流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

東日本大震災から2カ月。
仙台の被災地、仙台港、多賀城辺りをを仙台の演劇人の友人らと回る。
映像ではなく現実に見る津波の凄まじさに慄然とする。
瓦礫の山、ゴーストタウンと化した街。戦場の映像にも似たその光景に足がすくむ。
・・・・・・
白鳥ビルはひび割れだらけだが、表は塗りなおされていた。白鳥ホールの天井も落ちたらしいがもうなおっていた。黒く塗られて、すっかり小劇場の体。『狂人教育』のとき、プレゼントした照明用のパイプもきっちりあった。
6月になったらSENDAI座プロジェクトの芝居から再始動の予定。

☆SENDAI座☆プロジェクト 復興応援チャリティー公演!
  「明日に向かって歌え!」
  6月4日、5日仙台公演!(白鳥ホール)
  6月11日12日 東京公演(青年座劇場

Gさんと一緒に、FMラジオに出演、『夢謡話浮世根問』が仙台「初」の演劇公演になるらしい?とにかく、元気を運んでゆくつもりである。

白鳥ホールの被災で急遽、劇場を提供してくれた仙台市おろし町の10−BOXで打ち合わせ。4年前の演劇大学でお世話になった皆さんに今回もお世話になる。よろしく。
仙台の演劇人たちとこれからの「長ーい戦い」についてじっくり話す。
夜、盛岡へ。盛岡劇場にあいさつして、早めに就寝。

・・・・・
盛岡、朝から新聞社2社のインタビュー、ラジオ2局で生出演。岩手のみなさんがやっている被災地に絵本を送るプロジェクトの仕分け作業を見せてもらう。全国から集まった10万冊?の絵本をSさんの奥さんらボランティアの人たちが公民館で作業している。元南部藩の庭園だったという中央公民館の庭園で久しぶりにじっくり2回台本を読む。

夕方から岩手アートサポートセンターの人達とミーティング。
私たちでできることを話し合う。
・・・・・
仙台、盛岡公演とも多くの演劇人たちの協力で行われる。
きっちり、面白い芝居をやる!!これだけである。
19時47分発の東京行きの最終の新幹線で帰京。
・・・・・・・・
小雨のトーキョー。
朝早くから荷積み。ライトバンに乗ったスタッフチームは今日、大阪行き。1日早くウイングフィールドへ。明日は仕込み。私と北村想は明日劇場入り。場当たり、明かり合わせ。
いよいよ『夢謡話浮世根問』ツアー開始!!である。


心斎橋で待ってます!!
震災5日目、ニッポンは大混乱である。福島第1原発4号機火災。死者行方不明者は1万人を越えた。冷たい雪が被災地を覆い、必死の救助作業が続いている。
計画停電、一部電車の運休も続いている。
たつまに電話するととにかく、ガソリンがなくて仕事が出来ないとのkoto。
6月の柏公演でしか見られない・・・とのこと、気にするな。
震災の前日に幕を開けた『夢謡話浮世根問』本日14時の回で千穐楽である。
粛粛とわたしたちは上演活動を続けてゆく。『卒塔婆小町』も最後の通し。
MISHIMAのコトバのもつニンゲンの「愛」への信頼をキッチリと伝えていく。元気にSpace早稲田という「避難所」でわたしたちは「普通」に「演劇」してゆく。
♪がんばろう!突き上げる空に・・・・・
福島第一原発が「炉心溶融」の可能性が出てきた。
世界中が注目していることが《現実性》を帯びてきた。菅首相が20キロ避難から30キロのヒトに屋内待機を指示した。放射性物質拡散。
都内のスパーからモノが消えつつある。
「計画停電」というより「抜き打ち停電」で首都圏の交通網はズタズタ。
友人から「カタストロフィだな」のメール。カタストロフィじゃなく、「復興」でいこうぜ。
粛粛と『夢謡話浮世根問』上演中である。
昨日はアフタートーク。
阪神大震災についで2度も大震災に出会って「芝居」をやっている想さんの言葉が重かった。
ヒトの悪いところを描くのではなくヒトのよいトコロにエールを送るのが演劇なんじゃないか。
その通りである・いのちイッパイに生きる。これだけである。
昼間は『卒塔婆小町』の稽古。昨日の通しを受けてラストシーンを創っている。
もう少し・・・・・。
・・・・・
『夢謡話浮世根問』あと、2ステージ!わたしたちは元気に「芝居」するだけである。
今日も「計画停電」が続いている。無理をしないでいのちイッパイ生きていきましょう。

東北関東大震災。
未曽有の惨状。日本半分沈没?混乱が続いている。スーパーからモノがなくなっている?
各地からお見舞いメールを頂く。わたしたちは元気です。
盛岡のSさんからメール、やっと連絡が取れた。盛岡の演劇人はみなさん元気とのkoto。良かった、良かった。
Sさんの働いている公民館はいま「避難所」になっているとのkoto。未曽有の惨状に文化はいかに立ち向かうか?とSさんたち。
これは、わたしたちの今後の課題である。
・・・・・・・
『夢謡話浮世根問』粛粛と上演中である。
首都圏の計画停電、交通機関の「運休休止」が始まった。福島第1原発では3号機も水素爆発。
株価は1万円を割った。

