流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

今日も「大移動の日」である。ヘビーなんてモンじゃない。
午前11時から『夢謡話浮世根問』4回目の「通し」・・・いやあ、面白かった!ヒトとヒトが絡み合うってこのことだ・・・・想ちゃんも昨日のとは別人のよう・・・水を得た魚?なんだ、このたとえ。
とにかく1時間25分余り、喋り捲り動きまくりいろんなことがあって、劇が終わった!!
これでいい、この調子を基本に「舞台で生きる」だけである。

小林七緒の的確なダメだし。1時過ぎに稽古を取る。想は名古屋に。

地下鉄を乗り継いで渋谷から下北沢へ。
北沢タウンホールでマミダンスの『男たち、女たち・・ヒトたち』(振付・演出:北村真実)を観る。凄い!北村真実ワールドの集大成、スタイリッシュでそれでいて生々しく、笑える。白石が台詞喋っていた、ま「こんばんわ」だけだけど・・・・ラビ、古賀さん、白石、オジサン3人組のSCENEはまるっきり芝居。『卒塔婆小町』の参考に・・・満員の客、3ステージとも満員とのこと、良かった。

「劇」小劇場に顔を出す。19時の審査まで3時間余り、眠亭でうま煮定食、ゼンモールでキャップと小道具にするサングラス3個、「閉店」セール?である。

・・・・・・

名古屋勢、平塚直隆作・演出『続・トラックメロウ』オイスターズ公演を見る。いや、面白い。久し振りに笑った、笑った。平塚ワールド全開。

終演後アフタートーク。終えて急いで小田急線、JR、東西線と乗り継いで早稲田まで。
『花札伝綺』のアフタートーク、30分あまり、役者も交えてトーク。
呑み会で新潟のIくん、Hクンらと喋る。新潟でも3箇所ぐらいレパートリーシアターやれそうである。
・・・・・・・・
さて、今日も快晴である。昨日に比べてぐっと暖かい。

朝10時から『夢謡話浮世根問』稽古。
アタマがどーしても2時間余りは正常に動かない。
12時過ぎには何とかなるのだが・・・・・・・12時半から3回目の「通し」まだ、2、3箇所どーしても流れが良くない・・・うん、これは大変。
・・・・・
2時半稽古を取る。

『花札伝綺』は今日から龍昇。

わたしは上野毛で自主稽古している『卒塔婆小町』の現場へ。
役者達が「とりあえず、創った後半のシーン」のスケッチを観る。
まあ、これをあさって、1回北村真実さんと見ることにする。まだ、時間はある。
・・・・・・
で、下北沢へ。
ザ・スズナリに来年のことを喋りに・・・リリパット・アーミーが来ている。
で、北沢タウンホールへ、北村真実さんと1寸、喋る。
で、「劇」小劇場へ。若手演出家コンクールの審査。
鹿目由紀:作・演出『現在、進行形』を見る。その後、瓜生さん、坂手くん、円城寺あやさんとふるさとへ、鹿目さんと松井くんもバラシを終えて一緒に飲む。松井くんいは『夢謡話浮世根問』名古屋公演を手伝ってもらっている。あおきりみかんの宿泊所は燐光群の梅が丘BOX。
・・・・・
さすがにヘロヘロに疲れ果てる。
こんな日常が続く。
帰宅の電車で日刊ゲンダイの掲載記事を読む。

・・・・・・
快晴、花粉が飛んでいる。
11時から4回目の「通し」。土日は想が名古屋に、稽古は2日休み。
わたしは審査の日が続く。
1日中早稲田の日々が続いている。
朝10時に『夢謡話浮世根問』の稽古が始まった。わたしはやはり朝には弱い。
8時過ぎに起床、まだ頭も体も起きていない。前半の小返し・・・・集中しない・・・想も同じで、3分休憩を2、3度とる。

