流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

今日、11月@豊島公会堂公演『地球☆空洞説』前売予約開始しました。
早稲田の稽古場はリーディング公演の稽古真っ最中です。朝昼夜と連日3チームが稽古場で佐藤信・山元清多の60年代後半から70年代に上演された戯曲と格闘中です。是非ご覧ください。

Space早稲田演劇フェスティバル2012特別企画:アングラ傑作戯曲を読む〜佐藤信・山元清多:運動の演劇の《原点》〜
※ 70年代アングラ御三家と呼ばれた唐十郎の状況劇場、鈴木忠志の早稲田小劇場、佐藤信・山元清多ら68/71黒色テント。運動の演劇=革命の演劇を掲げ、社会変革のための演劇を主張した。表現(演技、集団)の変革を重視した唐・鈴木らに対して黒色テントは、自由劇場・六月劇場が合体し政治的・社会的な変革を目指す演劇運動=集団として結成。自由劇場は『イスメネ・地下鉄』(佐藤処女作)で旗揚げ、『あたしのビートルズ』『鼠小僧次郎吉』(1970年:第16回岸田戯曲賞受賞)などを上演。六月劇場は長田弘:作『魂のキックオフ』で旗揚げ。山元清多:作『海賊』(山元処女作)などを上演。黒色テントは『チャンバラ』、『喜劇昭和の世界』三部作などの代表作(佐藤信演出)を70年代に上演、革命幻想を様々な意匠で描いた佐藤信・山元清多らと黒テントは、唐十郎と紅テントとともに時代の寵児だった。夢見ながら覚醒を目指して進む運動の演劇=革命の演劇の≪原点≫を流山児祥と若手演出家達が「読み・語る」小劇場運動の過去・現在・未来を探る試み。

●リーディング作品
作:佐藤信 演出:御笠ノ忠次(案山子堂)『あたしのビートルズ』(1967年)
作:佐藤信   演出:小林七緒(流山児★事務所)『浮世混浴☆鼠小僧次郎吉』(1970年)
作:佐藤信   演出:西沢栄治(jam session)『阿部定の犬』(1975年)
作:山元清多  演出:佐野バビ市(東京ミルクホール)『海賊』(1969年)
作:山元清多  演出:流山児祥『チャンバラ〜楽劇天保水滸伝〜』(1972年)

●日時
9月20日(木):14時「あたしのビートルズ」19時「チャンバラ」
9月21日(金):14時「海賊」19時「浮世混浴☆鼠小僧次郎吉」
9月22日(土):13時「阿部定の犬」17時「浮世混浴☆鼠小僧次郎吉」20時「チャンバラ」
9月23日(日):13時「阿部定の犬」16時「あたしのビートルズ」19時「海賊」
※各公演後、演出家によるアフタートークあり(15分予定)
※終演後:佐藤信氏、稲葉良子氏を迎えてスペシャルアフタートークあり。
※開場は開演の20分前。※日時指定・全席自由。

