流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝から病院。持病の心臓の薬をもらいに近くのT病院へ。血圧は95−152 今日は高い。暑くて最近良く眠れないせい?かな。「水はこまめに飲むよーに」と先生に言われる。
・・・・・・・・・
コンビニで買った26日:日刊ゲンダイトップに「小沢出馬表明」の記事が踊る。
ゲーノー欄に掲載されている安奈淳さんのインタビュー記事「宝塚退団からもう32年」Cに私のことが「見た目はコワモテの「アングラの帝王」はこれまで私の周りにいなかった種類の男性」と出ている。はい、そうです。
・・・・・・・・
通し4日目。順調に進んでいる。
テンポも良くなりあっという間に5分近く縮まり、2時間25分に。あと5分ぐらいは確実に短くなるだろう。関係のテンポである。いまのところ、幕間を取って休憩を入れる予定だがひょっとしたら、一気にノンストップでいけるかもしれない。全くカットせずに台本どおりカッチリ作っている。

正攻法でそれでいて確実に「世界の何処にもないチェーホフ」になっている。

今日も稽古場には劇団員の顔が、里美和彦、柏倉太郎。経堂の稽古場もあと3日である!!それにしても暑い!この調子で9月にはいるのかよ?である。暦の上ではとっくに秋なのに・・・・。

・・・・・
それにしても私は相変らず、毎日「ぶれて」、いっこうに安定しないナマモノである。
なんでなんだ、明日こそ確実に!である。すこしは・・・・。さ、あごひげも今日から生やさなきゃ・・・である。この期に及んで。

というわけで(何が?)あと3日!ぐぁんばりまーす。本番まであと5日、ホントに秒読み。
民主党の代表選はもうメチャクチャの小沢対菅首相、の全面対決。これアリなんだ。ふーん、いったいどーなってるんだこの国は。それよりタイヘンなのは円高株安。この国のテイタラクをよそにどんどん進んでいる。酷暑の秋、狂乱政治、『櫻の園』の台詞じゃないがこの国は「200年は遅れている」。


さて、通し3日目である。

三幕の狂乱?の場が面白いように転がり始めた。もう少しイカレテクルと私の出るたった30秒間がもっと面白くなる。

今日は翻訳・台本の木内さんが「通し」をたのしく見てくれた。ほんとに世界の何処にもないチェーホフになっていますと絶賛してくれた。とにかく、「嘘つき」の群れ?(その場に居たくてだが)をきっちり「ナマ」でやればいいのである。ほんとに「そこにいること」これだけである。

今日こそ完璧に「そこにいよう」と思ったにも関わらず、1シーンだけボロボロ。まだ、あと4回「通し」がある。とにかく楽しく明るく「そこにいる」だけである。

米山も三幕・四幕の通しを見てくれている。劇団員がどんどん、稽古場に。本番近し!の感アリ。

・・・・・

差し入れも沢山。
千葉くんの演出もどんどん細かくなってゆく。あとは「役者の時間」である。より、ナマにテメエのコトバでチェーホフのコトバを喋るしかねえ。それしかオレタチにできる事はねえ。

7時前に稽古を取り、鎌田さんのヘアメイクの時間。女優さんたちだけ残る事に。
いつものように、早めに帰宅。

コンクールのビデオ審査1本。あとは水曜日のドラマ「アイリス」。もう17話。最終回近し!イ・ビョンホンの凛々しさに・・・。

今日はとにかく、早めに寝る。それにしても、疲労の極地か?肩が痛いはのどは痛いわ、ドーなってるんだ!!年だとは決して言わない事にしよう。だって、毎日稽古場でイチバン楽しんでいるのは俺だもん。
・・・・・・
さて、通し・2日目である。
稽古場へ行くと梁山泊の広島さんから差し入れ。近くに住んでいるとの事。有難うございます。
tptの『かもめ』を終えた上田和弘が稽古場に。

昨日は札幌帰りでボーとしていたが今日こそ落着いてやろうと思ったが、思いもよらぬところでぽこっと台詞がロレロレにいかん、いかん。明日こそ!である。

2時間30分、は変わりなし。もう少しテンポは上がると思うが。まあ、やれる事はまだ、イロイロ試す事にしよう。きちんと、落ちついてだ。役者たちがもっと楽しみだしたらしめたものなのだが。

