流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

「ハイライフ」
塩野谷正幸、若杉宏二、保村大和 ラジオ出演
8月26日(水)21:00〜 FM世田谷83.4MHz 
世田谷的演劇案内「THEATER F」
http://www.fmsetagaya.co.jp/THEATERindex.html
パーソナリティーは「ハイライフ」出演の小川輝晃です。
17日(月)2年続いての非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディング出演。稽古にも参加できず、場当り明りあわせで初めて声を出す。演出のえりさんのダメだしと愛さんの適切なサジェスチョンでなんとか本番。たった3箇所の出番であったが、役者は大変だと久し振りに実感。

朝倉摂さんと堤未果さんの「戦争」についてのトークを聞いて10時過ぎに終わる。
『ハイライフ』は昼が自主稽古で夜は作業。
私は演出家コンクールのビデオ審査の続き、あと2本。頑張るぞ。

※※
18日(火)『ハイライフ』追い込み。
通し稽古、うーん。で「小返し」2時間半、みっちり10時半まで。中国語字幕が舞台の袖に映し出されている。字幕の稽古も始まっている。海外本番に向けてスタッフも大変。

※※
19日(水)夏日。
毎日ソーメンの日々もそろそろ終わりか?

『ハイライフ』昼夜「通し」稽古、あと4日!!
来週の今ごろはビクトリアのホテルで時差ぼけでバタン・キューだろうな。で、ホームステイ初体験の劇団若手メンバーは大変だろうな?である。
『狂人教育』以来のビクトリア・ソルトスプリングでの『ハイライフ』
楽しみである!!

ニュー『ハイライフ』2本着々と出来上がりつつある。『ハイライフ』2ヴァージョン、同じテキストを使いながらまったく趣の違う作品に出来上がりつつある。

勿論、今回で5回目の『ハイライフ』オリジナルヴァージョンの完成度というかジャズの即興性(インプロビゼーション)を思わせる芝居の《自由度》が連日の稽古でさらに極まりつつある。何があっても即時に対応できる《自由度》。

今日は北村真実さんの振付日、お昼から10時過ぎまでみっちり、小川輝晃の動きもさらにバージョンアップしたし、ディック役の若杉宏二の「初」ダンスもなかなか?の見もの。

※※

夜の『ハイライフ』日本ヴァージョンは「新作」といっていい。どこにもない「大笑い30年の馬鹿騒ぎ」のオレタチの「仁義」の墓場?の青春ドラマに出来上がりつつある。タランティーノもまっさお!?のジャンキードラマ。

どこか懐かしい80年代の「青春やくざ」映画にも似た、男たちのドラマ。で、よりマニアックにそれでいて実験的で、大衆演劇。これ?海外ではまったく受けねえだろうな?が、これでいい、パワフルな男たちの間抜けでそれで愛される世界・・・・まさに「自由」を求めて旅する「オトコ」たちのドラマである。

延べ2ヶ月近く、イワヲ、谷宗和、里美和彦、甲津拓平の4人の「これからの流山児★事務所」を背負っていく男優たちと試行錯誤しながら「稽古」している、これは実に楽しいことだ。

こっちのチームの《動き》は実にトリッキーでアクティブなものになっている。オリジナルチームと10歳以上の年齢差、『ハイライフ』日本初演メンバーの年齢とほぼ同じの30代になったばかりのチーム、まさに腕の見せ所である。

『ハイライフ』ニューバージョンかくして「カナダにて世界初演」である!!

あと、1週間余りで出国、18日からは「通し」三昧。

※※

さて、私は、本日:17日(月)は夏恒例の「非戦を選ぶ演劇人の会」のピースリーディング公演出演である。Spaceゼロへの多くの皆さんのご来場をお待ちします、

ピースリーディングVOL12
『遠くの戦争〜日本のお母さんへ〜』
作:篠原久美子
演出:渡辺えり
出演:麻丘めぐみ、有森也美、宇梶剛士、占部房子、大谷亮介、沢口良子ほか

