流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

雨の1日。

ついに初日。きちんと3時から2時間、当たれるところをあたり最終チェック。完全に出来上がった。粛粛と本番準備。いつもの出入り口出ないところからの入場。開演前にもイロイロ。なかなかスリリングなはじまり。

ほんとにエネルギー全開で全員が2時間45分を突っ走った初日となった。満員の客席から多くの拍手。見事なまでに「どこにもないミュージカル」が出来上がった。この作品の成功を確信。

役者たちは千穐楽まで集中力と緊張感、そして大胆さを持続せよ。集団劇としてのミュージカル!!

それにしても荻野清子率いるオーケストラにも似たバンドは凄い!2ヶ月ずっと稽古場にいてピアノを弾いてくれた荻野さん、歌唱指導の浅井さやかさんお二人の力と振り付けの北村真実さんの才能あふれる最強の女性スタッフに大感謝。

ほんとにお疲れさま。そして初日おめでとうございます。
B2のロビーで初日乾杯。多くの関係者。佐藤信芸術監督の音頭で乾杯。本当にここまでこれたのは座・高円寺の協力なしでは出来なかった。皆さんに感謝。


久しぶりに高円寺のやきとん屋さんで鷹さんらと飲む。青学時代の先輩と話す。映画界にいる面白き先輩。

※※

中野までゆっくり歩いて買い物してかえる。

さて、あと29ステージ。6月28日までユーリンタウンの旅が続く。じっくり楽しもうぜ。

ついにゲネプロ。1時からいつものように稽古3時間みっちり。5時朝日新聞のKさんの取材。ユーリンタウンというより高円寺という街とアングラについてのルポといった記事を書いてもらう方向で。芝居のことより社会性を持った記事が私も読みたい。前回の「オールドバンチ」でも「生きる」というコラムが胸をうった。Kさん宜しく。毎日新聞でも同様の街と演劇の結びつきといったカタチのものが取材される予定。

街のど真ん中に演劇を!そのためにもユーリンタウンは何が何でも成功させたいものだ。ユーリンタウン祭も5月31日(日)いよいよ開催です!!とにかく祝祭の劇場)に来てください!

6時から「ほぼ本番」どおりのゲネプロ(舞台稽古)となる。今回は客入れから普段とは違った趣向になっているので・・・お楽しみ。

ゲネプロというよりまるで「プレヴュー」といった趣のゲネプロとなる。なんてったって、客がめちゃくちゃ「多い」!ほぼ半分の客席が埋まっている、えっ!100人近い客?!これって何よ?!である。

上演時間2幕・2時間45分。集中力も切れず?に役者たちは頑張って最後の「舞台通し」稽古をやってくれた。感謝。

さすがに「休み」なしでここまで来たので疲労感あり、明日は3時稽古開始とする。細かいところの駄目だしだけにしよう。ほぼ完成した。
カナダから翻訳者の吉原さんも来てくれた。凄い拍手の中、プレヴューのようなゲネプロを楽しく終えた。明日はもっと楽しもうぜ!!

※※

チケットも急激に伸びてついに「前売完売」となった。座・高円寺1は客席200近くの実に「贅沢な劇空間を持った小劇場」です。

※※

29日朝、相変わらずの雨の東京。初日である。

ぜひ、この問題作。その目でお確かめください、高円寺で待ってます。

順調に仕上がってきた。

疲労もピーク。が、やることはキッチリやらねばならない。劇場に入ったらスタッフたちの時間である。役者は集中力を切れさせないこと、この一点。

朝早く近所の病院、血圧96の161、深呼吸しろといわれてそうしたら上が130になる。とにかく週に1日ぐらいボーとして「なにもしない」日を作れといわれる。そうはしたいんだけど・・・。

10時過ぎからいつものように劇場入り。照明ラストまで。

動きを中心に4時近くまで。カーテンコールも作る。ただし、1回のみのすっきり50秒バージョン。ダブルコールなし、バンドも一緒に出てゆくことにしたので実にシンプル。「あの」ミュージカルのカーテンコールは今回は「なし」です。上演時間2時間45分、22時閉館。15分しかないのでこれでいく。あしからず。

それにしても面白い!あとはより切実に真摯に!だ.5時半過ぎからメイク・衣裳なしで劇場での「初通し」。

駄目だしとちょっとした「直し」であっという間に10時の閉館時間。疲労感を覚えるも、久しぶりに馬場のボロアパートまで歩く。途中、東中野の駅横の戦後からまったく変わってない立ち飲みの焼き鳥屋で日本酒2杯とビール。とにかく安くて美味い。

これまた帰宅途中にある24時間スーパーでビールと半額のすしを買う。食いすぎ呑みすぎである。何の日記だ?これ。

※※

雨、今日もいつものように1時から動きと歌を中心に4時過ぎまで稽古。私は朝日新聞の取材。で、劇場作り、客席2方に配置して6時からゲネプロ!!いよいよ明日ユーリンタウンの幕が開く!!乞う、ご期待である。面白いです!!


