流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

稽古場へ行く前に電話アリ。いろいろやらなければいけないし、いろんな人に大至急会わなきゃいけないんだが、なにしろコチトラ追込み稽古で如何ともしがたい。申し訳ないが各位に電話してお願いするしかない。

粛粛と『愛と嘘っぱち』の追い込み稽古が進んでいる。歌稽古、後半の小返し。
6時半から3回目の通し稽古。どんどん明快になっている。もっと緩急とダイナミズムを。やることはまだある。

8時からバンドとの稽古。みっちり2時間半。さすがに10時間ちかく地下の稽古場にいると疲労困憊。

帰宅するととっくに11時を回っている。風呂に入ってビール飲んでいると近くの神田川沿いが騒々しい。例年の事だが学生が酔っ払って神田川の下におりてどうやら怪我をしたらしい。救急車、パトカーと騒然。駅前でも学生たちが酔っ払って喧嘩していたが今日は早稲田で何かあったのか?とにかく馬鹿がうるさい、ったらありゃしねえ。原稿3本残っているんだが、全然関係ないホン読んでハイボール3杯、寝る。

・・・・・・・・・

小雨。

朝からパソコンに向かい原稿書き、遅々として進まず。劇団協議会の委員会にも出席できず。
お昼過ぎから稽古場。

歌稽古、後半の小返し。20時から4回目の通し稽古。小屋入りまであと1週間。秒読み開始である。
Musical『愛と嘘っぱち』面白いですよ!!今年最大の問題作になる事はうけあいます。あっという間の1時間40分のジェットコースターのようなオリジナルMusicalです!!座・高円寺でお待ちしています。

前売り・予約はお早めに!!03−5272−1785 http://www.ryuzanji.comまで!!

お昼過ぎからバンドとの合わせ2回目、ミッチリ。
2時過ぎから浅井さんも来てくれて『愛と嘘っぱち』2回目の通し、ギャラリーもにぎわってきた。本番近しの感。臨月の麻理のお腹と、同じ臨月のお腹の「ある女」役をやっている小林七緒がいる。わが劇団にはいつも言っているが少子化はない。おめでた話はしょっちゅう。

通し!!ほぼ出来上がりつつあるゾ、大丈夫。1時間37分。大逆事件を扱った「現在のドラマ」であり、きっちりエンターテインメントに出来あがっている。浅井さんから歌のダメだし、よりクリアに。明快なダメだし。音響の島さん、齋藤君、照明の横原くん、衣裳の大野さん、振付のだいこさん、そして青木砂織とスタッフ席はいっぱい。それぞれがこの芝居を支え、より面白くしてくれる才能の群れである。

1時間の休憩後、小返し。動きの再チェック。あっという間に9時すぎ。稽古を取る。外に出ると寒い。シャツ姿だと寒いので近くのライフというスーパーで合成皮革のパーカーを買う。2割引で3000円、安い!半年前まで馬場にあったUSバンバンみたいなところ。安くて俺ごのみの衣料品がいっぱいある。海外でもよくこんな店に入っているなあ、と気付く。華やかな店でなく裏通りにある用品や安いスーパー。上海でもカイロでもモスクワでも裏町をいつも歩いていたっけ。ようするにビンボー人がビンボー人のマチをいつものように歩いているのである。そういえば、子供の頃からずーとそうである。ブランド品とかの店ってほとんど入った事はないし、入りたいとも思わない。ホテルのコーヒーショップとかも。

・・・・・・・・
薄ら寒い曇り空のトーキョーである。
今日:19日は18時ら、明日20日はバンドの都合で20時から「通し」!!
実寸での貴重な通し稽古である。ミッチリキッチリやりませう。

・・・・・・・・・

演劇業界はまたぞろ、みょうな風が吹き出しててんてこ舞いらしい。とにかく、きっちり目の前の観客に真摯に面白いもの、を明快に見せる事。これだけである。オレタチに出来る事を集団でしか出来ない事をやり続けるしかない。

・・・・・・・
日刊ゲンダイの山田勝仁さんの新刊『寺山修司に愛された女優〜演劇実験室◎天井桟敷の名華:新高けい子伝』を読む。名著である。新高さんと寺山さんの劇的人生の軌跡が明瞭な文体でつづられている。是非多くの皆さんに読んでもらいたいものである。まさに「昭和」という時代の象徴でもアルおんなの半生記。山田さんらしい「しつこさ」でまとめてある。

初通しを終えて、経堂の稽古場に移動。
実寸、広い!本多劇場より広い?袖がない分、確かに広い。座・高円寺2、300人の劇場。長久手もほぼ同じで300以上の客席。この空間でいかに・・・。

