流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

粛粛と稽古は進んでいる。

3章の読み、2章の歌のチェック。歌うところも歌うメンバーーも変えながら進んでいく。これが「いまのところ」のわたしたちの「読み」というわけである。

作・演出家でないので作のイメージどおりの世界にはしないし、モチロン演出家の勝手な世界にもしないように・・・台本、舞台のテキストとしてどう読むかが常に私達の現場では問われる。スタッフも「常識」を超えた「ものがたり」をつくる一員である事が問われる。世界の何処にもないわたしたちの「劇」へと向かう基礎・・・これが・・・・。

様々な大逆事件に関する本が稽古場に集まっている。役者達は自分だけでなくこの事件を追う記者のようになっている。いいことである。

そんなこんなの「本読み」が今日まで。

今日は4章を読み、歌のチェック。

さて、来週から粗立ちである。美術プランも決まった。もちろん、早稲田では実寸はとれない、がこんな狭い世界でうごめいているヒトビトはイメージできる。

いこうぜ!

私は明日、柏の中華飯店で高校の同窓会。来年に予定している柏公演の打ち合わせもかねて久し振りに故郷の町を歩いてみようと思っている。
『愛と嘘っぱち』順調に稽古が進んであいる。それにしても暑い!

今日は2章の「本読み」、浅井さんの歌のチェックも同時進行。

稽古で歌も少しずつ変わってゆく。これが面白い事である。ナマモノのニンゲンが作るもの。日々変わってゆく事だろう。それもあせらずじっくり。2ヶ月稽古して創り上げる新作、それがオレタチの大逆事件ミュージカル『愛と嘘っぱち』

・・・・・・

そんな稽古場で昨日みんなで喋ったのは、連日報道されている「郵便不正押収資料改ざん容疑事件」であった。

前代未聞の検察不祥事と呼ばれている《大事件》がいま世間をにぎわしている。まるで100年前起きた「大逆事件」同様の特捜検察によるフレームアップ(でっちあげ)事件の発覚である。巨大悪に挑む?という特捜検察の「事件を作る」構造(体質)をあらわした事件。

厚生労働省の郵便料金不正事件で大阪地検特捜部のM主任検事が押収していたフロッピー・ディスクのデータを書き換えていた問題は、発覚した日にM検事を証拠隠滅容疑で逮捕。裁判官裁判が始まって「検察の証拠改竄」は由々しき問題、これを期に捜査の可視化へと踏み出すか?

にしても、捜査する側(検察)が客観的証拠を捏造し犯罪をでっち上げる、大逆事件や戦前の思想的事件、横浜事件などを想起させる「権力犯罪」の恐怖。特捜検察が戦前の治安検察・警察とだぶる。取り調べ可視化と反対の密室での関係者供述をもとに「《事件》を組み立てる」特捜検察の捜査のやり方が実はコレ!だった。最高検はM検事や大阪地検特捜部の個別問題として片付けてはならない。特捜検察を解体!し、検察全体を見直せ!でなければ、裁判制度そのものが揺らぐ。


ある小説家が語っている。警察の証拠の捏造劇は書いてきたが、まさか検事のでっち上げ もあるなら捜査をチェックする「役」は誰にすりゃいいの?って。そりゃそうだ、が、大逆事件の資料を読むにつれて100年前の「大逆事件」はもっとヒドイ!それこそ、無茶苦茶な国家=検察による「でっち上げによる虐殺事件」である。

それも国民の多くがこの大逆事件を知らされてなかったのである。大逆罪で死刑判決後たった1週間で12人が「死刑」=「虐殺」された!この事実がいかにこの事件が異常な国家犯罪であったかを物語っている。キング・オブ・ミセシメ!!