ダメだし。

そのあと、机の色塗りの美術作業。衣裳やらメイクやら同時進行で本番近し!の感。
私は早めに帰宅。昨日から続けてみている3時間の超大作をやっと見終わる。
うん、たしかに、良く出来たゆるぎない作品。こういうのに出会えると気持ちがいい。

・・・・・・・

ロシア民謡を参考のためにいくつか聴く。

・・・・・・・

あと5日、連日「通し」の日々である。やれることをきっちりやろう。
面白い作品に出来上がっています。お早めにご予約ください。
さて「通し」稽古の始まりである。いつものように経堂のハンバーガーショップでアイスコーヒーを飲んでいたら新宿梁山泊の金さんとバッタリ、農大通りに住んでいるとのこと。面白い四方山話、相変らず元気。

一幕・二幕通し、1時間10分、まあ、これは縮まる。いまは「関係性」を確認するための「通し」である。千葉さんは通しでなく「流し」でいいです、とのこと。とにかく正確に、落ち着いて、よりはっきり・・・だ。でも、いい感じで出来上がりつつある。ご期待ください。この時期に仮にも「通し」が出来るのはいいことである。

近所に住んでいる若杉宏二が稽古場に。今夜は『ハイライフ』チーム呑み会?通し後、ダメだしというか気になるところの確認、で三幕の稽古。いつものように6時に稽古終了。明日は四幕の稽古後、「三幕・四幕」の通し。ヘアメイク協力のKさんも稽古場イン。

・・・・・・・・・

そのまま、下北沢に移動。久し振りのザ・スズナリ。名古屋の少年王者舘の新作『ガラパゴス』(作・演出:天野天街)を見る。2足歩行のニンゲンの進化?とナガサキ・キノコ雲・アフロ・電脳世界・死・アマノWORLDの新展開?夕沈ダンスがより進化・深化していた。歩行しながらの歩行・・・か。いつものようにアマノとスズナリの下の呑み屋で終電近くまで。今年はアマノと仕事できないが来年以降の作戦を・・・・・。ちょっと、ホッピーの飲みすぎか。

・・・・・・・

明日22日は朝から札幌行き。教育文化会館で短編演劇祭の審査員、佃典彦と一緒。休みなしで本番突入である。小屋入りまであと9日、さて秒読みである。

『桜の園』は順調に進んでいる。トーキョーは相変わらずの猛暑だが曇り空という事で33度でちょっと涼しかった。残暑見舞いどころの騒ぎでない「猛暑:酷暑お見舞い」の既に暦の上では秋なのに・・・もう季節感なんてゼロのイジョーなる昨今である。

衣裳パレード、荻野さんの衣裳はなかなか・・・私は演出家のイメージで自前ということになっているので・・・・に、眼鏡を探さなきゃならなくなった。おれサングラスでいこうと思っていたのに。

今日は2幕。

衣裳パレード後、1回「通し」てみる。空間が変わったのでまだどうもカラダに落ちていない。それからキチンと台詞は正確に・・だが。
・・・・・・・・

6時過ぎに稽古が終わったので中野ポケットでやっているONE on ONEの新作『GENIUS WRITER 〜本物と偽物・シェイクスピア』(浅井さやか音楽・脚本・美術・演出)を観る。盛りだくさんの浅井ワールド、ちょっとすぎたんじゃないと軽口を、あと3日公演中。終演後、10月のミュージカル『愛と嘘っぱち』に出演してくれる内藤大希クンと挨拶。浅井と打ち合わせ。
『愛と嘘っぱち』第3稿も出来上がった、面白い作品!!歌はとにかく早く!である。あと、3日公演がんばって。で、しつこいけど、とにかく曲は早めに!