で、12時半から2回目の「通し」なんどか「プロンプあり」も、前半は確実に稽古の成果?かうまくいった。青木砂織同様、これまた細かいダメだしで緻密な小林七緒:演出である。

昨日は1時間15分、今日は1時間半。ま、3分の1近くが即興と言うか「出たとこ勝負のその日だけの」SCENEがあるので上演時間は1時間20分が基本的・・・・そんなもんだ。

2時半に稽古を取る、小林七緒は上野毛の稽古場へ。『卒塔婆小町』は役者たちによる自主稽古2日目、明日はちょこっと稽古場覗ける。

・・・・・・
『花札伝綺』中日、6ステージ目、私の出番の千穐楽であった。
読売新聞に劇評めいた記事が載った効果?か凄まじいほどの当日券で「超満員札止め」の中日!となった。私の楽屋でもあるトイレ前も5人の身内(劇団員)が立ち見であった。
『花札伝綺』絶好調!である。
甲府公演を中心になってプロデュースしてもらうFさん、Iさんも来てくれた、朝日新聞のIさん、日刊ゲンダイのYさん、『ユーリンタウン』のボビー、ホープのお二人さん、中学時代の同窓生、でもって息子のたつま・・・若杉、大鷹明良・あや夫婦、悪源太、魚といったと多くのお客さんに・・・感謝。たつまが「イッテマスね、イカレテイテ実にいい」とのホメコトバ、来週も来るから!そのとき飲もう、ということに。

終演後はいつものように稽古場宴会。

『花札伝綺』5日目、絶好調である。
平日のそれも火曜日のマチネだというのに「超満員」となる。佃君が名古屋からわざわざ観に来てくれた。青木砂織とは何度も競演した大親友ということで・・・それにしてもきょうは評論家デー?というぐらい多くの評論家のみなさんのご来場であった。
明日は『花札伝綺』中日、私の出番の千穐楽、6ステージ目である。
・・・・・・・
本番を終えて喫茶店に行って『夢謡話浮世根問』の台本に1時間じっくり向かう。
6時前、北村想さん稽古場へ。3ヶ月ぶりの稽古再開である。

で、演出家の小林七緒の指令で「とにかく1回通してみましょう」ということに・・・・グエエ!だがやるしかない。

ボロボロになりつつもなんとか「最後まで」勿論途中でなんどか「プロンプ」が入ったが「通し」きる。さすがに去年の6月からずーッとやってきたからカラダに落ちている部分があるということ?

久し振りにやってみて多くのことがわかった。
2時間の稽古で取る。
『卒塔婆小町』は馬場の駅前の地区会館で自主稽古中なんだが、わたしは休ませてももらう。
『卒塔婆小町』は4日間の自主稽古、役者たちが創っている。北村真実さんは3(木)・4(金)@北沢タウンホールでマミダンスの本番。5(土)から追い込み稽古。
さすがに、本番、で通し!はきつい。缶ビール1本、缶チューハイ1本で寝る。

・・・・・・・
雨が上がって、今日は朝10時〜14時『夢謡話浮世根問』稽古。前半を当たって12時半から通し。
でもって、本日『花札伝綺』、わたしの「最後の出演」です。

『浮世根問』稽古5日目。猛暑の中、還暦を越えたオトコと還暦を迎えるオトコ2人の数奇な半生(昭和史)を歌で説く娯楽作品であり、ある種のミステリー。北村想という劇作家・演出家・俳優と出会って40年近くになるがこんな風にたった2人で芝居をやるのは無論初めて。演出家の小林七緒と3人で5日間ひっそりと早稲田で連日13時から17時まで4時間みっちり。3パートにワケじっくり稽古、5日目とにかく」「通して」みた。

1時間20分、勿論、時々台本見ながらだが・・・うん、こんな芝居か、を実感。通しが終わって想さん構成を変えるkotoを提案、で変えてやってみる。
うん、いいじゃん。さすが想さん。今回の『浮世根問』は普通の芝居とちがって、即興と芝居の部分が微妙にブレンドされている面白くスリリングな構成になっている。とにかく毎日何処へ行くか?わからない部分もあってそれでいてキッチリ作らないと・・・これって、役者は面白いが、怖いし、タイヘン。