出演者全員で稽古場を作り、3時から稽古開始。
追い込みである。後半を中心に作っていく。

劇団定例総会、来年に予定しているレパートリーシアター・海外公演・寺神社廻り・Space早稲田フェスティバルについて2時間以上の討論。いや、いろんなことがある。毎月、こうやって「総会」で決めていく。民主主義?って疲れるが・・これしかない・・・劇団なんだから・・・・うん。

・・・・・・・・

今日はスタッフのための2回目の「通し」。音楽の浅井さんもやってくる。あと10日の稽古で劇場入り。いつもの事だが、ほんとにあっという間に本番がやってくる。
今日から経堂での最終チェック稽古。
カネも無いというのにこれだけはいたしかたない。バンドも一緒に座・高円寺の実寸が取れるアトリエ・リフレで5日間だけの最終チェック稽古。

照明のYくん、衣裳のOさんと稽古場に。本番近しの感アリ。
昨日初通しをやったので今日からまたトップからきっちり小返し。どんどん、進化・深化して行く。全員でカラダの全てを使って《テキスト》を《読み直して》行く行為。誤読も含めて・・・・・。

だいこさんの指摘がいつもはっとさせてくれてうれしい。本当に芝居が好きなヒトである。だいこさんお振付は役者の心理、役者の生理を動き?にする・・・役者というイキモノについて再発見できる稽古場。

私は妄想の旅路を楽しんでいる。それにしても前半30分の凄まじいジェットコースター度は!!
お客をホッポリだしかねないそのギリギリのところの手綱ぐあい。

7時前に稽古を取り稽古場撤収。搬出。また、来週は早稲田に戻って・・・いや、大変。

・・・・・・・・・
早めに帰宅。DVD「ミクロの決死圏」「THIS IS ENGRAND]を見る。ミクロはおおらかな昔のSF、イングランドは80年代サッチャー時代のイギリス、フォークランド紛争(戦争)下の少年・青年たちの青春映画。オモシロイ。どうしようもない馬鹿なガキたちが全員いい。これだな、カクメイ、革命、いのちを革(あらた)めることを・・・・思う。

世間は・・・70日ぶりのチリ鉱山落盤事故からの帰還、中国の反日デモ・・・・・。8月初期食道がんの手術を受けた桑田佳祐が音楽活動再開の報に祝杯。

・・・・・・・・
さて、今日もハードデイ。午前中から2時まで楽塾。その後、劇団員総出でセットも組まれている経堂の稽古場で稽古、でもって、今夜8時から月例劇団総会、いや盛りだくさんの日曜日である。
1時からバンド4人も入って音あわせ。さすがにキーボード、ドラムス、ギター、ベースと揃うとすごい事に、稽古場がライブハウス状態に。4時半過ぎまでミッチリ、ほぼノンストップであわせ。

少し動きを当たって、6時から初通し。音響の齋藤さんも今日からけいこ場入り。それにしても熱で押し切る、物凄いスピードで1時間45分疾走するMusicalである。いや、キチンとドラマが立ち上がっている。これで行く!基本は出来た!あとは、経堂の稽古場で実寸がとれるので、小返し中心で微細に作っていこう。それにしても、本番2週間前に「通し」は早い?これで少し余裕を持って稽古が出来る。

それでも、やることがいっぱいある、まあ、それが芝居なんだが。小道具だ、衣裳だ、セットだ、である。

・・・・・・・
久し振りに早めに帰宅、といっても10時過ぎ。最近は、缶ビール1本、ハイボール3杯と決めている。DVDでピナ・バウシュ・・・・。

・・・・・・・

あっというまの1週間。快晴。
今日はミッチリ小返し。

さて、今日(10日(月))から昼・夜稽古開始である。

2ヶ月稽古する「新作」なんだが何時の間にかあっという間に昼夜稽古だよ。
今日と明日は振付のために昼はみっちり。石丸だいこさんに基本的には2時間充分やってもらって3時過ぎから一緒にやることにする。

・・・・・・・・・
昨日、DVD返しにいって、また借りてくる。基本、見たかったもの、。もう一度見たいものばっかり『300!』『ミクロの決死圏』『ロッキーホラーショー』『THIS IS ENGLAND』『サイタマノラッパー』の5本。

それにしても『300!』って馬鹿映画の見本。なによ、これ。
・・・・・・・・・

体育の日。快晴。本当に秋!!
原稿書き、昨日えーい、と1本書き終えメール。今朝から悪戦苦闘して2時過ぎになんとか1本。
あと、3本。でもって企画書7本。おいおい、俺、ほんと書けるかいな?