8月17日(月)・18日(火) 開場18:30  開演19:00
新宿:全労済ホール/スペースゼロ

第一部 朗読劇

第二部 インタビュー17日:堤未果
             朝倉摂
    インタビュー18日:土井敏邦
            森光子

入場料:1500円
問い合わせ03−3352−6922 青年劇場
当日券は18:00より劇場受付にて発売します。
めんどなさいばんを好評のうちに終え、『ハイライフ』三昧の日々である。オリジナルチームがお昼、日本版チームが夜、1日10時間早稲田にいる。同じテキスト、同じ台詞、同じセット、同じ小道具、が見事に違う作品に出来上がりつつある。

『狂人教育』3ヴァージョン公演というのを4年前?やったことがある。あの時も同構造で同テキスト、だが3チーム見事に違ったものに出来上がった。

今回はアナザーチームは見事なまでの「日本の4人のジャンキー」の物語になっている。それも、やくざではなくきっちり「チンピラ」のものがたり、それも「大笑い30年の馬鹿騒ぎ」になれば・・・。

お盆だというのに地下の稽古場にもぐって汗みどろ、っていうのも気持ちよいもんだ。オリジナルチームはすでに「通し」稽古に。
アナザ-チームはじっくり、ゆっくり。

今日から真実さんのステージング、振付が加わる。

あと10日でカナダである。9年ぶりのビクトリア演劇祭参加から『ハイライフ』のワールドツアー始まる。カナダで生まれた作品をカナダに持っていくという前代未聞の試み、はたして上手くいくか?


※※

地震だ、豪雨だ、のりピーだ!の2009年のお盆である。あ、昨日は塩野谷正幸の誕生日ということでケーキ。なんでも、塩野谷いわく、「初めての体験」だとか、そうか30年以上の付き合いだが塩野谷とお盆に稽古してないという事実に驚く。  そうか。

頑張ろうぜ、諸君。
ワールドツアー2009「ハイライフ」東京公演絶賛前売予約受付中!!お早めに

流山児★事務所の代表作が3年ぶりカナダ、マカオ、台湾のワールドツアーを経て神楽坂のシアター・イワトに「帰って」くる。最強のオリジナルメンバーによる公演は今回で「最終」公演?アナザー・ヴァージョンは劇団員最強メンバーによる「完全日本版」日本初演!!ご期待ください!!


9月17日(木)〜23日(水)
シアターイワト(神楽坂)

『ハイライフ』

作:リーマクドゥーガル
音楽:トムソン・ハイウェイ
翻訳:吉原豊司
台本・演出:流山児祥


オリジナルバージョン:塩野谷正幸 若杉宏二 保村大和 小川輝晃
アナザーバージョン:谷宗和 イワヲ 里美和彦 甲津拓平


前売・当日:3,500円
学生:3000円
通し券(オリジナル+アナザー):6,000円

申し込み方法※オンラインチケット、メール、電話、FAX、はがき

電話:03−5272−1785  FAX03−3208−9270
詳細・お申し込みはhttp://www.ryuzanji.com

【ワールドツアー日程決定!!】
8月27日(木)〜30日(日)カナダ・ビクトリア:メトロスタジオ(ビクトリア国際演劇祭特別参加)
9月1日(火)・2日(水)カナダ・ソルトスプリング:アートスプリング劇場
9月6日(日)〜8日(火)マカオ: ヒューコック実験劇場
9月11日(金)〜13日(日) 台湾:台北市立社会教育館


流山児★事務所
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60−307
TEL 03-5272-1785   FAX 03-3205-9170
http://www.ryuzanji.com
------------------------------------------------------
めちゃんこ暑いなか相変わらずふうふう言っている。熱中症になるんじゃねえか?とおもう1日であった。水道から温水出るんだぜ、俺のボロアパート、すごいだろ。

で、今日は待ちに待った(嘘!)初通しである。まだ稽古初めて10日目だがゴーインに「初通し」。来週から楽塾の追い込み稽古で『ハイライフ』は週2回しか稽古できない。それと振り付けの真実先生に見てもらうためが主眼目。


音楽も急遽入れたり、SEも入ったりのてんてこ舞いの中で通す。

ギャラリーはてんこ盛り。劇団員の半分近くが大集合。20人ちかくの客席で稽古場の温度一挙に上がる。オリジナルチームの塩野谷正幸、保村大和も。

7時、通し開始。1時間45分。

うーん、面白い。ま、初通しということでいろいろあったが、きちんと自信もって「相手」と相対すればもうそれだけで「いい」という地平まで近づいている。さて、これからじっくりやろうぜ。
こんな馬鹿みたことねえ、ってかんじだ!