いつものように朝10時劇場、夜10時劇場退出の日々が続いている。

まだ、照明は最後までいってない。
悪戦苦闘の日々である。

それでも、今日は1幕通し。宿題多数なるもステキなサウンドのバンドと歌声の心地よさと迫力は!!

大民衆活劇へ!!いざ、進まん。是非ご来場ください。予約は今すぐ!
※※
いい天気、病院へいっていつものように不整脈とコレステロールの薬もらって劇場入りである。あと2日。今日夜には初の「通し」!!

明日はゲネプロ。2時間50分近くの大作ミュージカルが完成する。

朝10時いつものように明かりつくりに付き合う日常。が、1時からメイク・衣裳つきで「ついに」明かりあわせとバンドとの音あわせ。ユーリンタウン最終稽古を迎えています。

実にステキな音と明かり。実に繊細で大胆。

1幕を終えて2幕1景まで作る。

26日夜には、なんとか1幕が通せそう。深夜埼玉1時半からFM生放送。


久しぶりの快晴。夏日。

朝から冷麦。
いつものように10時から明かり作り。
演出家という稼業の日常もあと3日!

本日私、 ラジオ生出演します。

本日:26日(火) 午前1時25分〜(15分間くらい)

FM NACK5 79.5MHz

エンターテイメント・カルチャー・ラジオ「チャイム」

パーソナリティ:良田麻美(SET所属)

「アサミン・ブロードウエー」のコーナーの出演です。




お待たせいたしました。

アフタートークのゲストをお知らせいたします。なんとなく話は高円寺とミュージカルについてです。

6月2日(火)19:00の回 

 松本哉(まつもとはじめ)さん ・・高円寺「素人の乱」5号店店長

6月3日(水)14:00の回

 青井陽治(あおいようじ)さん・・・ミュージカル演出家

 吉原豊司(よしはらとよし)さん・・・ユーリンタウン翻訳家

6月9日(火)19:00の回

 中村哮夫(なかむらたかお)さん・・・・ミュージカル演出家

6月10日(水)14:00の回

 佐藤信(さとうまこと)さん・・・座・高円寺 芸術監督

 吉原豊司(よしはらとよし)さん



※流山児祥はホストとして毎回、出演いたします。

「ユーリンタウン」の半券を持っていれば、入場可です。

※ただし、満席の場合はご遠慮いただく場合もございますのでご了承ください。
今日も朝10時から夜10時近くまで明りつくりと格闘。へとへと、というよりヘロヘロになる。これもよし!!これでまだラストまでいってないとうのだから!!まあ、泣き言なし。明日は場当たり、ステージングと振り付け中心!!頑張りまっす!明りつくりは1日休みで明後日再開である。一体何なんだ、ムーヴィングって?いや冗談。


でもって、明日は朝9時から「ユーリンタウン祭りのリハーサルもあるのでとにかく1日中座・高円寺にいるってことである。

それにしても、こんなに「劇場にいる!」って言うのも無い。気持ちのいいものである。私は「劇場にいる」のが好きなんだな!?と思う日々である。

※※

1日中「明り作り」で、なぜか悪戦苦闘中である。
何しろ、新劇場。それも「演劇公演」のこけら落としである。照明も最新式とやらのムーヴィング!!これが大変なのである!!

沖野さんを中心とした照明スタッフは朝早くから。
私は11時過ぎ小屋入りしたが、まだ一景のほんの始まりまでしか出来ていない。1時過ぎからはじめるも遅遅として進まず。まんま遅遅としての1日となる。これもまた致し方ない。

何とか9時半に1幕5景まで。とにかくやるしかない!泣き言なんか言ってられない。これもなにかのめぐり合わせである。楽しくいきましょう!楽しく!!