・・・・・・・・

さ、稽古に行こう。あれ?15日しか稽古出来ないじゃん、それもジプシー稽古まで入ってかよ。尻に火が付くか・・・・気楽に楽しく・・・だ!!
演出者協会理事会。
来年度の助成金システムの変更(現段階での)ちょっとした問題発生?の予感アリ。が、わたしたちはきっちりとやれることを最大限やること!しかない。
中津川での展開も「劇的」に進みそう・・・・が、そのときなにをやるか?だ。私にできる事はちょっと「先」にしてもらうしかねえな。だって、眼前のレパートリーシアター企画がもうすぐ始まる。

来年度のレパートリーシアター『謡説浮世根問』の「全国ツアーの公演先」を粛粛と決めて行く。100人以下のフリー・スペース。ライブハウスや小劇場、スタジオ、劇場ロビーといった全国7都市を5月〜6月にかけて1ヶ月ほどふらりと10人以下のクルーでツアーする予定。もう一本の『花札伝綺2011』は7〜8月海外公演を含む全国の寺・神社5箇所ぐらいで上演!の方向でいま、全国の寺・神社を探している。電話しながらとにかく、街の人々に如何に「オモシロイ芝居」をふらっと持っていくか?の模索を続けている。

お願いします!!100人以下の「自由な空間」を教えてください。どこにでも「劇場」に「なり」ます。何処にでも行きますよ!!

・・・・・・
DVD『人生に乾杯』『エロス+虐殺』『華の乱』『悪い男』の4本を次々と見る。
『華の乱』の優作、小百合さんの美しさ、松坂慶子の熱に今回の『愛と嘘っぱち』の明治と大正を思い浮かべる。
・・・・・・
なんとか、『愛と嘘っぱち』ラストシーン前まで稽古を進める。
来週から昼夜稽古が始まる。毎日、振付・音楽稽古もみっちりやれる。小返しを中心になんとか水曜日には「通し」たい。

・・・・・・・・
1週間ぶりの楽塾。自主稽古を中心に勉強会『楽屋』も進んでいる。1時〜5時すぎまでみっちり稽古を見る。なんとなく、これからの方向性が見えた。これは、面白くなる!!歌って踊ってはほとんどありません。見事に台詞劇です。稽古後、反省?呑み会。柏倉太郎が来る。その場で、来年の楽塾公演出演決定!!来年もとにかく「面白いもの」をやろうと言っていたが、夢の企画がついに実現しました!!

これはビッグニュースです!赤塚漫画を芝居にします!!楽塾2011年ゴールデンウイーク公演は赤塚不二夫:原作 佃典彦:新作書き下ろし 流山児祥:演出『宇宙下町大戦争の巻〜もーれつア太郎〜』です。楽塾版『もーれつア太郎』にご期待ください。ニャロメ!肝付兼太さんも流山児祥・柏倉太郎も出ます!!
池袋健康センターで肺がん検診。結果は・・・。早稲田まで歩こうと思ったが都電で稽古場へ。
夕方からスタッフ会議。美術の最終決定。で、衣裳も・・・・コレで行くことを決定。

その後、ステージングを中心にトップから当たりなおし。だいこさんの振付はだいこさんの「物語」の読み方の形象化。コレがオモシロイ。One、two、threeじゃない。じぶんなりに「物語」をつくっている役者には?

3分の1まで振付の方向性を決定。

ずっと、大逆事件の資料ばかり読んでいたが今日はリフレッシュで久し振りにDVD『アリス イン ワンダーランド』ジョニー・デップ主演を見る。

・・・・・・・・

朝7時起床、7時50分発のぞみ、名古屋9時半。2回目の『愛と嘘っぱち』名古屋情宣。
あおきりみかんの優秀なる制作:松井君と1日中名古屋。
代々木アニメーション学院で情宣。でもって名古屋のケーブルテレビ。
朝日新聞久し振りのKさん、同世代のベテランもうながーい付き合い、ひさしぶりにゆっくり話す。

中日新聞Mさん、ロングインタビュー。Mさんから23歳の頃書いた原稿を見せてもらう。『宣言〜戦務派100人の思想と行動』田原総一朗:篇。いやあ、全然覚えていない。それにしても、貴重な本を持っているものだ。コピーをもらう。

