メンバーである。今一番元気な協会!イッパイ仕事はありまっせ。

都電にのって昨日と同様早稲田で楽塾稽古。6時からほぼノンストップで11時近くまで。さすがにヘロヘロ。明日は原稿書き。今週は雑誌の鼎談やら、ワークショップ用台本作りやら、カラダがいくつあってもたらねえじゃん。頑張ります。

あと、7ステージ最後の爆走が始まる。見逃し無く。それにして思いもかけない、様々な人々がこの芝居を観に来てくれる。連日の満員に大感謝。明日も客席のほうが圧倒的に凄い光景が現出?週末には北京から敏腕プロデューサーもやってくる!!

※※

DVD「嵐が丘」ウイリアム・ワイラー版、ローレンス・オリビエが
主演のヒースクリフ、観終わってからリメイク版を観だしているコレが面白い。本はれんが書房新社からでた伊藤俊也監督の初戯曲「メイエルホリッドな、余りにメイエルホリッドな」を読み出す。うーん。

とにかくあっという間に「完売」状態になるのでとにかくお早めにご予約ください。お見逃し無く!!
それにしても毎日忙しい日が続いている。

19日(金)朝10時過ぎ西新宿、芸能花伝舎。新国立劇場芸術監督問題演劇人による3度目の「新国立劇場の自省と再生を願う演劇人の声明」の記者会見出席。同財団の理事であった永井愛さんの理事辞任会見でもあった。井上ひさし氏、松岡和子さん、坂手洋二、愛さんと私。

「次期芸術監督予定者選定に当たって事実を捻じ曲げ、情報操作した事と今回の混乱を生んだ対応を許さない」戦いを続ける宣言。とにかく、じっくり「演劇人」がしゃべりあう《場》を緊急に作るしかない。

※※
その後、坂手君と和田さんと演出者協会の事務所でイロイロ話す。

で、高円寺まで、今夜もイイ感じでブッちぎる。
連日、超著名人多数の客席。有名演出家、評論家、プロデューサーも。

終演後、今度はS区の公園に近々出来るテント劇場?計画について意見交換。夢のような話をいくつかしゃべる。まあ私には関係ないことだが公共劇場について「きちん」としゃべるのも次世代の演劇にとって大切。

で、鷹さんとチョコット呑む、20年ぶりぐらいに本を出版するか?なんて話を編集者のヒトとしゃべる。ちょっと高揚したのか、久しぶりに高円寺から馬場まで歩く。1時間近く、疲れ果てて3時過ぎにキューバタン。

※※
20日(土)2度目のマチ・ソワ2連発。
さすがにマチネはちょこっと間延び。引き締める。それにしても暑い!
エアコンが効かない。みんなまるでサウナ状態だったがブッチギリで走りぬく。いい芝居。多数の「お客さんが芝居を支えてくれている」ことを実感。それにしても舞台上で全員実に生き生きとイキテイル。

明日も楽しもうぜ。呑まずに帰宅。自宅近くの行きつけの店でホッピー。キューバタン。

※※
21日(日)雨。まさに梅雨。ユーリンタウン祭り初の雨?
「休演日明け」の16日(火)。
どしゃ降りの中の17ステージ目。
大久保鷹さんが突然のぎっくり腰。急遽、動きの変更などで4時集合。
何とか乗り切る。鷹さんの熱意に頭が下がる。

が、芝居の爆発力が薄い。それにしても凄い雨だと言うのに「満員」の客。とにかく、全員が「休演日」明けということと様々なことで慎重にやっていた。
早めに帰宅。
※※
17日(水)晴れ上がった空。
昨日のだめだし!みっちり。
少しあたる。心配していたが続々と当日券が伸びていつものように「満員の客」。超著名人多数。あのヒトもこのヒトも?と言う感じの客席にびっくりしている毎日。これって、ミュージカル効果!!ミュージカル演出家全員集合?の感すらあるこのごろである。

凄い!!ほぼ完璧!!テンポも歌も動きも凄い!!まだまだ進化するのだこのミュージカル!

※※
高校時代の同級生たちとアンリ・ファーブルで生ビール。でしゃべっていたら、2年後の神社仏閣めぐりプラン、早速のってくれる。柏で神社、寺どちらでもOK!ありがとうございます。

駅で買った読売新聞の夕刊に大きく「ユーリンタウン」評、「瞬間:旬感」に「実験的舞台 高まる臨場感」と・・・。

で、池袋あうるすぽっとへ。韓国劇団:美醜のソン・ジンチャック演出『壁の中の妖精』を見る。キム・ソンニョ主演。とにかく凄い歌と演技。韓国ピカイチ女優の実力に感服。

で、終演後、ジンチャックさんと美醜メンバーや韓国の演出家、劇作家らと池袋駅前の安居酒屋で遅くまで呑む。韓国版「ユーリンタウン」の演出家も一緒。読売新聞の夕刊を酒の肴に・・・・。

ジンチャックとは「同期の桜」いった30年近くの付き合い。焼酎のみながらそのときの流れの速さと「友情」の持続をかんじっる。一生の友でもある。明後日帰国でユーリンタウンは観れないが7月にもう一度ワークショップで再来日する。そのときまた会おうぜと、わかれる。ちょっと呑みすぎでる。
本日休演日。
が、私には「休み」はない。なんてこった。

朝10時半には西新宿の芸能花伝舎。日本劇団協議会の総会。11時から3時近くまでのリングラン討議。今年は役員選挙もあり。
新会長も選出、新体制で2年間の船出。結局今回は理事の仕事を引き受けることに。忙しいのにまたしてもテメエのクビを絞めてしまったよ、いかん。日本演出者協会、国際演劇協会、でもって日本劇団協議会と3団体も仕事出来るかしら?である。次世代へのバトンタッチ!時間はあまり無い!という実感にイマとらわれている。

それにしても、今日は1日中久しぶりに演劇界の今後について、色んなヒトとしゃべった。今朝はもう一つ、「演劇界にいま起こっている重要問題」について坂手君らと電話で話す。ホントイロイロあるなあ。それにしてもケータイもってねえから俺、捕まえるの大変だろうな。

※※

で、チョコット帰宅してそのまま早稲田へ。
毎日新聞の夕刊に「今週はコレ!」という劇評が掲載されている。明日の朝刊のスポーツニッポンにも劇評がのるとのこと。うれしい限りである。

楽塾「めんどなさいばん」の稽古。10時過ぎまで4章10分あまり何度も何度繰り返し、じっくり。新人のTさんのシーンを3時間以上みっちりやることに。台詞劇=関係の劇の基本をみっちりだ。かなり、俺もしつこいな。とにかくテメエのカラダに台詞を棲みこませること。」


どしゃ降りの雨の中歩いて帰宅。11時半過ぎ。

さて、「休演日」明け。明日から2週間、14ステージ!!の折り返しである。是非多くのヒトに見てもらいたいと思っている。「ユーリンタウン」はどんどん進化しています。役者たちはヘロへロになりながらも必死にそれでいて楽しく戦ってます。


とにかく疲れた。キューバタンである。