こんな時だが、とにかく、普通に、やれることをやるしかない。『卒塔婆小町』も初の「通し」。昼:稽古、夜:『夢謡話浮世根問』の本番である。

今日も、いつも通り、Space早稲田は『夢謡話浮世根問』上演中です。
決して「無理をしないで」ください。来れるヒトは、おいで下さい。

『夢謡話浮世根問』:あと3日間・3ステージ限り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本巨大地震。
その惨状が刻々と伝わってくる。
嘗て、そこに「街」があった・・そこにヒトビトがいた・・・。
余震は続いている。長野でも新潟でも地震が、そして福島原発は・・。
仙台のYさんやGさんとやっと連絡が取れた、よかった。とにかく、気をつけてください。
緊急車輌がいけない場所が多くあるという。とにかく、最大の「救出活動」を。仙台は食料も水もタイヘンな事に・・・という情報も。ライフラインはズタズタ、「正しい情報」が欲しいという被災者
の方々の声。自衛隊10万人体勢、即急の救援を!!

わたしたちはいつものように、粛粛と、Space早稲田で『夢謡話浮世根問』上演中である。
芝居小屋はかつて「アジール:民衆の、心の避難所」であった。いまも、そうであるとおもう。わたしはそう思っている。ヒトビトのアジールでわたしたちは芝居する。


東北地方太平洋沖地震。
吃驚した。CDや本の類が私の周りにどさっと落ちてきた。
凄い揺れ、来たな!と思いながら揺れていた。別に何もしないで・・・・とりあえず、一寸した棚の下に「居た」。外では多くのヒトタチが騒いでいた。テレビをつけた。そこでは、想像を絶する光景が映し出されていた。大津波が仙台を襲っている・・・・・・。自然の脅威の凄まじさに・・・・。

電話はまったく通じない。

稽古場とやっと通じる。みんな、稽古を中止して近くの駐車場に避難したとのkoto。

5時から粛粛と『夢謡話浮世根問』の稽古。

電車は全て止まっている。が、とにかくやるしかない。

いつもの通り、開場する。誰も来ないと思っていたが「当日券のヒト」も含めて、予想を超えるお客さんが。もともと、今日は「前売完売」だったが・・・・。とにかく「歩いて」「自転車で」Space早稲田まで『夢謡話浮世根問』を観に来てくれたヒトタチに大感謝。

余震のある中、粛粛と元気に!最後まで・・・・ほんとにありがとうございます。役者というイキモノの出来る事をキッチリやる。それだけである。

仙台、盛岡のみなさん大丈夫ですか?心配しています。みなさんのご無事を祈るしかない。そして、なくなられた方々のご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・
深夜、やっと息子に連絡が取れた。
早稲田通りは帰宅を急ぐ多くの人たち。

余震は続いている。


とにかく、政府は緊急に被災地の支援を!!

さて、初日である。
15時からキッカケ稽古というか一応一通り当たる。
17時過ぎから「劇場つくり」劇団員総出で・・・・・いよいよ第2弾『夢謡話浮世根問』である。看板も変わる。

事務所にいくと、賄いのカレーがこれが美味い。
珈琲館で台本に一通り目を通す。
当日予約が急速に伸びてうれしい「満員」発信の初日となる。

一寸したミス(というか・・・・?)があったがなんとか「初日」の幕を開ける事が出来た。
さすがに2人芝居なので初日乾杯といっても少人数。40年以上の戦友、山崎哲、トムプロの岡田さんといった想さんと共通の友人、舞台美術家の濃野さん、中村哮夫さんらと喋る。弘子が「何処が台本でどこが即興なのか」判らない・・・と、狙い通り。哮夫さんも「即興で創ったシーン」をほめてくれた。カラダの体験から出てくるコトバ。生きざま・・・としてのコトバ。いろんなことを考えざるを得ない初めての「現場」をいま体験している。楽しい体験である。

今日は1時間10分余りで「終演」したが昨日は1時間21分であった、一番長い通しは1時間25分・・あった。つまりこの芝居はほんとにイキモノなのである。

22時過ぎには「呑み会」も終わりにした。想さんは21時過ぎには帰った。でも、歩いて帰宅。疲労困憊。
明日は11時から『卒塔婆小町』の作業、稽古も・・・・・わたしは明後日から「演出家」に戻る予定。とにかく真摯に『夢謡話浮世根問』の《世界の住人》になる。愛する相手役と「物語」の中の登場人物=「四郎と美津子と早苗」と一緒に1時間20分を生きる・・・・これである。
・・・・・

曇り空のトーキョー。とにかくふらりと早稲田においでください。待ってます!!