ぴあ、Kさん、これまた長い付き合い。毎度の事だが、名古屋の演劇メディアの人たちはほんとにいい人たちである。感謝。

名古屋駅ビルで名古屋演劇アーカイブのHさんのロング・インタビュー。

それにしても1日中喋り捲っていた。さすがに、疲れ果てた。

・・・・・・・・・・・・・・

稽古場に辿り着く。



とにかく粗通しやった、やった!感じ。
まだ空間をどう使うかも決めていないがとにかく最後まで粗く当たった。1週間でなんとか戯曲の骨格と関係性を全員で《読む》kotoは出来たと思う。来週から振付・ステージングと一緒に作るというか細かく稽古を進めようと思っている。

それにしても連日大逆事件に関する資料が稽古場に次々と。よめばよむほどこの国家の構造はつくづく変わっていないことに今更ながらに気付く。FD改ざん・証拠捏造疑惑事件は大阪特捜部のトップ逮捕の次に特捜部解体まで進むか。でっちあげ捜査、証拠隠滅、国策捜査、鈴木宗男事件・小沢捜査の改ざん説も。検察とジャーナリズムの劣化によって事件は起こるべくしておこったというのが真実であろう。特捜部は関東軍だと揶揄されるごとく、嘗て、関東大震災のさなか大杉栄・伊藤野枝を虐殺した甘粕大尉の末裔たちがいまも存在しているのである。事件をでっち上げメディアと一緒になって抹殺する検察。鈴木宗男・ライブドアのホリエモン・ロス疑惑の三浦和義さんの事件。検察は明治維新直後、司法省として誕生。日糖事件(1909年)・大逆事件(1910年)の政界汚職と公安事件をでっちあげ摘発した事を契機に政府内で政治的影響力を増大させ、一連の捜査を指揮した検察官僚・平沼騏一郎は首相まで上り詰めた。平沼はA級戦犯として終身刑。昭和27年(1952年)病気仮釈放、直後に死去。戦犯の罪は死去により消滅し、昭和53年(1978年)靖国神社に合祀。

Musical『愛と嘘っぱち』の世界は今も厳然としてこの国に「ある」。

この国は何も変わっていない。同じ構図である。

・・・・・・

ラストの歌の前で止めたが、ほぼ1時間40分余りの作品に。
ノンストップで突っ走る作品に創り上げる。
来週から楽しみである。
あと1ヶ月で東京公演の幕が開く!
・・・・・・・
今日もいい天気、今日は久し振りの楽塾。『楽屋』をテキストに自主稽古しながらの4ヶ月。覗いてみよう。来年の楽塾公演、面白い企画が決まったし。佃くんに伝える。

そうか、久し振りに日曜日にトーキョーにいるのか!!


朝、T病院、血液検査、尿検査結果。いつもと変わらず。コレステロールは薬のせいかちょこっと良くなっているそうな、糖尿はあいかわらず境界値、運動と塩分ひかえめ。モチロン節煙、節酒をすすめられる、はい。
・・・・・・・・・
稽古場は、仮セットを昨日と「少し変えて」粗立ちの作り直し、何とか15ページ、30分近くを当たってみる。少しずつ作品の構造が見えてくる。役者は自分の居場所を探す時間である。集団のドラマとして如何に創り上げるか?を探る端緒。

まあ、あと1ヶ月稽古できるのだから・・・・それにしても、全員完璧に台詞はいっている。ただ、Musicalだから歌と台詞と動きの3つが常にダイナミックにそれも有機的に入ってくる。

今回はいいままでやったことのない面白いkotoをやろうと思っている。トップシーンから息もつかせないゴーイン?なまでのスピード感が必要。

あれよ、あれよ、で「わけくちゃわからない」世界に客を連れ去る劇的腕力だ。
最終稿が鹿目さんから、これでテキストは出来た。あとは作り手のわたしたちの力である。歌が1曲増えて、それから明治の革命家と歌を加えて全29曲?あまり。ほぼ全編?歌と踊りとアクションってカンジになりそう。その方向性と空間設計・・・・・まだまだ、先は長い。気長にじっくり試行錯誤を恐れずに《稽古場の力》を信じて稽古場に居るミュージシャンを加えて30人余りのエネルギーを見せるような作品にしようと思っている。

まあ、3分に1度くらいは前半は全員の歌が入っているしね・・・。
・・・・・・・

9時40分から小返しのところをゴーインに「通し」てみる、30分。本格稽古2日目にしてこの通し!!オモシロイ!!これはいけるゾ!楽しんでいきましょう。皆さんご期待ください。それにしてもわが劇団は新作の稽古には必ずきっちり「2ヶ月」かけている。コレはモノ作りの基本である。芝居は役者のモノの原点は1にも2にも稽古、稽古である。

・・・・・・・・
雨が上がり、快晴。