・・・・・・・
20日(金)涼しい。涼しくて早く起きてしまった。ふーん、30度ってこんなに涼しいんだ!とへんな感動。

さて、今日から「通し」稽古が始まる。まずは一幕・二幕の初通し!!ぐわんばりまーす。たのしみまーす、である。

経堂の稽古場である。
駅から10分以上、行き帰りであっという間にTシャツがグジュグジュになる。おまけに稽古場は寒いしこの温度差でほんとに疲れる。

稽古場に小道具、イントレの階段も出来上がり、ほぼ本番と同じ状態で稽古ができる。この2日間は、朝から劇団員総出の稽古場仕込みであった。午前中から夜7時近くの稽古でこの2日間はみんなヘロへロのてい。それでも今日からきちんと一幕の小返し稽古である。1回止めないで最後まで行った、もう台詞が出てこなくて俺だけレロレロ、いや参った、参った。

当然だが、その後じっくりやり直し。いかん、自分では台詞は完璧に入っている気でも、実際出てこなきゃ「ダメ」である。まあ、私はみんなより1週間遅れて稽古に入っているので流れが「よくわかってないのも事実」。すべてはこれからである。まだまだ、時間はある。がんばろう。

照明の沖野さん、音響の赤目さんと続々スタッフも稽古場に。

それにしても、経堂は高い飲み屋しかない。困ったもんだ。ビンボー人の飲み屋を探さなきゃ・・・・である。

・・・・・・・

今日もいつもの、猛暑で早く起きる。このイジョーさはいつまで続く?

今日は三幕の舞踏会?の振り付け、私と重大が出ていないシーン。明日は二幕、そして衣裳パレードと着々と『桜の園』は進んでゆく。まさに世界のどこにもない『桜の園』になってる、いや、ホント!!

私はとにかく台詞覚えとコンクールのDVD審査の日で今日もぐったりの、引きこもり予定。それにしても暑い!!!
なんじゃ、このひとりしばいは・・・・。このミュージカルは・・・。
※※
早稲田での2週間があっという間に過ぎた。
お盆の15日はお休み、明日から経堂にある大きな稽古場で追込み稽古。劇場の実寸がとれる空間となる。

『櫻の園』めまぐるしく様々なヒトビトが入り混じるシーンが一幕、三幕、これが見事に転がりだすとめちゃくちゃスクリューボールチェーホフになりそうである。

・・・・・

今日も1日DVD審査。お昼すぎからちょっと・・・・でもいくか?

とにかく、久し振りの休日。休む時はやすまなきゃ、ね!

・・・・・・・・

あ、それから、なんでも来週にはPCの修理という事でこのブログも17日以降、ちょっと「休憩」する予定です。ま、そんなとこ。
『櫻の園』2幕スケッチ、微に入り細にわたりチェックしながら稽古は進んでいる。

今回は何としても××だけはやろうと企みながらも、奈何せんダメな役者ゆえ悪戦苦闘の日々である。もちろん楽しい限り。早稲田の稽古場でとにかく、《関係性》と「そこにいる根拠」を・・・・である。
・・・・・・・・
で、ナロードニキ・・・である。ある資料によれば。

19世紀後半のロシア革命運動において主導的役割を果たしたインテリゲンチャ。原語はロシア語のナロードnarod(人民)に由来し、人民主義者と訳される。さまざまな党派、潮流が存在したが、全体的に、人民とくに農民の利害を代弁し、専制と農奴制を批判した。またロシアの資本主義化に反対し、ミール(農村共同体)を基盤とする農民社会主義の実現を説いた。西欧先進諸国とは異なるロシア「独自の道」を目ざすこの理論は、とくにゲルツェンやチェルヌィシェフスキーによって提唱された。

1850年代後半から非合法的組織が活動していたが、とくに農奴解放後、その反政府活動は激化し、61年末には最初の本格的秘密結社「土地と自由」(第一次)の結成をみた。「土地と自由」は翌年弾圧を受けて壊滅したが、学生を中心とする青年はゲルツェンの「ブ・ナロード」(人民の中へ)の呼びかけにこたえて、次々に非合法活動に走った。1866年のアレクサンドル2世暗殺未遂事件(カラコーゾフ事件)はその一つであった。活動の中心にたったのは、貴族インテリゲンチャにかわって登場した、聖職者、下級官吏、商手工業者などのラズノチンツィ(雑階級知識人)であった。ラブロフやバクーニンの説く「ブ・ナロード」の呼びかけは、1874年の「狂った夏」に最高潮に達した。数千人の青年男女が農民のなかへ入っていった。だが農民は彼らの社会主義実現の主張を理解せず、逆に彼らを警察に突き出した。運動は失敗し、革命派はふたたび地下に潜伏した。