私は体力と集中力がめちゃくちゃ要る役。がんばりまーす。

次は9月である。稽古場は早稲田と中津川ですね。全部忘れて、また一から作りましょう。10ヶ月もかけて「芝居を作る」という贅沢かぎりない(経済原則を無視した)前代未聞の芝居者のライフワーク(道楽)というべき楽しい試み。大事に「作り」あげようぜ、想さん。

※※

そのまま、夜は漱石ワークショップ2日目。昨日の第1夜・オペラに続いて第3夜・を「集団劇」として作る。勿論ラストは歌。あーでもないこーでもないと4時間たっぷり、今日も15分オーバー。

これで第2夜をソロにして。

でもって、第6夜を再び集団劇として作って45分余りの「作品」に出来上がる「予定」?なのだが・・・あと、振付・・・と照明?・・・衣裳・・・・誰に頼もう?時間ないじゃん。はたして、間にあうか、あと4日!

楽塾メンバーがサポートメンバーとして手伝ってくれている、感謝。音響は荒木。新人のリナとマナミも参加。さすがに若い。孫の年?ほとんどが60代、そんなヒトタチを走らせたりメチャ動かしたり、いや汗まみれ。これはいい。

※※

今日も猛暑。さて今日はお昼から楽塾『楽屋』夕方5時から漱石WORKSHOP『夢十夜』のあいかわらずのダブルヘッダー。さすがの俺も疲労困憊になりそう・・・。豊島区から健康診査受診券が送られてきている。今年こそ受けなくちゃ。時間があるかな?
さて今日からついに昼:根問、夜:漱石のダブルヘッダーが始まった。今日なんかほんとに5分の休憩以外休み取らずにノンストップで22時過ぎまで。さすがの私も今日はヘロヘロ・・・であった。

浮世根問はじっくりゆっくり、だが確実に進んでいます。5日間でとりあえず、ラストまで当たる。的確な七緒のダメだし。そりゃそうだ・・・で・・・でもって。

というわけで、今日はとりあえず「粗ーく通してみる」?ホントかよ!の8ヶ月稽古のはじまりである。次は9月、中津川と足して今度は10日余り、で次は11月、でもって2011年3月が最終稽古、本番!である。

※※
漱石ワークショップ。熊本・名古屋からの参加者も含めて16人。男子5人女子11人。これまた大変。「夢十夜」をぜーんぶ「読む」コトから始めようと思ったが、ストレッチやってたらまず第1夜を2分30秒で音楽にあわせてノンストップで喋り歌う・・・ってkotoをやりだした止まらない。それでもなんとか歌になった。面白い。この調子で3つぐらい歌にしちゃおう。ソロ・デュエット・トリオでもって少しは芝居・・・これでいく。

それにしても暑い!!なんとか深夜までかかって原稿書き。

さあ、今日も明日もダブルヘッダー。栗原茂の客演芝居と木内尚のダンスの発表会にも行けず、ゴメン。

次は
暑い暑いと書いてもちっとも涼しくならないのでもう暑いと書くのやめますか。自転車漕いで汗だくなって稽古場でミッチリ。還暦越えたオトコと還暦前のオトコがああでもない、こうでもないとやっているのはこれはこれで面白い。兎に角やるだけ。まあ、休憩というか世間話やらなにやらを挟むので4時間なんてあっという間。実質稽古初日の今日はキチンと3分の1を当たった。作って?というかそんなものやって壊して?というかそんなものやっているというわけである。