・・・・・・・・・


今年の中津川CAMPもヘビーだったが楽しい4日間であった。
17日早朝のあずさ1号に乗って塩尻乗換えで中津川まで。駅前に大きな垂れ幕「歓迎!2010演劇CAMP In 中津川」が・・・・ひえー、である。

お昼過ぎから俳優・演出家コースの始まり、8人の男女、新潟、名古屋、京都といった全国からの参加。3本の戯曲を1本の作品にして作る大変な作業。鹿目由紀、小林七緒、流山児の3人の講師と演出志望のHくんの4人で遊ぶ事に・・・・小林七緒が超スピードで3本の戯曲を1つにまとめ、キャスティングまで。3本を作り上げるには役者が足りないのでこのコース担当のYくん、でもって歌舞伎チームの6人を加えて15人のメンバーに。

アレコレあるもなんとか常盤座での「さよならシアター」の本番までにはメチャ面白いシロモノに。

キッズで作る野外劇「人魚姫」のカーテンコールのあと、急遽、常盤神社の壮大なロケーションのなかプレゼンテーションもやって、フィンランドのワークショップのあと新作『大川サミット IN 三途の川〜桃次郎伝説〜』を超好評、客席大盛り上がりのなか30分以上のドラマとして上演。去年参加してくれたが今年は地元の仕事で参加できなかった10人余のメンバーは一応に「来年は絶対に参加します」とのこと。それにしても、竹内菊:演出『耳なし芳市』の舞台は素晴らしかった。この1作を見るだけでもこのキャンプに来てよかったと思うほどの傑作。

去年は『ハイライフ』の公演で打ち上げに参加できなかったが今年はキャンプ場で開かれた実行委員会のお疲れ様パーティーに参加できた。地元で本当にお世話になった多くのみなさんに感謝。

来年以降も面白い展開が・・・・・。

夢であった中津川をアジア演劇センターにという事が・・・・。

とにかく、ヒトとヒトが作る事である。

今年は、韓国、フィンランド、オーストラリアからの参加があったが、来年はもっと国際CAMPにする予定。日本中の演劇人が集まり、語り、交流し、演劇で遊ぶ場所に中津川が・・・・。

・・・・・・・・
21日お昼過ぎに帰京。それにしても暑い!!東京に戻ったら猛暑じゃん。

ミュージカル『愛と嘘っぱち』本格稽古、開始。
歌稽古のあとの「本読み」じっくり。
4章に分けて、じっくり「読んで」いくことに。4時間ミッチリ。

稽古を終えて美術打ち合わせ。とりあえず、これでいこう、と決める。衣裳の方向性も。11時過ぎ自転車で帰宅。さすがに疲労困憊。

とにかく、イカレタ明治のアウトローたちの熱い青春と革命ってヤツを青臭くやろうと思っている。これだぜ!!
明日から恒例の中津川CAMP。
というわけで(何が?)燐光群の新作『現代能楽集チェーホフ』を観に東池袋あうるすぽっとへ、そうか、1週間まえには俺たち『櫻の園』をやっていたっけ・・という感じ。4つの戯曲ぜーんぶやっている、2時間半近くノンストップ。島次郎さんと元さんのkotoを。

・・・・・・・・
都電で早稲田へ。
本読み3日目。
『愛と嘘っぱち』キャスティングまでなんとか辿り着く。
今回は劇団員を中心に客演も若いメンバーのみ、久し振りに無茶ができそうな顔ぶれ。25人の人生を、集団のドラマを!!

稽古終了後、劇団舞台部ミーティング。横で聞いていたら、10時半、龍昇とのミーティングを忘れていた。急いで馬場へ。こっちも来年4〜6月に予定している劇団企画のSpace早稲田演劇祭について。

面白いkotoになりそう。まあ、やりたいことをやるだけ!今日も宣伝写真撮影、歌稽古とみっちり。ミュージカル『愛と嘘っぱち』本格稽古は22日から、楽しもうぜ!

で『愛と嘘っぱち』特設ブログが出来ました。こちらもよろしく!

http://ameblo.jp/ai-to-usoppachi/