1876年「土地と自由」(第二次)が結成され、ザスーリチはペテルブルグ特別市市長を狙撃(1878)。テロ戦術を否定して、プロパガンダ路線を主張する「総割替」派と、テロによる政治革命を目ざす「人民の意志」派に分裂。後者は1881年3月1日アレクサンドル2世の暗殺に成功。皇帝暗殺事件後、「人民の意志」派は激しい弾圧により壊滅し、他方「総割替」派は、マルクス主義への移行などによって消滅。このころからマルクス主義者が革命運動の主流となり、ナロードニキの多くは自由主義化し、教師、医師、自治体書記、職人などとして地方自治体における社会改良運動に励むことになった。20世紀に入って成立した社会革命党(SR(エスエル))もナロードニキの伝統を継承している。

・・・・・・

このへんの事を調べているとチェーホフも面白くなる。「評判のよくない80年代のオトコ」ガーエフとは?

別にこれでもって、演技がドーのこーのじゃないけど。

チェーホフ、でもって次が「大逆事件ミュージカル」っていうのがうちの劇団らしく面白い。

『櫻の園』の稽古に入った。
フレッシュな顔合わせである。安奈淳さん、新人の朝比奈慶以外は全員何度かやっているメンバーなんだが演出家が千葉哲也ということで、全く稽古インの風景が違う。もちろん私はプロデューサー兼役者。翻訳・台本の木内さん、美術の石原さんとは初顔合わせ。よろしくおねがいしまーすである。

自己紹介を終えて早速台本を読んでみる。

役者のコトバにしてみるとチェーホフのコトバの面白さは・・・・・である。

明日から細かくやっていく!という千葉さんの言、でお開き。

・・・・・・・・・

早めに帰宅。一気にビデオ審査3本。目がくちゃくちゃに、なる。あと、3本。で4日(水)から7日(土)は福岡で演劇大学の演出家・俳優養成セミナーのドラマ・ドクターで4日間お休みする。申し訳ない・・・・ま、私の出番は一幕、四幕がほとんど。ということで今日は、まずその一幕からである。ミッチリ5時間緻密に繊細に関係性を。

・・・・・・・・・・・

久し振りに早めに起きて喫茶店でモーニング。昨日から始まった国会の模様を読む。ねじれ国会。果たして管内閣は・・・・。

11時からシアター・ガイド10月号の「私の本棚」の取材、ということで少し部屋の整理をする。今月号は天野天街(少年王者舘)の本棚であったが、アイツの場合は本棚というか本の間に寝起きしてる物体だが、私は棲む家、棲む家でしかホンを持たない主義だから流山の生活の35年はそれこそ天野天街のごときものであったが、いまはほぼ「雑誌と文庫本」しか置かない時代のこの10年余りである。
・・・・・

それにしても、台詞が入らない。やばい。繊細に、緻密にという感覚をほとんど持ち合わせていないわたしは・・・・うーん、大胆に!だ、と開き直る。それにしても、今日も暑い日である。
Вишнёвый сад:櫻の園のロシア語である。
9月公演に向けて着々と進んでいる。高校時代の友人から今朝チケット6枚の予約が入った。こんな早い予約は始めてである。まだキチンと台本も読んでいないというのに。
ロシア革命前のインテリたちの悲喜劇。150年前、夏目漱石が英国留学から帰った頃に書かれたものがたり。

そんなkotoを思いながら台本を読んでいる。同時に『浮世根問』の稽古も始まる。こちらはアタマがペテンパーの老ヤクザのヒットマン。時々記憶が飛びメチャクチャなキャラクターで台詞も脈絡がない。こちらも覚えて「忘れなければならない」。というのも、途中からインプロ(即興)になるから・・・・である。

というわけで2本の台本を覚えなければならない。で、10月・11月鹿目由紀の新作ミュージカル『愛と嘘っぱち』の台本も今日あがってくる予定。こちらもホンが上がったら音楽をつけなければならない。こっちも同時進行。


でもって、23日から28日はシニア演劇ワークショップ。今回は夏目漱石の『夢十夜』。

で、その前に松山の演劇大学。ってことだ。なんなんだ!

まあ、そういうことである。でもって、このハラと体重だ。やせなきゃ。といってビール飲んでいる俺、ダメジャン。