1時間40分がカナダフリンジの上演時間。あと5分!詰まる詰まる、大丈夫!が、踊りのシーンというか変な動き・・・・うーんである。まあ1時間半にはしたい。スピード感。

まあ、やっとこいつらの時代が劇団にやってきたことを実感!!

終わってスタッフ会議。

千葉がひょっこりやってくる。「通し終わったよ」、「ノミネートおめでとうございます」というわけで早稲田のいつも行く焼き鳥やサンへ。千葉、大和、弘子、塩野谷、畝部、拓平、イワヲの「濃いメンバー」と一緒にホッピーと焼き鳥で閉店まで。焼酎のボトル2本あっという間に開ける。ホントこいつら良く飲むなあ!俺が一番飲んでるってか。


大和と地下鉄で馬場まで。カナダのフリンジ演劇祭の話で盛り上がる。北京の紫禁城でちょっと大変だったって話に笑う。

※※

今朝は雨。

で、久し振りの曇り日、ちょっとはしのぎやすい日になりそう。

で久し振りの「休日」にしようと思ったが若手演出家コンクールのビデオ審査今年も送られてきた。今年は、な、な、なんと史上最多の93本!30本以上見なければならない。おい!!
というわけで昨日も1日中忙しい日であった。

お昼過ぎに早稲田で来年6・7月に「新作書き下ろし」を予定している坂口瑞穂くんと打ち合わせ。

今度は九州を舞台に3代にわたる一族の物語を音楽劇でやるか?それとも夜桜銀次という鉄砲玉の物語?いや炭鉱の物語と妄想を2時間近く。

とりあえず、四国松山・九州福岡・熊本公演はやろう!ということになって、急遽自宅に帰ってパソコンに向かい企画書作成。で同時に各地に電話、劇場探しをお願いする。急なお願いで皆さんも大変?こんなヤツでごめんなさい!である。

というわけで、昨日に続いて『ハイライフ』の稽古に遅刻。

2幕からはいって、1幕の3シーン。

順調に、着々と進んでいる。

日本ヴァージョンのいう名の「30年生きちまった」これから「中年」に突入する「チンピラジャンキー」のものがたりをじっくり作り上げようぜ!

※※

それにしても暑い!猛暑である。

もうずーっとソーメン。

扇風機が力なくまわっている。ボロアパートは全部開けっ放し。上半身はだで「裸の大将」である。

そんな私に第17回読売演劇大賞 中間選考「演出家賞」候補:ベスト5に入ったというニュースが昼過ぎに飛び込む。「ユーリンタウン」が出来たら作品賞・スタッフ賞獲れたらいいなあ、なんて冗談言ってたが・・・。

「わい雑なパワーに満ちたミュージカル」 ちなみに「わい雑」とは辞書によると「下卑てみだら、雑然として下品、ゴタゴタと入り乱れていること」とある、そんな「演出」が評価されていいの? まあ、ノミネートだから。前川君とか蓬莱くん、栗山さん、段田さんと一緒に選ばれてるよ。

今日はお昼から『ハイライフ』のDM作業。
劇団員集合、カナミ、麻理、アマンダ、山下、谷、イワヲ、直美といった顔ぶれが早稲田でお昼過ぎからチラシ入れ作業。

優先予約サービス!付きのDMが今週中にはつくと思いますので宜しく!!

楽塾『めんどなさいばん』は8日(土)・9日(日)昼の回が「前売り完売」となりました!!いつものことですが楽塾は公演直前になりますと「全ステージ完売」が予想されます!とにかく平日の夜の回はまだ「大いに余裕あり」です。こちらをお早めにご予約ください。

『ハイライフ』のオリジナルメンバーでの上演は今回でラストになる予定です。是非このハードボイルドの傑作をご覧下さい。ニンゲンってこんなにダメで面白いイキモノか?と目から鱗の馬鹿芝居です。