舞台部は同時進行で劇場作りを進めている。幕を張ったり小道具を作ったり若手の劇団員、でもってオーディションメンバーごっちゃでイロイロやっている。太郎の女装メイクやら、衣裳班はまだまだやることいっぱい。

ホームレスたちは自分の長屋つくりを楽しんで作っている。人形劇家族も・・・・。この2ヶ月の稽古で「己のやることは己たちできちんとやるシステムは出来上がった」・・・まるで《擬似家族》である。

それにしても、若いということは凄いことだと公演をやるごとに思い知らされる。多くの若者たちが毎年のように「劇団」を離れてゆく、が、きちんと次の世代に「仕事」は引き継がれて「いる」のである。常に「現場」とは「劇団員」という若者が「いま・ここ」を作ってゆく。「現場」にいること!ほんとにゼニもメイセイもない「無名のもの」の「生き様」の中にしか演劇はない。集団で「モノを作る!」ことを楽しめない若者(ニンゲン」はやっぱり辞めてゆく・・・まあ、そういうものだ。

アングラとは結局オノレノ生きざまでしかない!というのがいまのところこの業界で40年以上生きてきた私の「実感」である。

ほんと笑える、が、楽しい「実感」でもある。

が、常に多くの「才能たち」に支えられているという「感謝」を忘れてはいけない。芝居とはヒトとヒトの「出会い」でしかないのも事実だからだ!!

※※

結局は、無名のニンゲンタチの無名の行為の中にしか「演劇」とう「営為」は無いのだと毎回思い知らされる。
この無名のニンゲンタチの叫びにもにた「営為」をいかに《世界》に発信するかが俺たち演劇人に問れているのである。

※※
明日も、じっくり1日中、明りつくりで座・高円寺の日である。
ぼく、頑張ります。

照明チームの明るさ、劇団の若手たちの笑顔がいい。でもって、ずっとこの現場を愛している多くの若き友たちに感謝。

そして何よりも座・高円寺のスタッフの皆さんの協力に最大の感謝。この劇場のスタッフはとにかく凄い!!何よりも芝居月好きの最強のスタッフ陣である。稽古から仕込みまでこんなに上手くいくのは皆さんのおかげです。もうしばらく力を貸してください。よろしくお願いします!!

※※

インフルエンザ対策緩和の報。
でもって、メキシコはインフルエンザ制圧の報。
さて。
明日は産経エキスプレス取材、毎日新聞も。多くのメディアから取材の申し込み。
でもって、今夜はオールドバンチのNHK−BSの放送らしいが勿論私はBSなんて持ってないので劇団員に頼むことに。

さて、今日から座・高円寺1でユーリンタウンの本格的な舞台稽古。昨日の「仕込み」からほとんどのメンバーが参加しているが、1時から全員で舞台をきっちり点検10分。

「場当たり」「転換」を重点に7時近くまでみっちり。

トップシーンと1幕ラストシーン。2幕のトップシーンと最終シーンはみっちり、といっても「動き」やステージングの時間ではないので真美さんや岡本先生には24日の場当たりまで待ってもらい進める。

休憩時間もほとんど無いまま6時間みっちり最初の「場当たり」を終える。

7時過ぎからは美術の細部の作業。

全員で粛粛と進めていく。役者たちが小道具やテメエの棲みつく空間を作ってゆく。これでいい。真美さんと一緒に動きの点検をするチームも・・。いい集団に成長し己らのやることを9時半まで。


明日とあさっては「照明作り」の2日間。

最新のシステムの照明とやらでこれまた大変。もちろん、その2日間も同時に細部の美術作業という名の空間つくりは続く。より細かく、ディテイル・・・である。

※※

新型インフルエンザがついに東京に発生。
が、私たちは粛粛と「舞台作り」にいそしむだけである。裁判員制度も始まった。とにかく、大変な時期に大変な芝居を作っている。これもまた、楽しい・・・事だぜ。

※※

チケットが急速に売れ出した。是非早めにご予約ください。とりわけ5月29日からの3日間がお勧めです。「世界の何処にも無いミュージカル」を誰よりも早くお確かめください。待ってます!!250人あまりの小劇場でブロードウエイ・ミュージカル!!これはイイ!!です。

あ、それから昨日の朝日の夕刊に載っていた米倉さんの語る「宵待草は革命歌であると思う」には目から鱗だった。百年の「大逆」の今年の竹久夢二の宵待草・・・。「待てど暮らせど来ない自由な社会」・・・ユーリンタウンの物語とオーバーラップしインフルエンザが「水飢饉」とオーヴァーラップする高円寺の新劇場の日々である。