●チケット予約 前売:1800円  当日:2000円  学生・U25割引(25歳以下):1500円
5本通し券:5000円(30枚限定販売)
予約問い合わせ03−5272−1785(流山児★事務所) http://www.ryuzanji.com
2012-09-17 12:51 この記事だけ表示
昨日から、やっと時差ボケが治ったらしい。
今朝は、いつも通りの寝覚めとなる・・ほぼ、反対側のカナダから帰国したので、帰国翌日と翌々日の2日間のリーディング夜稽古は流石にきつかった。夜9時ごろになるとほぼ脳味噌が動いてないって感じ・・・がわかる、カラダはだるーくなる。
久しぶりにT病院、持病の心臓の薬をもらいに、血圧98の157いつも通り、院長先生といつものように世間話。EDINBURGHとNew Yorkの話などなど、来週から豊島区民用の健康診断を利用して検査をすることになる。
ロビーに戻ると「熱中症だと思うんですけど」という中年のサラリーマンがふらふらと・・・・それにしてもホントーにクソ暑い日が続く。Edinburgh、New York、Canadaはすっかり秋で朝晩は寒いほど、安い中古皮ジャンを15ドルで買ったほどだ。
・・・・・・・・・・
「チャンバラ」リーディング稽古3日目。諏訪創の作ったオリジナルの曲が全部そろった。「楽劇・天保水滸伝」のサブタイトルがある如く音楽劇で何曲か時間の都合でカットせざるを得なかったが5曲歌うことに、全員で歌う2曲。弘子が2曲、理恵が1曲とソロがある。歌稽古も十分に取れないので役者さんの負担が大きい・・・すみません。でもって、相変わらずメチャクチャどこが?リーディング?になりつつある。とりわけ、宮崎、野口、谷の3人組はテメエのセリフはもちろんだが膨大なト書きも急遽、読むことに、でもって歌もギターもハーモニカもやっての無理難題。ま、これも成り行き・・・でござんす。
・・・・・・・・
3日目である意味「方向性」が見つかる。
あと4日!オモシロくなる。それにしても「チャンバラ」は手ごわくてオモシロイ戯曲である。2年後ぐらいに本公演でやろうと思っている。仁義なきオトコたちの世界。乾いていてそれでいてまっすぐな青春のドラマ?
ま、1週間きちんと「読む」。
2012-09-15 09:59 この記事だけ表示
【Space早稲田演劇フェスティバル2012特別企画第2弾:リーディング公演】
※現代演劇の源流を探る「1960〜70年代傑作戯曲を読む」
※「チャンバラ」「浮世混浴☆鼠小僧次郎吉」に続いて「あたしのビートルズ」の出演者が決定しました!
※「海賊」「阿部定の犬」は、もうしばらくお待ちください!

◎流山児祥と気鋭の若手演出家(日本演出者協会若手演出家コンクールグランプリ受賞者)による1960年〜70年代傑作戯曲リーディング上演企画第1弾。「運動の演劇」の《原点》を読み・語る試み。
ちなみに、すべてのテキストに「歌」があります。
前売予約開始は8月12(日)!です。定員:60の小劇場です。売切が予想されます、ご予約はお早目に!!格安の5本通し券:5000円がおススメ!です。確実に「座席が確保」できる「通し券」をお買い求めください。

【日程】2012年9月20日(木)〜23日(日)
【会場】Space早稲田
【作品と演出家】
A『あたしのビートルズ』(1967年 佐藤信:作)
演出:御笠ノ忠次(案山子堂)
※9月20日(木)14時/23日(日)16時
出演:飯野雅彦・箱田好子(劇団昴)・原田新平・藤枝直之・松村真知子・横大路伸/伊藤栄之進


B『海賊』(1969年 山元清多:作)
演出:佐野バビ市(東京ミルクホール)
9月21日(金)14時/23日(日)19時
出演:未定

C『浮世混浴☆鼠小僧次郎吉』(1970年 佐藤信:作)
演出:小林七緒(流山児★事務所)
9月21日(金)19時/22日(土)17時
【出演】甲津拓平・平野直美・五島三四郎(以上、流山児★事務所)/寺瀬今日子(青二プロ)/めぐろあや(楽塾)/横山央・石本径代・鹿又隆志(劇団40CARAT)

D『チャンバラ〜楽劇天保水滸伝〜』(1972年 山元清多:作)
演出:流山児祥 音楽:諏訪創
9月20日(木)19時/22日(土)20時 
【出演】伊藤弘子・栗原茂・谷宗和・柏倉太郎・荒木理恵(以上流山児★事務所)/木野本啓・宮崎恵冶(以上黒テント)/野口和彦(青蛾館)/鈴木隆(天戸日和)/鋤柄拓也・宮川和己(イッツフォーリーズ)・NIWA・三木美智代・酒井文子・芳尾孝子/流山児祥