※2月22(火):毎日新聞夕刊に「流山児祥が熱い!」25(金):朝日新聞夕刊に「レパートリーシアター開催!」、27(日):産経新聞に「全国の社寺を”劇場化”!」3月2(水):読売新聞夕刊に「寺山の台本は古びてない!」との記事、3(木):日刊ゲンダイに「流山児★事務所が新展開!」と続々と全国紙にレパートリーシアター3作品連続上演の関連記事、『花札伝綺』劇評が掲載されている。また様々なブログで絶賛の『花札伝綺』劇評が!・・・定員60〜70席の早稲田の小劇場が今、日本現代演劇界の「注目」を最も集めている。現代演劇の最前線=Space早稲田公演『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』見逃すな!


朝から照明吊りこみ、シュート順調に進む。
予定より1時間早く明りあわせ、場当たり、床もドアも・・・・。
みっちりじっくり18時〜22時まで4時間を越える。まあ、演出ではないので照明を見ることは出来ないがROMIさんらしいシャープなデザイン。

『夢謡話浮世根問』の《世界》の住人にすこしはなれたような感じの「場当たり」であった。今日が一番濃密な稽古をしている感じ・・・・で進んだ。それにしても想さんはいい役者である。

さすがに疲れ果てるが歩いて帰宅。

2日断酒だったが今日は缶ビール1本で寝る。

・・・・・・・
快晴。去年の5月から遊んできた『夢謡話浮世根問』ついに本日初日。
楽しみましょう。15時稽古開始。で、劇場つくり、いつものように。今日の初日には山崎哲、外波山文明といった戦友も来るという。とにかく落着いて、楽しく・・・・だ。

早稲田で待っています。

『夢謡話浮世根問』12時半から最後の「通し」稽古。
これが凄い事に、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、それでも最後までキチンと「通る」から・・・・面白い!!でもって、楽しい限りである。とにかく、想チャンと「二人しかいない世界」をもっと楽しむことにする。いやはや、6月から稽古を始めて7、9、11月と飛び飛びで稽古を重ねてきた。が、みっちり連続稽古をしていない、ので、いわゆる「演劇的安定」がない、。ナマモノというかニンゲンがそこに「いなければならない」、これが難しい。キッチリ『夢謡話浮世根問』の世界に2人で「入っている」かが試される!!のである。
想ちゃんは見事に「世界」に入っている(細かく巧い)彼は見事に「劇」の住人なのである。わたしは「邪念王」でスケベなダメ役者だから!そこのところが・・・・・うーん、楽に、楽しく私なりの「劇の住人」になるゾ。真剣に、新鮮に!!

11時から5時間の最終稽古。いつもの通り、初めての「1週間稽古」であった。
明日は夜:明りあわせ、ゲネプロ:なし、ぶっつけ「本番」となる。
これでいい、そういう「作品」なのである。
『夢謡話浮世根問』の《世界》を「想&お客さん」と一緒に「楽しむ」・・・・これである。

・・・・・・
3時から『卒塔婆小町』の稽古場に変わってゆく。
『卒塔婆小町』も佳境に・・・・・・こちらも「世界が定まってゆく」
早めに「役者」たちに「世界」を渡したいのだが・・・・これまた、あっちへいったりこっちへいったりの「試行錯誤」を繰り返している。が、これでいい。

50分余りを「通す」・・・・面白い、あと10分余り。
ラストへ向かってゆく!
明日とあさってはマミダンスで稽古、演出は全面的に北村真実さんに。
明日からわたしはきちんと「役者」モードにスイッチを切り替える。

Space早稲田は昨日に続いて劇団員総出で2日連続で「徹夜作業」で『夢謡話浮世根問』の劇場に変貌してゆく。劇団初のレパートリーシアター第2弾、ご期待下さい!!
・・・・・・・・・
連日早稲田の日々が続いている、レパートリーシアター第2弾『夢謡話浮世根問』、第3弾『卒塔婆小町』の昼夜稽古である。でもって、雪。

お昼は『卒塔婆小町』、順調に進んでいる。
鹿鳴館シーン前まで、様々なバリエーションのワルツ。
「俗悪な人々」「塚に吹く風」・・・・・カラダで・・・・・うーん。

・・・・・・
夜は『夢謡話浮世根問』10日(木)初日、あと3日の稽古である。
気になるところを一通り当たる。
今日もまったく違うところから「即興」が・・・・今日のネタは楽しかった。
一体何処まで行こうか?ホント考えてしまった。ま、これでいい。
通し:1時間21分。昨日と5分違う。
T小道具がら机や椅子やが劇場に運び込まれる。今夜は「深夜の」美術作業。昨日まで『花札伝綺』で役者をやっていたイワヲは今日から舞台美術家の顔。疲れ果てていると言うのにホントにご苦労さん、ありがとう。

さすがにお昼から22時半はきつい、風呂に入ってキューバタンの日が続く。
・・・・・・・
快晴。
11時から22時今日は昼が『夢謡話浮世根問』、夕方からMISHIMA。

浮世本番まであと2日!10ヶ月もこの本で遊んでいるんだから、このさい、じっくり遊び尽くそうぜ、想さん。ほんと、3本とも前代未聞の「劇」になっている・・・いや、ホント、面白い。で、小劇場、劇団ってなんていいんだって・・・・実感できる作品になっている。

・・・・・・・・・・・・・