スズナリ、そしてはじめてのシアター・イワト。今年の夏と秋は「小劇場」でじっくり煮込んだ芝居を続けてみてもらうことになる。
楽塾は半年以上の稽古、『ハイライフ』もアナザー・ヴァージョンという「名前」の日本版上演の稽古もみっちり1ヵ月半、でもってカナダ、マカオ、台湾ツアーを経ての東京公演。今年はとにかく稽古場にいる時間にいるのが一番好きである。

※※

稽古前に、来年度以降豊島区で何かできないか?と言う話を区のヒトと・・・。イロイロ考えてみたが・・・。

いつものように『ハイライフ』アナザー稽古。
2幕中心、一度軽く通して、戻す。この感じで今週は進めることに。衣裳と小道具の「付帳」を見る。これがいつ観ても面白い、役者の「役への視点」が見て取れるからである。

深作欣二監督の名作『仁義の墓場』に対する私のオマージュがこの『ハイライフ アナザーヴァージョン』である。4人のジャンキーたちはおのれらの「仁義」と言う名の「エロス=関係」のなかで生き・死んでゆく。乾いた世界の中でムダな肉体を駆使しムダに転がるシタイ・・・そんなもん。それにしても渡哲也も芹明香もかっこよかった。必見!!
大笑い30年の馬鹿騒ぎ。石川力夫という若きやくざの生き様・・おもろいよ。4人もこんな調子だ、夏だ、馬鹿だ、大騒ぎでいいじゃん。


※※
暑い!すごい熱帯夜!
それでも、扇風機で何とか眠る!!

朝方はそれでも涼しい風が吹き出した。ボロアパートだから朝から玄関も開けっ放しだぜ。

でもって来年の作品の準備も同時進行。来年は佃典彦、坂口瑞穂、鐘下辰男という劇作家の「新作書き下ろし」連続上演を2月、6月、8月に予定、演出は小林七緒、私、千葉哲也が担当する。

3作品の客演陣、劇場の最終決定、坂口作品は四国・九州公演ができないものかといま画策中!こうみえて私は俳優・演出・プロデューサーなのである。

さて、麻生さん「解散」できるか?
『ハイライフ』アナザー稽古3日目。なんとか1幕最後まであたる。
テメエの役をどうつくるか?それにしても体力勝負の芝居である。久し振りにほとんど体育会系の芝居作ったろうか!とてぐすね引いて待ってる状態。まだまだ、わたしは「観ている」しかない。

流山児★事務所の今後を担ってゆく4人の男優たち。かっこいい芝居に確実になる。

10時過ぎに稽古をとる。

カメラマンの横田さんが稽古を見てくれていた。アマンダや麻理といったオリジナルチームのスタッフも稽古場に。アマンダのカナダ在外研修の話で盛り上がる。


※※

久し振りの快晴。真夏日!暑い!そーめんの季節!!

今日なんとか2幕を当たって、私は明日から4日間、四国松山で開催される演劇大學のシニア演劇ワークショップ。その間は自主稽古、すき放題に作っておいて、来週からきっちり「作り出そう」と思っている。まあ膨大な量の台詞を谷宗和がきちんとテメエのモノにしてくれなきゃ先へは進めねえけどな!!

来年からなんとか野外とテント劇をやろうと思っている。ひょっとしたらって話が持ち上がっている。

今の劇団員で果たして野外劇、テント劇が可能か?と言う話に。何よりも経験値と圧倒的な体力だ。新人募集を随時やることにした。今ならもれなく「テント公演、野外公演に参加」できます。めちゃ大変だけど面白いよ!こんなの全然売り文句にならねえか、まあ、地べたの芝居は面白いぜ!と言うしかねえ。

※※

朝日新聞の夕刊の1面トップに連載されている「ニッポン人脈記」の今日の夕刊で私と演劇団の創立メンバーでもある新白石となぜか?猪瀬直樹氏が一緒に取り上げられている。シリーズタイトルは「反逆の時を生きて」青学大全共闘時代の話である。

それにしても今の大學はひでえなあ、学生の自治なんて今どきまったく無し!立て看板も政治ビラもなし。まったく「表現の自由」無し!の小学生並みの「徹底管理」がなされている。それこそほとんどの大學は憲法違反だらけ。許可、全て許可制!だってよ。それを「変」だと思わねえのってどうよ、学生諸君。