E『阿部定の犬』(1975年 佐藤信:作)
演出:西沢栄治(JAM SESSION)
9月22日(土)13時/23日(日)13時
出演:未定


【チケット】前売:1,800円 当日:2,000円 学生・U25割引(25歳以下):1,500円 
5本通し券:5,000円(30枚限定発売!)
【予約開始】8月12日(日)12:00〜
【予約・問合せ】
流山児★事務所 TEL03-5272-1785 FAX03-3205-9170 
http://www.ryuzanji.com mail@ryuzanji.com
お昼過ぎから非戦reading、みっちり「場当たり」17時過ぎまで。
結局は通しはやらずにぶっつけ「本番」となる。

18時、予想通りの「満員」となる。昨日まで入りが心配されていたが、当日券が伸びて恒例の「満員御礼」である。リーディングは1時間50分余り。楽塾メンバーや知り合い多数、流山児★事務所のお客さんやワークショップ参加メンバーといった多くの皆さんが「非戦の会」活動に賛同してくれていることを実感。感謝。

2部のゲストは日本・チェルノブイリ連帯基金の加藤さん。貴重なお話を聞く。3・11の時、イラクにいた加藤さんは急遽、帰国被災地へ諏訪中央病院の医療スタッフと一緒に南相馬市へと向かったのである。これからやれる様々な事がある、ことを考える。
・・・・・・
////
5人の民主党代表:首相候補が政策らしきものをしゃべっている。野田は増税支持。時期については「経済の好転もみなければ」と。前原も「景気の動向をみながら」復興債発行。景気が回復したときは増税。消費税増税には、全員賛成。ただし、年度内には海江田、前原、馬淵が慎重姿勢。
エネルギー政策では、全員が原発の安全性向上に取り組むと明言。海江田が原発のストレステスト(耐性検査)で、安全性に不安があるとの結果が出た原発については「廃炉にしていく」と明言。
TPPへ参加、前原が積極派。海江田は慎重派、TPP旗振り役から軌道修正。

なんでも、明日次の首相がきまるそうな。ふーん、である。

・・・・・・
さて、非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディング、今日もラストを当たって本番。

14時開演、第2部は飯舘村の酪農家:長谷川健一さん。
是非新宿:スペース・ゼロへご来場ください。「当日券」は十分ございます。
今日は夜は楽塾「から騒ぎ」の稽古。明日は「ユーリンタウン」歌稽古。いよいよ、本格的なハードな秋の始まりである。

・・・・・・・

※当日券あり。非戦を選ぶ演劇人の会「核・ヒバク・人間」。例年、当日のお客様が多く立ち見などの方も出てしまいます。お早めに確認電話を。非戦専用携帯080-3700-2480へ

☆非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.14☆
・第一部:朗読劇(ピースリーディング)「核・ヒバク・人間」

・第二部:インタビュー 
28(日)長谷川健一(飯館村の酪農家)
聞き手:円城寺あや・篠原久美子
映像ナレーション:市毛良枝

構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁
演出補:永井 愛・丸尾 聡

出演:青井陽治、市原悦子、大方斐紗子、大沢健、笠原浩夫、小山萌子、高橋長英、田根楽子、藤井びん、松金よね子、松田美由紀、村井国夫、山崎ハコ、若松泰弘、流山児祥ほか。

日時:2011年8月28日(日)14:00

会場:全労済ホール/スペース・ゼロ(東京・新宿)03−3375−8741


ときおりすごい雷雨のトーキョー。
1日中、千川の集会所で非戦を選ぶ演劇人の会のピース・リーディングの稽古。
休み2、3回とるが、ほぼノンストップで稽古。位置決め、大体のステージングトラストまで。
2日間でほぼ出来上がる。

事実という重さ、凄さ。世界中の「核・ヒバク・人間」がここにある。
ぜひ多くの皆さんに聞いてもらいたい今回のリーディングである。
3・11以降の《現在》を問う、ならば、3・11以降の《演劇の現在》は?
・・・・・・・
涼しい曇り空のトーキョー。

お昼過ぎから「場当たり」ゲネプロ。18時初日です。新宿Space zeroでお待ちしています。まだ、お席はございます。いますぐ、ご予約を!!