これまた汗だらけになって帰宅。台本読み。でもって企画書3本。やることいっぱいの「早めの夏休みの宿題」のような日々が続いている。
※※

鹿目さんに夏休みの宿題第1番でMusicalの「感想文」を送る。
でもって、今夜はその音楽の打ち合わせを浅井さんと。今日は1日中早稲田にいる事に。

え、まだ夏休みじゃないって?!そうか。
猛暑である。暑いなんてもんじゃない。マチがサウナになっているよ!と思った日であった。

こんな日はなぜかハマクラだ!浜口蔵之助。涙くんさよなら:坂本九(1965年) 愛して愛して愛しちゃったのよ(歌:田代美代子・和田弘とマヒナスターズ)(1965年) 星のフラメンコ(歌:西郷輝彦)(1966年) バラが咲いた(歌:マイク真木)(1966年) 夕陽が泣いている(歌:ザ・スパイダース)(1966年) 夜霧よ今夜も有難う(歌:石原裕次郎)(1967年)粋な別れ(歌:石原裕次郎)(1967年) エンピツが一本(歌:坂本九)(1967年) 花と小父さん(歌:伊東きよ子(1967年)
みんな夢の中(歌:高田恭子)(1969年)もう恋なのか(歌:にしきのあきら)(1970年) 空に太陽がある限り(歌:にしきのあきら)(1971年)

・・・・・・・・・・・・

自転車に乗ったら少しぐらい涼しくなると思って早稲田通りを・・・・でも、全然。お昼過ぎから『謡説浮世根問』稽古インの予定だったが、想ちゃんが少し遅れて3時過ぎとなる。公演までのスケジュールを一応決めて(これもレパートリーの問題で多少変更あり)ラフな感じで一応「荒立ち」。

兎に角ラストまでおよそ50分。勿論、歌を省いてだが・・・・・・。

小林七緒の感想、とにかくミッチリやりましょう。

明日から3パートにして、とりあえず前半の「当たり」をやろうということに。これでとりあえず、4日で台詞覚えりゃいい・・・と勝手に決める。

サウナになってしまった東京の夜。スーパーで買い物していたら苛立ちながら店員に大声で怒鳴っているスーツのおじさんが・・・・こんなに暑いと・・・ヒトは・・・。

※※
久し振りに小阪修平の「思想としての全共闘時代」を読み返す。井上ひさしさんの遺作小説「一週間」も野田秀樹の新作「キャラクター」も読まなきゃいけないんだが・・・・時間が・・・。

あ、漱石WORKSHOPは参加者定員どおり15人、こちらも23日から始まります。次のWORKSHOPはは11月か12月です。もうしばらくお待ちください。

いつもどおりの《早稲田の日々》が始まった。これが私にはイチバン!!
それにしても凄い猛暑である。部屋の中でも33度である、これじゃうだるってもんだ。

昨夜はそれでも、夏恒例の椿組の花園野外劇を見に行った。井上ひさし作『天保十二年のシェイクスピア』(西沢栄治:演出)。役者総勢50人による3時間余りの大作。勿論ノーカットでやれば4時間半近くになる。一幕はいい感じで飛ばしていた。西沢くんの演出は、久し振りに「野外」でしかやれない事をきちんとやっていた。志良し。椿組はこの感じの脚本(ホン)を使って、探して、やるのがいいかも・・・・・。

終演後、龍昇、宮島君らと飲む。そのあと、龍、要さん北京喋々の大塩くんらと飲む。龍から面白い申し出あり、これはイイ。そのうちね。

※※
それにしても今日も暑い!なんてこった!!

そして、本日より『謡説浮世根問』(うたでとく、うきよのねどい)の稽古開始である。今日から6日間Space早稲田で本読み、荒立ち稽古。なんとか、台詞入れる!これだけ、これだけである。

来年3月Space早稲田での初演に向けてナガーイ「8ヶ月の稽古の旅」である。さてじっくり楽しみますか。想サンよろしく。

でもって、鹿目由紀の新作ミュージカル『愛と嘘っぱち』の初稿も出来上がってきた。こっちもキチンと読まなきゃ。前代未聞の「大逆事件ミュージカル」にご期待ください。