非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディングの稽古始まる。
有楽町線の千川駅近く。

40人の出演者、スタッフ、実行委員の皆さんと多くの人の顔合わせ。
演出は鵜山さん、演出補に永井さん、丸尾さん。

全員の「よろしくお願いします」が終わり、さっそく本読み。てきぱきと立ち位置の指示が鵜山さんから。休憩時間に久しぶりに会う人たちに挨拶。元気そうな三谷さんの顔。4年前大病して酒もタバコも、劇団もやめたとのこと。パラダイス一座の戌井さんのことを話す、近いうちに一緒に芝居やりましょう・・・・三谷さんに会ったのは随分前、三木のり平さんの芝居を見に行ったとき。俳優座劇場の楽屋で呑みだして六本木の店をのり平さんとハシゴし、四谷までいった思い出が蘇る。

楽子に心臓の持病の薬を変えることを薦められる。びんちゃんとなぜか一緒の原発労働者の役だったりして。元演劇団が3人もいるのか。

27(土)・27(日)新宿スペースzeroです。ぜひご来場ください。

・・・・・・
1時間前に退出。
ザ・スズナリで少年王者舘の『超コンデンス』(天野天街:作・演出)初日を見る。
満員の客席。知っている顔が多い。10年ぶりくらいの再演。アマノワールド全開。水谷の美術、キンタローの照明、ハマジの映像、夕沈ダンス、良くできたチームワーク、劇団力。
終演後、ひさしぶりの「ふるさと」。
寺十、綿貫の『赤色エレジー』チーム。千川の稽古場に萌子がいたので?だったが、猪熊くんも。
燐光群の旅は来週からとのこと、そーか。
あっつ、肝腎の話をアマノとしてねえよ・・・・ま、いいか。
・・・・・・・

本日(11月4日(火))14時過ぎ早稲田大学大隈講堂にて
   過士行:作 流山児祥:演出『魚人』リーディング上演!!


初めて、流山児祥が「リーディング」の演出を手がけます。

作品は中国現代演劇を代表する劇作家の名作。「閑人」3部作の『魚人』齢数百年という幻の大魚:チルをめぐる老釣り人と湖を守る老漁夫の宿命的な葛藤と闘いを通して「自然と人間」の寓話的世界が浮き彫りとなる。本当に、面白い作品に出来上がってますよ。

犬塚さん、鷹さん、誠也さん、あさやさんの4人の名優達の熱演!!

おまけに「無料」です!!是非ご来場ください!!!


−“演劇”が喚起する地球環境への感性と国際交流− 
 感劇・環境〜演劇とシンポジウムで地球環境と出会う


 2009年11月4日(水)早稲田大学大隈講堂 (地下鉄東西線:早稲田駅下車徒歩3分)

 第一部13:30〜14:10「水の手紙」井上ひさし:作 山下悟:演出
 第二部14:20〜15:30「魚人」過士行:作 流山児祥:演出
 
出演:犬塚弘・大久保鷹・中野誠也・大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)ふじたあさや、栗原茂、上田和弘、木暮拓矢、武田智弘 、阿萬由美、山下直哉/流山児祥
作曲・音楽・生演奏:横関剛・村井一帆

 15:40〜16:40「黒い獣 哀しみ」アーニャ・ヒリング:作 川畑秀樹
 第三部17:00シンポジウム 井上ひさし×過士行×池田清彦
             司会:永井多恵子
   
   ※開場13:00〜途中入退場可能。お早めにご来場ください。

   ※予約不要・入場無料 


主催:(社)国際演劇協会 共催:早稲田大学文化推進部文化企画課